公務員試験の受験を決めたら、まずやるべきことまとめ

公務員試験の受験を決めたら、すぐに参考書を買いそろえるのではなく、勉強がスムーズにはかどるための準備からはじめましょう。

具体的には、以下の手順にそって進めていきます。

  1. 第一志望の受験先を決める(受験資格を必ず確認※)
  2. 日程が被らない併願先を決める
  3. 学習すべき科目を確認(各試験の試験要項で必ず確認※)
  4. 勉強可能な時間のスケジューリング
  5. 学習ツールの選定

※必ず受験する試験実施団体(人事院、地方自治体など)のHPで確認すること。

この5つを最初に実行することで、学習が驚くほどはかどるでしょう。それぞれのポイントをご説明します。


| 第一志望の受験先を決める

公務員を目指すうえで、どのような未来像を描いていますか? 自分が公務員として働くイメージを具体化することで職種や仕事内容、地元の自治体か国の機関かも見えてくるでしょう。

地方公務員だと地元の県庁・市役所をはじめ、さまざまな地方公共団体の職員として働く選択肢があります。国家公務員を目指すにしても、霞が関の官公庁から地方の部局、出先機関とさまざまです。

また、「大卒程度」「高卒程度」など、試験の難易度で選ぶ基準もあります。なかには、明確に学歴要件を定めるところもあります。年齢上限や応募条件や募集内容もチェックしながら自分にもっとも合う第一志望の受験先を決めましょう。


| 日程が重ならない併願先を決める

多くの人は、複数の試験を併願して公務員試験に挑みます。短期間で複数の公務員試験を受験する際は、日程が重ならないようスケジュール確認が重要です。

毎年多くの地方自治体が公務員試験を実施しており、なかには同日に実施される試験も少なくありません。また、1次試験が違う日程でも、2次試験のスケジュールが同じこともあり得ます。あまり詰め込み過ぎるとスケジュール管理も難しくなり、重複するリスクも高くなるため、事前の日程確認はとても重要です

ポイントは、まず優先順位を付けること。1次試験だけでなく2次試験、3次試験の日程もリサーチし、基本情報を押さえたうえで、自分の志望度と照らし合わせながら、優先順位を決めて日程を組んでいきましょう。


| 学習すべき科目を確認する

とにかく学習科目数が多い公務員試験は、試験科目もバラバラです。一般的に、どの地方自治体も大まかな出題範囲や試験科目の方向性は同じですが、それぞれ微妙な違いがみられます。

例えば第一志望である市役所試験にはない科目が併願する国家公務員試験にあったり、その逆もあったりとさまざまなケースが考えられます。学習すべき科目が分からなければ、試験対策も立てようがありません。勉強をはじめた後であわてて科目を追加することがないよう、受験先の科目と範囲を徹底チェックしてください。

もちろん、すべての科目に同じ学習量を注ぎ込む必要はありません。まず優先すべきは第一志望の試験科目です。限られた時間を有効に使うためにも、効率よく学習計画を進めていきましょう。


| 勉強可能な時間のスケジューリング

大学生であれば、学業やアルバイト、サークル活動との両立で受験勉強をはじめることになります。社会人であれば、仕事との両立のなかで時間をつくることになるでしょう。いずれにしても、1日に使える時間は限られてきます。公務員試験の勉強時間に使えるリソースを確認するためにも、タイムテーブルを作って空白の時間を可視化しましょう。1日のおおまかな学習可能時間が分かれば、本番までどれくらいの時間を確保できるかの目安もつきます。

学習時間の見通しを立てることで、準備すべき学習ツールもみえてきます。スケジュールをタイトにするほど、効率性の高い方法が望まれるでしょう。反対にこの情報がわからなければ、適切な学習ツールも判断しようがありません。学習ツール選択に迷わないように、確保できる時間は必ず確認してください。


| 学習ツールの選定

合格のための学習ツールは、勉強可能な時間とすり合わせて現実的なものを選択するのがベストです。自身で参考書や過去問題集を取り寄せる独学スタイル、テキスト・問題集が一式そろったうえ講師の講義も聴ける通信講座・オンライン講座、公務員塾に通う通学スタイルなどがあります。時間のない方にとっては、スマホで講義視聴や復習・用語学習ができるオンライン講座が有効でしょう。スキマ時間の有効活用が、最短合格を呼び寄せてくれます。

独学でチャレンジする方も多いのですが、性格的に向いていないという方も少なくありません。独学ではじめてみたけど思うようにはかどらない・・・そんなときは早めに別のツールに切り替えるなど柔軟な対応も忘れないでください。


上記に挙げた5つの項目は、学習計画を支える基礎となります。あとの学習スケジュールや優先科目などはツールに沿って決まるため、最初は基礎固めから入ってください。入念な準備作業が、合格の可能性を引き上げてくれるのです。

公務員講座を今すぐ無料でお試しいただけます

「公務員試験 合格必勝メソッド」と「公務員試験 受験スタートアップ完全ガイド」を無料でプレゼント中!

公務員試験 合格戦略セミナー「公務員への道」「教養試験突破作戦」配信中!
公務員講座 無料特典
無料特典

合格診断テスト
公務員試験の教養試験の「一般知能」を体験し実力チェック!
講座紹介資料
「公務員試験 合格必勝メソッド」プレゼント中!
公務員試験 合格戦略セミナー
「公務員への道」「教養試験突破作戦」配信中!
ダウンロード冊子
「公務員試験 受験スタートアップ完全ガイド」プレゼント中!

公務員講座 基本講座無料お試し
基本講座無料お試し

数的処理・文章理解・論文対策のガイダンスと初回講座を無料でお試しできます。
動画/音声講座、WEBテキスト、スマート問題集、トレーニング問題集

無料講座と無料セミナーを試してみる