目指す公務員の難易度・合格率は? 職種別にみる、試験難易度

一口に公務員といっても、職種によってレベル感は全く異なります。ここでは、あくまでも一般論ですが、各職種ごとの難易度と主な地方自治体の合格率実績を見ていきたいと思います。(ここではあくまでも採用試験の難易度という観点で記載しています。採用試験の難易度は競争倍率なども関係するため、職種自体をレベル分けしているわけではありません。)


難易度S:
国家公務員(総合職)・外務省専門職・裁判所事務官・国会職員など

試験問題のレベル・競争率ともに高く、面接試験でも適性や人柄など厳しくチェックされます。

国家総合職は、財務省・総務省・経産省などのいわゆるキャリア組です。東大法学部卒のエリートたちが挑戦する随一の難関試験であり、東大首席レベルの優等生でも、試験合格は簡単ではないといわれます。

外務省専門職は、抜群の語学力も求められます。そのため、本省で働く職員は長期留学組や帰国子女組といった、英語堪能な人材がほとんどです。専門性が高いだけに試験レベルも高度で、採用枠も限られるため競争も激しいのが特徴です。


難易度A:
東京都庁I類・都市圏県庁(上級)・政令指定都市職員(上級)・東京23区職員・労働基準監督官・航空管制官など

専門性が高いだけに試験レベルも高度で、採用枠も限られるため競争も激しいのが難易度Aの特徴です。

特に東京都や大阪府、神奈川県や北海道、福岡県などといった日本有数の大都市圏政令指定都市(上級)などは大卒者の中でも特に成績優秀者が目指す試験として知られます。また、東京23区職員試験も同様、人気があり難関として知られます。


難易度B:
国家(一般職)・地方上級・国税専門官・法務教官など

国家公務員一般職や国税専門官、地方の県庁など上級公務員試験が難易度Bレベルです。

公務員志向の強い地方では、地元大学生を中心に多くの受験者の間で人気が高い傾向にあります。また、国税専門官は、国家公務員一般職や財務専門官よりも給料が高く、定年後も税理士として開業できるチャンスもあるため、人気があります


難易度C:
国立大学法人等職員・一部の市町村(大卒)国家一般職(高卒)・消防官・警察官など

難易度Cレベルになると、試験問題も教養科目のみのため、短期間や独学での勉強で合格できるケースも珍しくありません。また、近年SPI3で受験できる市役所試験が増えており、民間企業と併願受験をするケースも多い傾向があります。

ただし、国立大学法人等職員についてはボーダー点が高得点であることや、自治体によっては地元の受験者が多く競争率が10倍以上にも上るところもあるため、人気職種に挑戦する際はしっかり準備して臨む必要があります。


難易度D:
自衛官・刑務官など

自衛官の人手不足状況で、防衛省は採用枠を増やして募集しています。そのような事情もあり、比較的合格しやすい試験といえるでしょう。とはいえ、適性もあるため難易度だけで選ばず本当に自衛官になりたいか、職務をまっとうできるかという視点から慎重に判断してください。

自衛官同様、人材が不足気味の刑務官も、難易度だけで選ばず職務内容や適性など考慮したうえで決めましょう。

★スタディングでは無料登録いただいたユーザに『公務員試験受験スタートアップ完全ガイド』をプレゼント。公務員の分類から公務員試験の流れや、公務員を目指すなら避けては通れない教養試験の突破法を伝授いたします。
会員登録はメールアドレスだけで1分で可能です。更に、無料会員には学習のポイントや役立ち情報が届くメールマガジンを定期的にお送りいたしております。


| 地方公務員試験の倍率

人気の高い公務員試験ほど、合格も難しくなります。以下は、主な地方公務員の倍率です。都道府県庁や市区町村役場の職員を目指す方は、参考にしてください。※倍率は(最終合格者数/受験者数)となります。

試験名

H30年度倍率

H29年度倍率

東京都 Ⅰ類採用試験

6.2

5.9

東京都 Ⅰ類B採用(一般方式)

5.2

5.5

東京都 Ⅰ類B採用(新方式)

6.9

7.5

神奈川県 1種試験(行政)

6.0

4.9

埼玉県 上級試験(一般行政)

6.0

5.7

千葉県 上級試験(一般行政計)

6.7

5.3

横浜市 大学卒程度等採用試験(事務)

5.3

6.6

大阪市 事務行政[大学卒程度]

8.1

11.3

名古屋市 第1類(行政一般)

8.1

12.1

※1:各自治体発表資料を元にKIYOラーニングが作成
※2:小数点第2位四捨五入

倍率が高くなる理由は、人気の高いことと、試験内容により受験者が増えるまたは採用枠がかなり限定されていることなどが考えられます。なお、上記は平成30年度と29年度の倍率結果であり、毎年変動の幅があり、常に一定の倍率とは限らない点を念頭においてください。


| どこで働きたいかを優先しよう

一部の試験を除き、公務員試験は年齢条件さえクリアすればどの試験もチャレンジできます。難易度や競争率の高さを判断基準にするのも大切ですが、やはり一番大切なのは、「どの職種について、どんな仕事をしたいか」にあるでしょう。どの公務員試験にも人物評価試験があり、面接での内容も大きく問われます。その自治体で働きたいという気持ちがなければアピールも弱くなってしまうため、何より希望の官公庁・自治体・職種を優先して選択することが大切です。

※難易度はあくまでも目安です。


| 国家公務員試験の合格率

平成30年度国家公務員一般職試験の申込者数と最終合格者数、合格率をみてみましょう。


<行政職>

試験区分(行政)

申込者数

最終合格者数

合格率

北海道

1,201人

363人

30.2%

東北

1,786人

453人

25.3%

関東甲信越

11,616人

1,696人

14.6%

東海北陸

2,945人

814人

27.6%

近畿

3,953人

749人

18.9%

中国

1,585人

466人

29.4%

四国

1,107人

269人

24.2%

九州

3,028人

655人

21.6%

沖縄

859人

186人

21.6%

合計

28,080人

5,651人

20.1%


応募者が多い関東甲信越や近畿の試験は合格率が低い傾向です。
もっとも高い北海道で約30%という結果です。
全国平均でみれば、国家公務員一般職のうち、事務職を対象とする試験の合格率は全体で20%程度です。


<技術職>

試験区分

申込者数

最終合格者数

合格率

電気・電子・情報

590人

240人

40.6%

機械

349人

153人

43.8%

土木

1,659人

750人

45.2%

建築

282人

116人

41.1%

物理

399人

191人

47.8%

化学

629人

130人

20.6%

農学

888人

244人

27.4%

農業農村工学

236人

119人

50.4%

林学

470人

188人

40.0%

合計

5,502人

2,131人

38.7%

※出典:人事院

受験者数に対し最終合格者数が多い農業農村工学や土木、機械の試験は合格率が高い傾向です。
全国平均でみれば、国家公務員一般職のうち、技術職を対象とする試験の合格率は全体で約40%程度です。


以下は、一般職試験の合格点です。

<行政職試験の合格点>

区分

北海道

東北

関東甲信越

東海北陸

近畿

中国

四国

九州

沖縄

1次試験合格点

314

333

389

359

386

354

348

348

327

最終合格点

512

497

567

528

561

459

520

524

469


<技術職試験の合格点>

区分

電気電子

機械

土木

建築

物理

化学

農学

農業農村工学

林学

1次試験合格点

185

194

209

158

233

335

331

171

277

最終合格者数

348

296

326

348

401

487

508

376

456


最終合格点とは、1次試験(筆記)と2次試験(人物評価)を合計した得点です。
技術職試験と比べ、行政職は筆記試験の合格水準が高い傾向にあります。
行政職の合格率と、筆記試験の合格ラインは相関関係にあるといえるでしょう。


| 地方公務員試験の合格率

平成28年度地方公務員試験の受験者数、合格者数を難易度別にみてみましょう。
※()内は合格率です。

  • 受験者数:520,400人・合格者数:79,945人(15.3%)
  • 大卒程度試験の受験者数:308,431人・合格者数:45,820人(14.8%)
  • 短大卒程度試験の受験者数:56,727人・合格者数:12,498人(22.0%)
  • 高卒程度試験の受験者数:141,196人・合格者数19,676人(13.9%)

<競争率>

  • 大卒程度試験・・・6.7倍
  • 短大卒程度試験・・・4.5倍
  • 高卒程度試験・・・7.2倍

| 地方公務員試験試験は、国家公務員試験より合格しにくい?

イメージ的には、国家公務員試験のほうが地方公務員試験より難易度高めのように思えますが、
上記の倍率や合格率をみれば分かるとおり、実際は逆の現象が起きています。
これは、地方公務員受験者の多くは地元で働きたい、貢献したいと考える受験者が多く、
採用人数との関係で狭き門である点が大きいでしょう。

また、地方公務員試験では、各自治体のホームページで過去の試験実施状況が公開されており、
過去の実施状況から今年度実施の採用人数などの予測を立てることができます。
また、過去出題された国家公務員試験の問題をそのままもしくは多少アレンジを加え出題されるケースもあり、
国家公務員試験の過去問を解くことも地方公務員試験の対策につながります。

地方公務員試験に挑む際は、過去問題集や模擬試験などをうまく活用し、状況を把握することが重要です。


(出典:リンク)

※1東京都試験選考実施状況(http://www.saiyou2.metro.tokyo.jp/pc/selection/pdf/section30.pdf

  埼玉県職員採用試験(https://www.pref.saitama.lg.jp/f1903/saiyou/30saiyou/2018newindex/info-index.html

  千葉県採用試験実施状況(https://www.pref.chiba.lg.jp/jinji/ninyou/jisshijoukyou/index.html

  神奈川県職員採用ホームページ・過去の試験・選考実施結果(http://www.pref.kanagawa.jp/docs/s3u/saiyou/result_past.html

  横浜市大学卒程度採用試験実施状況・結果(https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/saiyo-jinji/saiyo/saiyo-info/zyokyo/dai-kekka.html

  大阪市(職員採用)過去の実施状況(https://www.city.osaka.lg.jp/gyouseiiinkai/page/0000002761.html#30joukyou

  名古屋市過去の採用試験実施状況(http://www.city.nagoya.jp/jinji/page/0000010992.html

人事院 国家公務員試験採用NAVI:国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験)実施状況平成30年度(https://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/ippannsyoku_daisotsu/daisotsuteido_ippannsyoku/ippann_daisotu_30.pdf

人事院:平成30年度 国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験)合格点及び平均点等一覧(http://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/heikin/shikeng1_heikin.pdf

平成28年度地方公共団体の勤務条件等に関する調査結果(http://www.soumu.go.jp/main_content/000523554.pdf

公務員講座を今すぐ無料でお試しいただけます

「公務員試験 合格必勝メソッド」と「公務員試験 受験スタートアップ完全ガイド」を無料でプレゼント中!

公務員試験 合格戦略セミナー「公務員への道」「教養試験突破作戦」配信中!
公務員講座 無料特典
無料特典

合格診断テスト
公務員試験の教養試験の「一般知能」を体験し実力チェック!
講座紹介資料
「公務員試験 合格必勝メソッド」プレゼント中!
公務員試験 合格戦略セミナー
「公務員への道」「教養試験突破作戦」配信中!
ダウンロード冊子
「公務員試験 受験スタートアップ完全ガイド」プレゼント中!

公務員講座 基本講座無料お試し
基本講座無料お試し

数的処理・文章理解・論文対策のガイダンスと初回講座を無料でお試しできます。
動画/音声講座、WEBテキスト、スマート問題集、トレーニング問題集

無料講座と無料セミナーを試してみる