【地方公務員】消防官(消防士)の仕事と、なる方法

消防署は自治体の組織であり、所属している消防官(消防士)は、地方公務員に分類されます。消防士になるためには、地方公務員試験に合格しなければなりません。消防官の具体的な仕事内容や、消防官になる方法をご説明します。

| 消防官(消防士)の仕事内容

消防官の火災現場での役割は「鎮火」と「人命救助」です。この役割を果たすために、消防隊は以下の3つの隊に分けられています。


消火隊

消火隊は火災が起きた時にすぐに通報を受け現場へ駆けつけ消火活動を行うチームです。一般的な消防士のイメージに最も近いのが消火隊です。現場の火災状況を瞬時に確認・把握し、オイル漏れなどによる二次災害といった被害を最小限に抑えることも行います。消防隊、ポンプ隊とも呼ばれます。


救急隊

急病人やけが人が出た時に119番で要請を受け現場へ駆けつけ応急処置を行い、病院へ搬送するチームです。3つの隊の中では最も出動頻度が高いです。救急活動を担当するのは救急課程研修を修了した救急隊員で、救急救命士の資格を持つ隊員は医師の指示を受けて救急救命措置を行うことができます


救助隊

火災現場や地震や大雨といった自然災害、また交通事故などで人命救助を行うチームです。「レスキュー隊」とも呼ばれます。専門の訓練を受けた救助隊が担当します。さらなる高度な専門的訓練を受けた高度救助隊や特別高度救助隊は、大規模災害など自分の所属する自治体を離れ現場派遣されることもあります。近年、相次いだ大型地震や台風の際には、全国から駆けつけた救助隊が現場で活躍しました。


| 消防官(消防士)の1日のスケジュール

消防士の仕事は有事のときにのみ発生するわけではありません。出動がない日にも以下のような日常業務を行っています。消防士の1日のスケジュールを見てみましょう。


《消防士の一日スケジュール》

8:30~ 業務スタート

 前日勤務の隊員との引継ぎを受け勤務交代する。最初に行うことが、車両と各種消火機器の点検です。正常に動くかを実際動かしてみてさまざまな作動点検を行います。現場で不備発覚を防ぎ、万全の状態で出動するため、点検が一通り終えると、火災現場を想定した出動演習を行います。その後、ミーティングを行い、その日のスケジュールや注意事項などを確認します。

10:30~ デスクワーク

 災害報告書の作成といった事務処理などといったデスクワークが中心となります。この報告書作成は重要な業務の1つでもあり、災害状況について隊員が各々の視点で細かく記載することが次回以降の消火活動や防災活動に役立ちます。

13:00~ トレーニングや訓練

 特に出動がなければ昼食後、午後は体力トレーニングや訓練が中心となります。また、自治体を巡回し、消火栓・スプリンクラー・防火水槽など、自治体に存在する防火設備が適切に稼働するかどうか確認し、場合によっては指導なども行います

18:00~ シャワーや各自トレーニングなど

 夜にも朝同様の車両と各種消火機器の点検を行い、ミーティングを行います。夕食後は事務処理やトレーニングルームで身体を鍛えたりします。シャワーにも順番に入りますが、そこでもすぐに出動できるように細かく着脱法も決まっています。

22:00~ 仮眠

 すぐに出動できるよう出動用の服のまま仮眠します。

6:00~ 清掃など

 起床後、署内の清掃や車両の洗車を行います。また早朝でなければ検査できない箇所の消火栓の検査も行います。

8:30 業務終了

 出勤してきた隊員と勤務交代。引継ぎ事項を済ませ業務終了。

以上1日のスケジュールは特に出動がない場合です。もちろん出動要請があれば、昼食中でもシャワー中でも仮眠中でもすぐに出動しなければなりません。公務員試験も民間企業の採用試験も、一般教養や基本的な学力を問う部分が大きく、試験勉強の同時進行もしやすいでしょう。比較的難易度の高い公務員試験の勉強を先に取り組めば、その後のSPI試験対策も取りやすくなります。シェアできるところはうまくシェアして、いずれの試験もよい結果を残せるようにがんばってください。


防火・防災イベントの開催

そのほかに自治体の防災意識向上を目的として、消防署が啓蒙イベントを主催することがあります。日常的な防災活動として企業や学校に出向き防災訓練や応急処置の講習など、自治体の方と交流するのも大切な仕事です。


| 消防官(消防士)になるには?

消防士になるためには、まず各自治体が実施する地方公務員試験に合格する必要があります。自治体ごとに細かな違いがありますが、一般的には大卒程度の1類(上級)短大卒程度の2類(中級)、高卒程度の3類(初級)といった難易度に区分されています。学歴は要件ではありませんが、自治体ごとに年齢・身長・体重・胸囲・視力といった条件を設定しているため確認が必要です。

一般的な消防士採用試験は筆記の1次試験と2次試験で構成されています。

一次試験

一般教養

一般知能:文章理解・数的推理・判断推理・資料解釈

一般知識:人文科学・社会科学・自然科学

論(作)文

課題形式による論文や作文。

適性試験

消防官としての適性が問われる

二次試験

面接

個別面接・集団面接

集団討論

自治体によっては課される場合がある。

身体・体力検査

身体検査:身長・体重・脅威・視力・色覚・聴覚

体力検査:500m走・反復横跳び・立ち幅跳び・腕立て伏せ・上体起こしなど


試験に合格すると、消防学校に入学し実務に必要な知識・技術を習得します。およそ半年間消防学校で学習したのち、配属先が決まれば晴れて消防士としての仕事のスタートです。


一般的なイメージのとおり、消防士の仕事は体力勝負です。一方で、地方公務員である以上、試験では学力が問われます。大卒レベルの学力が要求される1類の場合、ほかの地方公務員上級の試験と同様に試験の内容は広範囲です。受験を予定されている方は、体力づくりと並行して勉強をぬかりなく行いましょう。

公務員講座を今すぐ無料でお試しいただけます

「公務員試験 合格必勝メソッド」と「公務員試験 受験スタートアップ完全ガイド」を無料でプレゼント中!

公務員試験 合格戦略セミナー「公務員への道」「教養試験突破作戦」配信中!
公務員講座 無料特典
無料特典

合格診断テスト
公務員試験の教養試験の「一般知能」を体験し実力チェック!
講座紹介資料
「公務員試験 合格必勝メソッド」プレゼント中!
公務員試験 合格戦略セミナー
「公務員への道」「教養試験突破作戦」配信中!
ダウンロード冊子
「公務員試験 受験スタートアップ完全ガイド」プレゼント中!

公務員講座 基本講座無料お試し
基本講座無料お試し

数的処理・文章理解・論文対策のガイダンスと初回講座を無料でお試しできます。
動画/音声講座、WEBテキスト、スマート問題集、トレーニング問題集

無料講座と無料セミナーを試してみる