「数的処理」の攻略法

公務員試験の勉強をきっかけに、「数的処理」という言葉を知った方も多いでしょう。数学とは多少趣が異なるものの、基本的な解法をマスターすれば恐くありません。今回は、公務員試験ならではの筆記科目といえる「数的処理」の勉強方法をご紹介します。

| 筆記試験は、数的処理の攻略がカギ

「数的処理」とは、国家・地方公務員の教養試験で出題される公務員試験独特の科目です。「数的推理・判断推理・空間把握・資料解釈」の総称を指します。


数的推理

確率や方程式、速さや濃度、図形の長さ・面積を求める問題

判断推理

命題と論理や暗号・対応関係など条件を整理し推測する問題

空間把握

立体図形や展開図・図形を転がすなど空間認識能力が問われる問題

資料解釈

グラフや図表などのデータを使って計算する問題


公務員試験の教養試験は、「知識分野」と「知能分野」のふたつで構成されます。

数的処理は後者の「知能分野」に属する科目です。多くの官公庁・地方自治体が実施する教養試験は、知識分野より知能分野を重視する傾向にあり、数的処理の問題も多くを占めます。


教養試験の配点分布

出題比率は、上記4科目の問題だけで、教養試験全体の約35%です。それに対し、知識分野の日本史、政治などは1~2問程度。教養試験は、とくに数的処理の対策が求められます。“数的処理を制する者が、教養試験を制する”というくらいの意気込みで、学習に取り組んでください。


| 多くの受験者が数的処理を苦手とするのは?

「数的処理はどうも苦手・・・」という受験者は少なくありません。なぜなら、学校で数学は習っても、数字・データを使った推理や判断を鍛えるための勉強は教わっていないからです。つまり、ほとんどの人は公務員試験の勉強をはじめて、数的処理 に触れます。

それでも、数的処理をことさら恐れる必要はありません。この問題は、中学数学で習った解法を身につければ解けます。まずは中学で習った数学の知識を思い出して、解法パターンを自分のものにしましょう。これは、公式を暗記するのと同じ要領と考えてください。

解法を理解すると、あとはひたすら問題を解くのみです。より多くの問題量をこなすことで、コツがつかめてきます。インプットを効率的に行い、かつアウトプットを充実させる対策を心がけてください。


| 数的処理の勉強方法は?

数的処理の攻略法はズバリ反復練習を重ねること。数的処理に苦手意識を持つ方の特徴として、問題を解く経験が足りない点が挙げられます。

「数学が苦手」という人は、問題を多く解いて手を動かしましょう。これに関しては特別な方法など必要なく、とにかく問題をこなして約70パターンの解き方を身体に覚えてもらうこと。それによって本番で実力を発揮しやすくなるのです。(何が出るか分からない英語、国語、社会科学、自然科学に比べたら、70パターンを覚えるのはとても効率的です。)

問題集も、たくさんの種類をそろえるよりは一冊に的を絞って繰り返し問題にあたる方法をおすすめします。

分からない問題や間違った問題は理解するまで何度も解いて、問題を見ただけで手が勝手に計算式を書けるようになるまで反復練習あるのみです。どんなに「数学が苦手」という人でも必ず克服できる科目です。

いかに落とせない筆記科目といえ、ひとつに何分も時間をかけるわけにはいきません。

解くスピードも問われてきます。本番での時間配分もにらみ、時間をかけず早く解く練習もしましょう。問題文を読むだけで解法が頭に浮かべば、スムーズに答を導き出せます。その域に達するには、やはり問題量を多くこなすしかないのです。

本番までに、数的処理の問題は7割程度解けるレベルまでいきたいところです。8割まで達すれば、一気に合格圏内に近づけるでしょう。10割を目指す必要はありません。まずは7割正解を目標にがんばってください。


公務員講座を今すぐ無料でお試しいただけます

「公務員試験 合格必勝メソッド」と「公務員試験 受験スタートアップ完全ガイド」を無料でプレゼント中!

公務員試験 合格戦略セミナー「公務員への道」「教養試験突破作戦」配信中!
公務員講座 無料特典
無料特典
  • 【New!】冊子版テキスト試し読み
    サンプルページを無料ダウンロードできます!
  • 合格診断テスト
    公務員試験の教養試験の「一般知能」を体験し実力チェック!
  • 講座紹介資料
    「公務員試験 合格必勝メソッド」プレゼント中!
  • 公務員試験 合格戦略セミナー
    「公務員への道」「教養試験突破作戦」配信中!
  • ダウンロード冊子
    「公務員試験 受験スタートアップ完全ガイド」プレゼント中!
公務員講座 基本講座無料お試し
基本講座無料お試し

数的処理・文章理解・論文対策のガイダンスと初回講座を無料でお試しできます。
動画/音声講座、WEBテキスト、スマート問題集、トレーニング問題集

無料講座と無料セミナーを試してみる