公務員試験の勉強法を解説!学習スタイル別メリットとデメリットも紹介します

公務員試験は、筆記試験・論文試験・面接試験に分けて実施されます。

それぞれの試験の傾向と対策を解説します。


筆記試験

筆記試験は「教養試験(基礎能力試験)」と「専門試験」の2つがあります。

|教養試験(基礎能力試験)

「教養試験(基礎能力試験)」は、どの公務員試験でも必ず行われる第一関門となります。出題分野は大きく「一般知能科目」と「一般知識科目」なります。

一般知能科目は公務員試験特有の科目である数的処理(数的推理・判断推理・空間把握・資料解釈)と文章理解(現代文・英文)で構成され、配点も高く教養試験突破のために重要な科目です。

各科目の攻略法の詳細については以下の各記事をご覧ください。

数的処理の攻略法の詳細はこちらから


文章理解(現代文)の攻略法の詳細はこちらから


一般知識科目は主に中学高校の課程で学ぶ理科社会から出題され、自然科学(数学・物理・化学・生物・地学)、人文科学(日本史・世界史・地理・思想)、社会科学(法律・政治経済・社会など)が出題されます。

各科目の攻略法の詳細については以下の各記事をご覧ください。

社会科学の攻略法の詳細はこちらから


自然科学の攻略法の詳細はこちらから


|専門試験

一方、「専門試験」では、どちらも憲法や民法、行政法などの法律系専門科目、ミクロ経済学やマクロ経済学や財政学などの経済系専門科目、政治や国際関係などの政治系専門科目からの出題となります。

法律系専門科目の攻略法の詳細はこちらから


範囲は広いですが、すべての分野が出題されるわけではなく、受験先によって科目や出題数が異なるのが実情です。
「択一式」と「記述式」の2つの試験方法があります。


論文試験

論文試験は、政策の企画力や論理的思考力などが問われる試験です。例えば「地方行政が抱える課題」がテーマ出題とすると、それに対して実現可能な政策を具体的かつ分かりやすくまとめます。

文字数は800~1500文字程度、時間は30~120分と様々でほとんど90分で行われるところが多いです。

論文試験の攻略法の詳細はこちらから


面接試験

面接試験には「個別面接」「集団面接」「集団討論」「グループワーク」「プレゼンテーション」など、さまざまな種類があります。試験を受ける自治体によってどんな形式で行われるか異なるため、内容に応じて対策を立てることが大切です。

面接試験は、どの自治体も採用する試験方式です。最近の公務員試験は、一次の「筆記試験」で多く合格させ、人物試験を数回行うように人物重視の傾向がみられます。

筆記試験対策ばかりに偏らず面接対策にもしっかり時間を使うようにしましょう。

面接試験で評価を得るためには、公務員試験用の時事の対策を行うことが効果的です。
以下の記事で時事の対策法を解説していますので、よろしければご確認下さい。

時事を制する者は公務員試験を制する!時事問題対策法



学習タイプ別のメリット・デメリット

ここでは、独学・予備校・オンライン通信講座の3大学習スタイル別に、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

|独学

メリット

独学のメリットは、まず自分のペースで学習できるところです。自分の好きなタイミングではじめられて、好きなペースで進めることができます。人によって苦手分野・得意分野は異なり、テキストを読んで力を付ける人もいれば、とにかく問題を解いて実力を付けたいという人もいます。独学であれば、自分の特性に合わせて学習プランを設計できます。

また、独学は通学・通信と比べてお金がかかりません。参考書と問題集数冊の費用で済むため、予算に限りのある方にとっておすすめです。


デメリット

問題集選びや学習プランの作成、試験の傾向リサーチや対策など、すべて自分で行う必要があるため、負担は小さくありません。問題集やテキストも出版社が違えば内容の充実度も異なるため、いい参考書を厳選する目利きがないと難しいでしょう。また、分からない問題に答えてくれる人や苦手分野に対しアドバイスしてくれる人はいないという厳しい学習環境となります。苦手を解決できなければ、モチベーションが下がってしまうリスクもあります。


|予備校

メリット

専門講師による直接講義が受けられるため、分からない問題があればその場ですぐに質問し解決できます。多くの場合、初級者でも学習に対応できるカリキュラム内容となっているため、はじめての方でも安心です。周りには同じ目標を持つ仲間もいて、モチベーションが高まりやすい環境です。法改正や試験の傾向、対策などに関する情報も入手しやすいでしょう。試験勉強が苦手な方や、独学での学習に不安を覚える方におすすめです。


デメリット

3つの学習方法の中でも、もっとも経済的負担が大きいのが予備校です。学校にもよりますが、50万円程度はかかるとみてよいでしょう。また、集団での学習になりますので、ひとりのペースに合わせるわけにはいきません。カリキュラムに沿って進むため、取り残される可能性もあります。マイペースでの学習を好まれる方には厳しい方法かもしれません。


|オンライン講座・通信講座

メリット

通信講座も、基本的に自分のペースで勉強ができます。教材・問題集は一式そろっているため、インプット・アウトプットどちらの学習もスムーズにはじめられるでしょう。生の講義は聴けませんが、最近では映像視聴で講義を聴ける商材もあり、内容は予備校と遜色ないくらい充実しており、予備校と比べると低コストで学習できます。

通信講座のよさは、繰り返し何回も・復習・確認できること。復習したい時やアウトプット後に再確認したい時にスマホがあれば、例えば通勤・通学途中の電車内でいつでも・どこでも復習することが可能です。


デメリット

一口に通信講座といってもたくさんの提供会社が乱立しており、しっかりリサーチしないとどれを選べばよいか分からない、という方もいるでしょう。価格帯やプラン内容、サポートの充実度も千差万別です。教えてくれる人はいても、学習は基本的にひとりで行います。多くの仲間に囲まれる環境で学習したい方にとっては、不向きかもしれません。


自分に合う勉強法の選択が重要

公務員試験の範囲は広く、科目数も多いため勉強方法の選択は十分な検討のうえ、判断してください。どれがもっともよい勉強方法かを断定するのは難しく、それぞれ一長一短あります。自分の性格と公務員試験との相性を突き合わせて、自分に合う方法を選びましょう。

関連記事

いますぐ無料でお試しできます

公務員講座 無料特典

無料特典

冊子版テキスト試し読み
サンプルページを無料ダウンロードできます!
合格診断テスト
教養試験の実力テストで無料実力診断!
講座パンフレット
「公務員試験 合格必勝メソッド」無料配布中!
公務員講座 基本講座無料お試し

無料動画講座

公務員試験合格オリエンテーション
「大卒程度一般枠向け」「法律系専門科目受験者向け」
「社会人経験者向け」「警察官・消防官試験向け」
配信中
ガイダンス・初回講座
動画/音声講座、WEBテキスト、スマート問題集
無料体験
法律系専門科目講座
憲法、民法、行政法の初回講義を体験!
無料講座と無料セミナーを試してみる