公務員試験「新教養試験」と「社会人基礎試験」とは?

2021年度から実施の市役所採用試験について、統一試験に加えて個別試験についても新教養試験が実施されると発表されています。
本記事では、市役所の採用試験で導入が進められている「新教養試験」と「社会人基礎試験」について特徴と攻略法を解説します。

| 2021年度より教養試験の実施自治体がさらに拡大

地方公共団体の教養試験の作成・提供などをおこなっている公益財団法人「日本人事試験研究センター」より、2021年度から実施の市役所などの自治体採用試験について、統一試験に加えて個別試験についても新教養試験の提供を開始するとの発表がありました

日本人事試験研究センター提供の試験問題は、全地方公共団体(1,765団体)の88.4%の団体である1,561団体が利用していると公表しています(2020年度実績)。

新教養試験の導入は多くの市役所で順次進められていることがわかり、市役所を志望する公務員受験生は最新の情報をキャッチしておくことが重要です。

■参考:「統一試験」と「個別試験」

「統一試験」とはいわゆる市役所B日程や市役所C日程のことで、2021年度の統一試験は下記日程での実施となります。


・第1回統一試験(市役所B日程) 2021年7月11日(日)
・第2回統一試験(市役所C日程) 2021年9月19日(日)
・第3回統一試験 2021年10月17日(日)

上記の統一試験日以外の日程で試験が実施される場合「個別試験」と呼びます。


日本人事試験研究センターの公式ホームページによると、2021年4月~2022年3月の一部の日程を除くほぼ全ての土日で新教養試験の実施が可能であるとの発表がされています。
公益財団法人「日本人事試験研究センター」:2021年度問題集等提供可能な試験実施日一覧

これにより、2021年度から個別の日程で試験が実施される多くの市役所で新教養試験の導入が進むことが予想されます



| 新教養試験の概要

新教養試験には、3つのタイプがあります。
「Standard-Ⅰ・Ⅱ(標準タイプ)」「Logical-Ⅰ・Ⅱ(知能重視タイプ)」「Light(基礎力タイプ)」です。

ただし、これらの試験名の表記は各自治体の試験要項には明記されていません。
以下の表にある「対象者」「出題数」「解答時間」などの情報を元に、何の試験が出題されるのかを推定することになります。

試験名 対象者 出題数 解答時間
Standard-Ⅰ 大学卒業程度以上 40題 2時間
Standard-Ⅱ 高校卒業程度以上 40題 2時間
Logical-Ⅰ 大学卒業程度以上 40題 2時間
Logical-Ⅱ 高校卒業程度以上 40題 2時間
Light 高校卒業程度以上 60題 75分


Standard-Ⅰ・Ⅱ(標準タイプ)


従来の教養試験と同様の出題形式の試験

試験形式は、40題・五肢択一式・120分。以下の科目から出題されます。

知識分野(20題)

時事・社会・人文・自然に関する一般知識を問う問題

知能分野(20題)

文章理解、判断・数的推理、資料解釈に関する能力を問う問題


時事性と関連の高い問題が多いのが特徴です。古文や哲学・文学・芸術、国語などの出題はありません。

標準タイプは旧教養試験と共通性が高い試験のため、比較的対策もとりやすいでしょう。昨年、多くの自治体が採用する試験はこの標準タイプのようです。

Standard-Ⅰは大卒程度、Standard-Ⅱは高卒程度です。


Logical-Ⅰ・Ⅱ(知能重視タイプ)


知識分野よりも知能分野の出題が多い試験

試験形式は、40題・五肢択一式・120分。以下の科目から出題されます。

知識分野(13題

時事・社会・人文に関する一般知識を問う問題

知能分野(27題)

文章理解、判断・数的推理、資料解釈に関する能力を問う問題


Standardに比べ、知能分野全体の出題数が増え、知識分野においては時事を重視し「自然に関する一般知識」問題の出題はありません。

知識詰め込み型の対策では対応できない点に注意が必要です。標準タイプと同じく、時事問題への理解度を重視、古文、哲学などの問題はありません。

Logical-Ⅰは大卒程度、Logical-Ⅱは高卒程度です。


Light(基礎力タイプ)


公務員試験独自の準備をしていなくても受験可能な試験

試験形式は、60題・四肢択一式・75分。基礎問題を中心に出題されます。出題分野は下記のとおりです。

  • 社会への関心と理解(24題)
  • 言語的な能力(18題)
  • 論理的な思考力(18題)

Standard、Logicalに比べ、難易度は易しくなり、社会的な常識・知識に加え、公務員として必要最低限の言語スキルと論理的思考力が試される試験です。


参考:公益財団法人 日本人事試験研究センター


新教養試験攻略のまとめ

どのタイプの試験も、従来の公務員試験の教養択一試験に準じる出題内容です。
Logical-Ⅰ・Ⅱ(知能重視タイプ)やLight(基礎力タイプ)では、知能科目(数的処理や文章理解)と時事科目に一層の重きがおかれているというイメージで、Lightでは平易な問題をスピーディーに処理する能力も重視されていると捉えることができます。

対策方法としては、まずは数的処理を中心に全分野の基本的な問題パターンや公式をまんべんなく学び、基本的な問題を素早く解き切るような学習を行うことが効果的です。
受験から離れて久しい方は、文章理解で出題されるような現代文の問題の解き方についても簡単に復習しておくことが理想的です。
また、最新時事に対してアンテナを張っていることも重視しています。日常的にニュースにキャッチアップするような姿勢についても習得しておきましょう。

新教養試験対策にオススメ
無料ですぐに講義を体験視聴!

無料ガイダンス
公務員講座ガイダンス
「公務員への道」「教養試験突破作戦」
無料講座資料(pdf冊子)付き
公務員講座初回版
スタディング 公務員講座の初回版を体験
初回講義と教材を無料体験できます
今すぐ登録して無料で講義を体験
※無料講座の内容は予告なく変更される場合があります。
あらかじめご了承ください。

| 社会人採用枠では「社会人基礎試験」

現在、多くの自治体で社会人経験者の採用を目的とした社会人経験者採用枠が設けられています。

新教養試験を導入している自治体の社会人採用枠の試験では、公益財団法人「日本人事試験研究センター」より提供されている「社会人基礎試験」が実施されます。

新教養試験と同様に、試験名の表記は各自治体の試験要項には明記されていません。
公益財団法人「日本人事試験研究センター」より公表されている、「対象者」「出題数」「解答時間」などの情報を元に社会人基礎試験の実施について確認します。

試験名対象者出題数解答時間
社会人基礎試験(職務基礎力試験)
社会人(学歴問わない)75題1時間30分
社会人基礎試験(職務適応性検査)社会人(学歴問わない)150題20分



職務基礎力試験


時事問題の比重の高い一般知能中心の試験

試験形式は、75題・五肢択一式・90分。以下の科目から出題されます。

「社会人基礎試験」では、公務員試験特有の対策が不要となるように試験問題レベルは意図的に下げらていることが特徴です。
数多くの出題がなされる最新情報をベースにした時事問題の対策や、平易な数的処理の問題をスピーディーにこなすことが求められます。


出題分野 内容

社会的関心と理解について問う分野

国内外の重要な出来事を関心をもって把握していれば解答できる問題、様々なニュースを理解するために必要となる基本的な知識を問う問題、地方自治に関する基礎的な知識を問う問題。

「言語的な能力を問う分野」

日常目にするような日本語の文章や語彙、用法、漢字、簡単な英文や英語の用法等の理解を問う問題。

「論理的な思考力を問う分野」 数的推理、判断推理、空間把握、資料解釈に関する能力を問う問題



社会人基礎試験の攻略のポイント
『社会人基礎試験』は時事的な知識問題の出題が一般的な公務員試験よりも多いという特徴がありますが、 中心となる出題テーマは一般的な公務員試験で言うところの一般知能科目が中心です。
・言語分野問題(公務員試験での文章理解)
・非言語問題/論理的思考を測る問題(公務員試験での数的処理)

「公務員試験独自の対策は不要」とされていますが、多くの社会人にとって数的処理はなじみが薄いものです。
最低限の内容だけでも事前に対策を行うことが重要です。



職務適応性検査


短時間で多くの回答が必要な性格検査

試験形式は、150題・20分。

社会人の職務・職場への適応性(職務への対応、人間関係等)の観点から受験者の性格傾向を把握する性格検査です。

簡単な質問に「はい」「いいえ」「どちらでもない」で回答する検査で、多くの場合以下のような質問に短時間で回答をしていきます。


性格検査質問例
・チームの中ではリーダーであることが多い
「はい」 「いいえ」 「どちらでもない」

・物事を深く考えすぎる傾向にある
「はい」 「いいえ」 「どちらでもない」

・よく嘘をつく
「はい」 「いいえ」 「どちらでもない」


なお、この性格検査はただのアンケートではありません。

適性検査で得られた結果は面接でも参考にする場合があることが記載されていますので、面接の回答との一貫性が非常に重要です。

自己分析と公務員の職業研究をしっかりと行ったうえで、正直にかつ面接との一貫性が認められるように回答を行うことがポイントです。


参考:公益財団法人 日本人事試験研究センター

社会人が受験できる
公務員試験

社会人の公務員転職ルートは大きく2つ。
自身にとって合格の可能性がより高い採用枠に照準を合わせた受験対策が転職成功の鍵を握ります。

社会人経験者採用枠 職務経験年数が最大の受験要件
キャリアを武器に公務員へ転職!
仕事をしている社会人

社会人が働きながらでも公務員試験の受験ができるように、筆記試験の負担が大幅に軽減されている採用枠です。経験者枠で合格するには、社会人経験と培ってきたスキルが問われる経験者論文と経験者面接での得点が最重要となります。
一般枠(大卒程度) 年齢要件が最大の受験要件
幅広く門戸の開かれた受験枠!
一般枠受験風景
第二新卒の方を始めとする、在職年数の要件を満たしていない方は一般枠を受験することで公務員への転職を目指せます。一般枠では大卒程度の教養試験が課されるので、社会人の方は特に効率的に筆記試験対策を行うことが重要です。

詳しくは
無料ガイダンスをご覧ください!

無料ガイダンス
経験者採用枠ガイダンス
「公務員になるもう一つの道
~経験者採用試験~」
一般枠(大卒程度)ガイダンス
「公務員への道」「教養試験突破作戦」
無料冊子付き
公務員講座初回版
スタディング 公務員講座の初回版
各科目の初回講義と教材を無料でお試し
いただけます
無料のガイダンスはこちらから
※無料講座の内容は予告なく変更される場合があります。
あらかじめご了承ください。