2次口述試験について

2次筆記試験の後に行われる口述試験とはどのような試験ですか?また、どのような対策をすれば良いですか?   
2次筆記試験を突破した人だけが受験できる口述試験ですが、受験者のほぼ全員が合格する試験です。
落とすための試験ではありませんので、準備をしっかりして、受験生活の総まとめをキッチリと行いましょう。


口述試験の内容

口述試験は、1人10分程度行われます。数名の面接官を前に、受験生は1人で対応します。題材となるのは筆記試験の事例で、いくつかの質問が投げかけられます。

ほぼ全員が合格する試験とは言え、決して手を抜いて良いわけではありません。この口述試験の後には、中小企業診断士になるための実務補習/実務従事が控えています。筆記試験は、いわば紙面上でのコンサルティング体験でした。口述試験は実務補習/実務従事への準備として、経営者との面接体験と言えるでしょう。

実際にコンサルタントとして企業経営者と面接するときには、事前にその業界や会社のことを分析した上で臨むことになります。口述試験においては、筆記試験の4社の事例のうち、どの事例について問われるか分かりません。筆記試験のとき以上に、各事例を頭に叩き込んでおく必要があります。

口述試験の対策方法

口述試験の対策は、まず雰囲気への準備が必要です。最後の試験、複数の面接官の重々しい雰囲気から、極度に緊張してしまう受験生も少なくありません。試験管が助け舟を出してくれることもあるようですが、何もしゃべれなくなってしまうと、そのようなフォローも出しようがありません。まずは試験管とコミュニケーションがとれるよう、雰囲気に慣れる必要があります。会議室で模擬面接を行ってみましょう。

次に事例分析です。筆記試験のように時間は限られていませんので、口述試験前は事例企業をしっかりと分析しましょう。筆記試験のときに気付かなかった与件文の条件や、問題文に隠されたヒントを発見するかもしれません。仲間と集まって、各事例企業の分析や助言を行ってみるのも良いかもしれません(実務補習/実務従事は、グループディスカッションを行います)。ちなみに、実際の面接においては、1つの質問に対して2分程度、話せると良いそうです。2分話すためには、その企業の置かれている状況を明確に把握しておく必要があります。

なお、2次試験終了後、中小企業診断協会から、「出題の趣旨」が発表されます。過去年度の事例がどのような趣旨で作問されたのか?を確認することは、口述対策だけでなく、筆記対策にも役立ちます。趣旨を確認しつつ、自分が口述試験の試験管だったら、どのような質問をするのか考え、想定問答集を作成しても良いでしょう。

受験生活最後の締めとなる口述試験、頑張って下さい。


NEXT 中小診断士と組み合せると有利な資格①


PREV 中小企業診断士と同時並行で目指せる資格

監修 市岡 久典

中小企業診断士
ITコンサルタントとして働きながら、中小企業診断士試験に合格。 その後、ベンチャー企業の経営企画部門の責任者を経て独立。現在は独立診断士として、中小企業診断士講座講師、創業支援、事業計画策定、資金調達、 経営管理、事業再生など、幅広い分野で中小企業のコンサルティングを行う。

勉強で苦労する前に読んでおきたい
今なら無料で
「中小企業診断士 加速合格法」
冊子プレゼント!

1次2次ストレート合格の秘訣を大公開。

無料配信中の講座はこちら

  • 無料冊子
    「中小企業診断士 加速合格法」
    試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
    無料セミナー
    「短期合格の戦略」
  • 無料動画講座
    基本講座初回盤「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次対策講座付き!
  • 簡易診断テスト
    現時点での実力を手軽に試せる診断テスト!得意科目・不得意科目が一目でわかるレーダーチャートや個別の学習アドバイス付!
合格法冊子とスタディングを無料で試してみる