「通勤講座」は10周年で「STUDYing(スタディング)」に生まれ変わりました!

中小診断士と組み合せると有利な資格 - ダブルライセンス Part1

中小企業診断士と組み合わせると有効な資格の組み合わせについて教えて下さい
中小企業診断士は経営に関わる全般を幅広く学ぶ試験であるため、様々な資格との組み合わせで効果を発揮します。
今回は人事系の資格である社会保険労務士との組み合わせについて見てみます。


社会保険労務士の業務

社会保険労務士は、「人」に関するスペシャリストです。労働社会保険諸法令に基づく書類作成業務(1号業務)、提出手続代行業務(2号業務)、そしてコンサルティング業務(3号業務)が主な業務内容で、その中でも、書類作成業務と提出手続代行業務は、社会保険労務士の独占業務です。

企業では、メンタルヘルスやパワーハラスメントの問題、従業員の高齢化や女性登用など、日々変化する経営環境への対応を迫られており、「人事制度の見直し」、「賃金制度の改定」、「就業規則の改定」などについて、専門家である社会保険労務士からのアドバイスを必要としています。その結果、コンサルティング業務の重要性が増してきています。

書類作成業務と提出手続代行業務は、極論を言えば、社会保険労務士であれば誰でも対応できる業務です。ルールに則って行うハード面の業務と言えるでしょう。一方でコンサルティング業務はソフト面の業務と言えます。

社会保険労務士と中小企業診断士の関係

「人」に関わるコンサルティング業務を行うときには、人のことだけではなく、経営の根幹である経営理念やビジョン、どのような組織を作りたいかという経営者の想いを汲み取ることが必要です。ただ、社会保険労務士の試験には経営全般を見渡すものがありません。そのため、試験の知識がそのまま使える1号・2号業務に留まってしまう社労士の方も少なくありません。

一方で、経営全般の知識を得て、よりスムーズにコンサルティング業務を行うために、中小企業診断士を取得する社労士がいます。また逆に、診断士を取得した後、人事労務に強い経営コンサルタントとなるために、社労士を取得する人もいます。

このように中小企業診断士と社会保険労務士は足りないものを補完しあう、相性の良い組み合わせです。

関連記事:診断士と組合せると有利な資格 - ダブルライセンス 公認会計士・税理士


監修 市岡 久典

中小企業診断士
ITコンサルタントとして働きながら、中小企業診断士試験に合格。 その後、ベンチャー企業の経営企画部門の責任者を経て独立。現在は独立診断士として、中小企業診断士講座講師、創業支援、事業計画策定、資金調達、 経営管理、事業再生など、幅広い分野で中小企業のコンサルティングを行う。

勉強で苦労する前に読んでおきたい
今なら無料で
「中小企業診断士 加速合格法」
冊子プレゼント!

1次2次ストレート合格の秘訣を大公開。

無料配信中の講座はこちら

  • 無料冊子
    冊子「中小企業診断士 加速合格法」
    短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
  • 無料動画講座
    基本講座初回盤「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次対策講座付き!
合格法冊子とスタディングを無料で試してみる

関連記事