中小企業診断士の独学合格可能か?独学合格におすすめ学習法

中小企業診断士試験に挑戦するにあたり、独学等勉強方法の選択は大切な問題。勉強方法を誤ると結果的に遠回りしてしまうことも。当ページでは独学で合格できるのか、またその勉強方法をご紹介します。独学以外にも、通学、オンライン通信講座などおすすめの勉強法をご紹介します。


中小企業診断士の資格は独学で合格できる?

中小企業診断士の資格試験に挑戦するにあたり、学習方法を選ぶのは非常に重要なポイントになります。
独学で合格できれば費用面ではいいのですが、「実際に合格できるのか」「どの様に勉強をすればいいのか」「どれくらい勉強すればいいのか」などがわからずお困りなのではないでしょうか?当記事ではそういったお悩みに対してのアドバイスとおすすめの勉強法をご紹介したいと思います。
おすすめの学習法は最後に書いてありますのでぜひ最後までお読みください。

中小企業診断士は独学でも合格できる。でも…

中小企業診断士の試験に独学で合格できるかについて結論から申し上げると
独学で合格している人もいるため、合格は可能と言えるでしょう。

ただ、その人達がどのレベルで試験勉強を始めたのかはわかりません。
普段からコンサルティングに関する業務に携わっていて、
すでに一定の知見を持っていたのかもしれません。

逆にもしあなたが初学者ではじめて試験にチャレンジするのであれば、試験合格に必要な知識を一から習得する必要があります。
専門性の高い国家資格試験だけに、生半可な努力では合格できません。

独学で合格できるかどうかを知りたければ
まず「いつまでに合格したいのか」と「今の自分のレベル」を明確にしましょう。
現時点でのレベルがどの程度であるか、それをしっかり見極めることで必要な勉強時間と勉強量が見えてきて、
その情報が勉強方法を決めるひとつの基準にもなります。

「今の自分のレベル」の知り方について

ここまで読んでくれた方はおそらく、「今の自分のレベル」の知り方を知りたいと思います。さっそくご紹介しますと
自分の現時点のレベルを知る一番良い方法は「過去問を解いて答え合わせをする」ことです。
中小企業診断士試験は、科目ごとに試験があるのでまずは1次試験の7科目を解いてみて
どのくらい回答ができるか、確かめてみましょう。

しっかり回答できたり、必要知識がしっかり吸収できそうなど合格に向けて不安がなければ独学で合格を目指してもいいでしょう。
ちなみにあくまで一般的にはなりますが中小企業診断士の合格には1,000時間の勉強が必要と言われています。
これは一般的な勉強時間になるので、もともと知識がある人や通学で勉強している人なども含めているので、
初学者で独学を選ぶとなると1,000時間以上の時間が必要になる可能性もあります。

独学合格するための勉強方法について

ここまで読んでいただいた方は中小企業診断士の試験に独学で合格するのは難しそうと思っているかもしれませんが
おすすめの勉強方法は、過去問をしっかり分析してインプットとアウトプットを繰り返すというのがいいかと思います。
分析というのはどのような問題が出ているのか、配点はどのくらいなのか、どこを勉強すれば合格点を集めることができるのか…などです。
そしてテキストなどで知識をインプットして、問題集でアウトプットして知識の定着具合を確認しながらすすめるのが良いのではないかと思います。

スタディングも、過去問をしっかり分析して、講座の時間配分を作っていますし、
インプットのあとにはアウトプットをして知識を定着させるようにしています。

参考書を購入すれば、もしかしたらどの様に勉強を進めていけばいいのか書いてあるものもあるかもしれません。

インプット・アウトプットと"学習計画"が大事。

ここまで読んでいただいた方の中には、過去問分析をしてインプットとアウトプットを繰り返すだけならシンプルでできそうだなと思っている方は注意が必要です。
過去問分析をして、自分のレベルからどのくらいの勉強時間がどのくらいなのかと言うのを実際に洗い出すのは非常に難しいです。
今までやったことのない作業の必要時間なんてわからないと思いますが、それと同じです。
また、中小企業診断士は1次試験にと2次試験があって、1次試験に受かってから2次試験の勉強を始めるのは非常に非効率です。
1次試験の勉強もしながら2次試験にも応用を利かせる様に勉強をする必要があります。
これを初学者の方が実行するのはかなり難しいのではないでしょうか?
つまり、学習計画を建てるというところが相当むずかしいのです。

参考書のわかりやすさも大切ですが学習計画についても対策を取る必要があるのです。
独学ではこの点が非常に大きなネックになってくることになりますが逆に言うと自分でその管理がしっかりできるようであれば、
独学での学習スタイルに向いているのではないでしょうか?

そこに自信がない方は独学以外の勉強法も含め検討してもいいと思います。

独学と通学の勉強法についてメリット・デメリットを比較してみよう

ここまでで独学の勉強のポイントについてご紹介してきました。
改めていいますが、学習内容と学習計画。この2点が大切になります。
学習計画に自信がないという方は独学以外の方法も含めて勉強方法を検討してもいいと思います。

検討にあたり、それぞれの勉強法についてメリット・デメリットを比較してみましょう。
また最後におすすめの勉強法を書いてありますが、
順を追ってお読みいただかないとなぜおすすめなのかがわからないので、順を追ってお読み下さい。

独学のメリット・デメリット

独学で国家試験合格を勝ち取ると言うタスクは、魅力的であり、モチベーションの原動力にもなります。しかし、現実はそう簡単でないことも知る必要があります。

独学のメリット

  • 費用が最小限
  • 自分の好きなように気楽に勉強できる
  • 自分一人の力で合格したら自慢できる・自信になる
  • ③が勉強のモチベーションになる


独学のデメリット

  • 勉強スケジュール、勉強方法など合格に結びつかないやり方をしていても誰もアドバイスしてくれない。
  • 参考書選びに失敗した場合、買い直しで出費がかさむこともある。
これが独学のメリット・デメリットです。
費用が最小限なのは非常に大きいメリットですが、
学習計画やインプット・アウトプットなど、間違ったやり方をしている場合に、軌道修正ができないまま時間とお金だけ浪費してしまうのを覚悟できるかが選択のポイントになります。

通学のメリット・デメリット

国家試験クラスの難題になると、多くの受験者は通学する方法を選びます。もちろん、この方法にもメリット・デメリットの両面があります。


通学のメリット

  • 合格者を輩出している実績から合格までのノウハウを持っている。
  • 専門講師による指導が直接受けられる
  • 同じ目標を持つ人が周囲にいてモチベーションを高められる
  • わからないことがあったら講師に質問できる。
  • 法改正や試験の合格率、先輩の体験談など情報が得やすい。

通学のデメリット

  • 費用が高い
  • 講師は個人のレベルに合わせてくれないので積極的に知識を得ようとしないと遅れを取る。
  • ただ教えられたことを頭に入れようとする「受け身の姿勢」になりがち。
  • 決まった時間に決まった場所でしか受けられない
「通学」のメリット・デメリットになります。
講師に直接教えてもらえることや、合格に必要な情報を集めやすいのは非常に大きなメリットになります。
しかしやはり費用が高額になるため、費用を抑えたいという人には考えどころになるでしょう。

下に比較表を作成してみました。

独学 通学
メリット 費用が少ない
気楽に勉強できる(勉強の自由度が高い)
合格のノウハウがある
専門講師の指導
勉強仲間の存在
充実した情報提供
デメリット スケジュールや勉強法は自分で管理
アドバイスしてくれる人がいない
学習教材選びで失敗の恐れあり
受講料が高い
講師のレベルにバラツキがある
個別の理解度に合わせられない(合わせにくい)
授業に出るだけの受け身になりやすい


独学と通学のメリット・デメリットについてご説明しましたが、どちらがいいか判断はつきましたでしょうか?

オンラインというおすすめの独学方法

ここまでお読みいただいた方の多くは

独学は確かに安いという面では魅力的ですが、本当に自分で合格できるのかが不安になってきた、
だからといって通学の費用は負担が大きいですし、働きながら通うことができるのかというのも不安がある。

といった気持ちでいるかと思います。

そこでおすすめしたいのがスタディングを始めとしたオンラインでの独学の勉強法です。

「市販の書籍による独学のメリット」と「従来の通学・通信講座のメリット」の両方を取り入れているオンライン講座

オンラインの特徴は下記に比較表で示していますが、特に注目したいのが「市販の書籍による独学のメリット」と「従来の通学・通信講座のメリット」の両方を取り入れている点にあります。


比較内容 最新のオンライン学習 従来の通学・通信講座
学習場所と時間 いつでもどこでも学べる
学習の自由度が高い
教室や、自宅など勉強のための場所
通学型は授業の時間が決まっている
1回の授業時間が長い
インプット学習 専用スタジオによる高品質な映像講義
視て・聴いて分かりやすい講義
教室などの講義を撮影した映像
テキストが無いと理解できない
テキスト WEBでいつでも参照可能
オプションで冊子版もあり
冊子のみ
冊子が多い
問題練習 オンラインでいつでも練習できる 冊子が中心
問題集を持ち歩く必要がある
学習方法 自己学習を前提にカリキュラムが組まれている 講義以外の学習は、自己責任で行うためいつ何を学習したらよいかわかりにくい
結局自己学習が必要
講師 誰でもベストな講師の講義が受けられる 通学だとアルバイト講師に当たる場合も多い
質問回答 質問回答サービスは無いことが多いが、現在は検索で確認できる
WEB上でのQ&Aやチケット制の質問サービスなどもある
質問回答サービスが付いている場合が多いが実際に利用するのはごく一部の受講生というのが実態
価格 低価格
書籍1冊よりは高いが、従来の通学・通信講座に比べて1/2~1/5程度の講座が多数存在する
高価格
教室、冊子印刷&配送、質問対応など、原価や固定費にコストがかかる


自分に合う勉強方法を選ぼう

オンライン学習なら、独学の大きなメリットである「時間の自由」が担保されたまま、
従来の通学講座等のメリットである、合格のノウハウや専門講師による授業と教材で勉強できます。
価格も書籍1冊よりは高いですが、従来の通学・通信講座に比べて1/2~1/5程度の講座が多数存在あり、
価格を重視する人にも魅力的です。

特にスタディングは過去問を分析し、合格に必要なポイントだけに絞って効率よく学習できるようにできています。
しかもスマホがあればいつでもどこでも講義を受けられて、問題集も解くことができます。
先程お伝えしたインプット・アウトプットができるということです。
例えば通勤の電車のなかやお昼休憩のちょっとした時間などに資格勉強ができるようになっています。
学習時間の確保が資格勉強の大きな課題の一つですが、
スタディングなら講義も短時間に区切られていて、継続しやすくなっています。

独学では合格が難しそう・通学は費用高いというお悩みのあなたに丁度いい学習法になっています。
今なら無料でお試し受講ができますのでぜひ一度試してみてください。


関連情報:短期合格のための勉強法


監修 市岡 久典

中小企業診断士
ITコンサルタントとして働きながら、中小企業診断士試験に合格。 その後、ベンチャー企業の経営企画部門の責任者を経て独立。現在は独立診断士として、中小企業診断士講座講師、創業支援、事業計画策定、資金調達、 経営管理、事業再生など、幅広い分野で中小企業のコンサルティングを行う。

勉強で苦労する前に読んでおきたい
今なら無料で
「中小企業診断士 加速合格法」
冊子プレゼント!

1次2次ストレート合格の秘訣を大公開。

無料配信中の講座はこちら

  • 無料冊子
    「中小企業診断士 加速合格法」
    試験勉強で苦労する前に読んでおきたい、短期間で合格するための方法を解説した冊子(電子版)です。
    無料セミナー
    「短期合格の戦略」
  • 無料動画講座
    基本講座初回盤「1-1経営と戦略の全体像」 ビデオ/音声講座、テキスト、実戦フォローアップ講座、スマート問題集、過去問セレクト講座、2次対策講座付き!
  • 簡易診断テスト
    現時点での実力を手軽に試せる診断テスト!得意科目・不得意科目が一目でわかるレーダーチャートや個別の学習アドバイス付!
合格法冊子とスタディングを無料で試してみる