2019年(平成31年)司法試験の出願者数が発表!

2019年司法試験の出願者数(速報値)が法務省から発表されました。昨年より15.2%減少し、5,000人を下回りました。

法務省が2019年2月5日に公表した速報値のDATAです。昨年の出願者数(確定値)との比較もまとめています。

2019年(平成31年)司法試験の出願状況について

出願者数 4,930人(昨年5,811人)


出願者数から予想する最終合格率、最終合格者数の見込み

2019年第14回司法試験の出願者数は4,930人で昨年より881人減少し、昨年対比は84.8%となりました。

前年より15%以上の減少幅は、初めてです。

この出願者数は、法科大学院第一期既修者コース修了者のみが受験した2006年第1回を除いて考えますと、2007年第2回以降の試験では最も少ない出願者数となります。

受験回数制限が5年3回から5年5回に緩和された2015年以降の受験率(受験者数÷出願者数)は平均して89.15%ですので、今年の受験者数は4,395人前後と予想されます。

今年も1,500人台合格が維持されると仮定すると、対受験者数の最終合格率の見込みは34.1%となり、昨年の29.11%からさらにチャンスが拡大します。

逆に、昨年と同じ合格率が維持された場合、最終合格者数は1,279人前後と予想されます。

★無料動画で試験の仕組みと短期合格のコツを学ぶ

●受験資格別

・法科大学院修了の資格で受験する者 5,269人(昨年6,170人)
・予備試験合格の資格で受験する者 442人(昨年408人)
・法科大学院修了資格で受験予定だが、
 法科大学院を修了できなかった場合は、
 予備試験合格の資格で受験する者 100人(昨年138人)


●選択科目別

・倒産法 665人(昨年838人)
・租税法 369人(昨年394人)
・経済法 869人(昨年956人)
・知的財産法 668人(昨年802人)
・労働法 1,435人(昨年1,635人)
・環境法 292人(昨年345人)
・国際公法 66人(昨年79人)
・国際私法 566人(昨年762人)

詳細は、法務省のホームページをご覧ください。

平成31年司法試験の出願状況について(速報値)

合否を分けるのは、
勉強の「量」ではなく
「やり方
」の差

司法試験合格
5つのルール
を無料公開!

無料セミナーと冊子の無料ダウンロード
会員登録(無料)特典

・短期合格セミナー「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」配信中!

・ダウンロード冊子「学習スタートガイドー試験攻略ポイントと短期合格者の勝ちパターン」プレゼント中!




無料基本講座
無料動画講座

・基本講座体験版「憲法9 人権各論(1) 」、「合格特別講義1-学習方法について(1)」 ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集付き

・論文対策講座初回版「合格答案の書き方1」 ビデオ/音声講座、問題、参考答案付き!

スタディングを無料で試してみる

短期で効率的に実力アップ