予備試験の合格発表はどんな風に行われるの?

※ 2019年(令和元年)予備試験の論文合格発表が10/10に行われました。試験結果の詳細はこちらをごらんください。

クエスチョンマーク 予備試験合格を目指しています。合格するイメージをモチベーションに頑張っているのですが、実際に予備試験の合格発表はどのように行われるのでしょうか?また、無事合格できた時には、どんなことが必要になるのでしょうか?
アンサーマーク

予備試験を合格し、司法試験受験資格を得る方が増加しているというニュースがありました。
司法試験と司法予備試験では、ほとんどすべての科目が共通していて、その差は選択科目の有無です。圧倒的に効率よく司法試験への学習を進められることもあり、予備試験受験の人気は高まっています。また、社会人や学部生だけでなく、学歴を問わず法科大学院に通えない方にも法曹の門戸を広げた制度です。
しかし、平均合格率が3%程度と、難関資格の一つと言えます。
だからこそ、学習へのモチベーションアップは欠かせません。そこで今回は、予備試験の合格発表がどのように行われるかをお伝えします。合格イメージを強く持ち、勉強に励んで行きましょう。


予備試験合格発表はどんな風に行われるの?

司法予備試験は、短答式試験、論文式試験、口述試験の3段階で行われ、それぞれの試験の合格者だけが次の試験をチャレンジすることができます。そして、口述試験に合格すれば、予備試験の最終合格者として、司法試験の受験資格を得ることができます。

では、それぞれの合格発表及び成績通知の方法を見ていきましょう(※2)。

司法試験予備試験の開催スケジュール一覧

試験日程は法務省ホームーページより確認できます。


予備試験合格後は何をすべきでしょうか?

予備試験合格による司法試験受験資格は、合格した翌年4月1日から数えて5年間しかありません。司法試験は年1回しかありませんので、5年間(5回)の試験で司法試験に合格しなければならないということです。

2018年司法試験における予備試験合格者の受験状況

予備試験合格年度 受験者数 合格者数 合格率
2017年 344 294 85.47%
2016年 31 18 58.06%
2015年 30 13 43.33%
2014年 16 7 43.75%
2013年 12
4 33.33%


このデータによると、予備試験合格の翌年の司法試験が最も受かりやすいと言えます。

文部科学省の法科大学院等特別委員会(第88回)の配付資料「【資料1-2】平成30年司法試験受験状況 (PDF:173KB)」によれば、予備試験合格者の司法試験合格割合の平均は85.47%と、法科大学院出身者の平均合格率24.75%を圧倒的に上回り、予備試験の学習が司法試験合格に効果的なことがわかります。

司法試験は、予備試験の合格発表からおよそ半年後の翌年5月に実施されます。
予備試験の科目が司法試験の科目とほとんど共通しているからこそ、予備試験の学習が司法試験にも直結することがわかります。
予備試験の勉強に一息ついたら、司法試験に向け再度ギアアップすることが、効率よく司法試験に合格する鍵と言えるでしょう。

合否を分けるのは、
勉強の「量」ではなく
「やり方
」の差

司法試験合格
5つのルール
を無料公開!

無料セミナーと冊子の無料ダウンロード
会員登録(無料)特典

・短期合格セミナー「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」配信中!

・ダウンロード冊子「学習スタートガイドー試験攻略ポイントと短期合格者の勝ちパターン」プレゼント中!




無料基本講座
無料動画講座

・基本講座体験版「憲法9 人権各論(1) 」、「合格特別講義1-学習方法について(1)」 ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集付き

・論文対策講座初回版「合格答案の書き方1」 ビデオ/音声講座、問題、参考答案付き!

スタディングを無料で試してみる

短期で効率的に実力アップ