合格者の声

スタディング 司法試験・予備試験講座で合格された方々の合格体験談です。
見事合格された皆様に、効率的な勉強法や、合格のコツを伺いました。スタディングの活用法も参考になります。
「通勤講座」は「スタディング」に生まれ変わりました。​

スタディングの講座内容は、
働きながら司法試験を目指す方に最適!

1.スタディングとの出会い

私は法科大学院を卒業後、司法試験の受験を継続していましたが、なかなか合格できずにいました。

法科大学院の授業は法律学の学術的な水準としてはレベルの高いものであったものの、それゆえに知識を自分で頭の中で咀嚼し、自分のものとしてアウトプット(答案に書く)ということができずにいました。

短答式で不合格になった年もあり、司法試験合格自体を半ば諦めるような心理状態で、一般企業に就職しました。

就職活動を始める頃と時を同じくして、インターネットを通じてスタディングの存在を知りました。

もともと就職した後も受験回数自体は使い切るつもりであり、電車通勤の時間を使っての勉強はスタディングを取らなくても行うつもりでしたが、満員電車の中でもスマートフォンで手軽に勉強できるというコンセプトが非常に魅力的に感じ、受講を決意しました。

2.スタディングをどのように利用したか

通勤が電車で片道1時間程度であったので、その区間を利用して小村講師のインプット講義を視聴しました。

このインプット講義はスライドをふんだんに使用したもので頭に残りやすく、また小村講師の語り口調も平易でわかりやすく説明してくれるため、目からも耳からもインプットができます。

法科大学院時代に勉強した断片的で凝り固まった知識が氷解して有機的に結びついていき、「伸縮自在の、答案できちんと使える知識」に変化していくことが実感できました。

アウトプット講義は、仕事を終えた後や、休みの日に視聴していました。

講義を聴きながら参考答案を写経したり、声に出して読み上げることによって、法的三段論法の流れが身につき、実際の本試験で他の受験生に勝てるとまでは言わずとも、書き負けないくらいのペンの速さが身についたと思います。

3.スタディングが司法試験合格にどのように役立ったか

短答の対策に関していえば、自分がどの問題を間違えたかをきちんと記録に残してくれるので、教材を1周回したあとで、法体系全体の中で自分が法体系のどの部分に弱点を抱えているかが明確になりました。

今度はその弱点を集中的に対策することで、効率的に知識の穴を埋めることができたと思います。

最終合格した年には短答の得点も全体で8割近くまで伸び、スタディングのカリキュラムが短答に強いことが実証できたかと思います。

論文の対策に関していえば、いきなり本試験のような長大な問題文にあたるのではなく、まずは比較的短くて簡単な事例問題を、法的三段論法を用いて丁寧に解いていくというアプローチから始まりました。

簡単な問題から始まることに最初は不安を覚えましたが、結局の所司法試験も、こうした単純な問題に法的三段論法を用いて答えていくことの繰り返し、あるいはその発展型であるので、決して意味のない学習ではなく、むしろかえって合格への近道であるように感じました。

ただ、欲を言えば、実際に答案を書いて添削を受けられるというカリキュラムがあると、もっと良かったかと個人的には思います。

4.終わりに

スタディングの受講を検討される方は、多くが働きながら司法試験合格を目指す方であると思います。

そうした方は、インプット・アウトプットの時間を確保することに不安を抱えていらっしゃることがほとんどです。

スタディングは、そうした方でも十分司法試験に合格できるよう、どこまでの法律知識を教えるのか、そしてそれをどのような形で受験生に理解してもらうのかについて、徹底的に考え抜いて講座設計がされていると思います。

司法試験は「①高度な法律知識を使って②複雑な法律問題を③華麗に解くことで合格できる試験」ではありません。

「①法学部で習うレベルの法律知識を使って、②基本的な法律問題を、③制限時間内に(多少の粗があっても)一定程度のレベルの答えを出すことで合格できる試験」です。

その要求水準に、スタディングの講義は十分に応えてくれると思います。

SIさん
司法試験合格!

小村仁俊 小村講師からのコメント

SIさん、司法試験合格おめでとうございます!

スタディングの司法試験、予備試験講座は、まさに働きながら司法試験の合格が目指せるようにインプット量を可能な限り絞り込んでいます。また何でも覚えて対処するのではなく、少ない知識を応用することで十分合格答案は書けることを理解していただきたかったのです。

司法試験は、実は、多くの方が思うほど難しい試験ではありません。法律家になりたい!という強い気持ちさえあれば、正しい方向でコツコツと努力を続けれられれば、誰でも合格できる試験だと思います。

スタディングを利用して、働きながら司法試験に合格される方がもっともっと増えるようにこれからも精一杯努力して参ります。


小倉匡洋 小倉講師からのコメント

SIさん、司法試験合格おめでとうございます!

スタディングでは、大学や予備校でこれまであまり丁寧に説明してこなかった法的三段論法について、抽象論ではなく、実際に使いこなせる道具として、徹底的に指導することがコンセプトの一つです。そして、今回、SIさんが「法的三段論法の重要性」を真に理解していただけたのが合格の勝因と語っていただき、大変うれしく思います。

司法試験は、結局のところ、仰る通りに複雑な問題も解きほぐせば全て基本的な問題に帰結します。その基本的な問題を法的三段論法を用いて一つ一つ丁寧に解いていけば合格答案になります。

答案の書き方に悩んでいる方は、是非、スタディングの論文対策講座を利用していただければと思います。

初学者に最適な学習手段!
分かりやすく、記憶に残りやすい!

ネットで司法試験対策について検索していた際にスタディングの司法試験講座を知りました。受講料が圧倒的に安いことに驚きましたが、無料体験受講の講義を視聴したところ、とにかく分かりやすかったので、思い切って申し込みました。

スタディングの基本講座は、動画講義の画像とテキスト部分が一体となったような作りで、スマホだけでも受講できます。「さあ、勉強するぞ」と構える必要がなく、初学者の方が勉強を始めるとっかかりとして利用するのに最適な学習手段だと思います。

動画講義では、当事者の関係や法律論も図表で整理され、講義の進行とともに変化していきますので、とても分かりやすく、記憶に残りやすかったです。私の合格の原動力の一つとなった「基礎知識固め」は、スタディングの講座で支えられました。

私が短答に合格できたのは、まさにスタディングのおかげです。

ただ、司法試験に合格するには、「基礎知識を固める」だけでは足りず、「法律論を組み上げる力」も同時に求められます。特に論文試験では、法律論については唯一絶対的な正解の筋は無いわけですから、覚えることでは対処できず、自分の頭で考える力が試されます。

スタディングでも「論文対策講座」で初学者の方向けに「答案の基礎的な書き方」や「法律論の組み上げ方の基礎」を教えてはくれますが、正直に申し上げれば、合格に必要な演習量としては不十分だと思います。

とはいえ、司法試験に合格するためには、重厚長大で高額なインプット講座は不要です。スタディングの講座内容は、本当に重要な基礎知識だけに絞り込まれているので、インプット学習がいち早く終わります。その分、アウトプット対策に早く移行することできます。

アウトプット対策では、本試験過去問を素材に、優秀答案とボーダー付近の答案を見比べたり、出題趣旨や採点実感を考察したり、第三者に答案も見てもらったりして、「法律論を組み上げる力」を徹底的に磨いてください。

辛辣なことを書きましたが、合格したのは間違いなくスタディングの講座のおかげです。基礎はスタディングで支えられました。ありがとうございました。

YNさん
YNさん
司法試験合格!

小村仁俊 小村講師からのコメント

YNさん、司法試験合格おめでとうございます!

スタディングの司法試験、予備試験講座は、初学者の方を対象に、知識ゼロからでも無理なく学べることを目指して開発しました。初学者の方が混乱しそうなところは、図表は図解も豊富に用いて、分かりやすくなるようにいろいろと工夫を凝らしています。分かりやすかった、記憶に残りやすかった、との声をいただけ、本当にうれしく思います。

ただ、ご指摘の通り、スタディングの講座は、最小限の知識量に絞り込んでいますが、YNさんがご受講時の講座では、論証例や答案例等が不十分であったことは否めません。

今は、判例論証講座の新規開講をはじめ、論文対策講座についても拡張が行われております。今後は、合格者として、いろいろとアドバイスをいただけましたら幸いです。


小倉匡洋 小倉講師からのコメント

YNさん、司法試験合格おめでとうございます!

スタディングでインプットを短期間で終わらせ、できる限り早くアウトプット対策に移行された点が勝因だと思います。司法試験、予備試験の合格はアウトプット力で決まります。必要最小限の知識に絞り込んでいち早く受講を終えられるスタディングのような講座が今の司法試験、予備試験に適しています。

とはいえ、論文の演習量が足りないとのご指摘は謙虚に受け止めさせていただきます。YNさんがご受講時に比べ、今の論文講座は、予備試験対策については問題数・答案数を増やしておりますが、まだまだこれからです。

ご指摘を踏まえ、スタディングの論文対策講座をさらに強化すべく今後も開発を続けて参ります!
短期合格者セミナーと基礎講座体験版を見る

※短期合格セミナー「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」+オンライン講座説明会
※基本講座体験版では下記を期間無制限、無料でご利用いただけます。
・「憲法5 憲法総論(4) 」「合格特別講義1-学習方法について(1)」ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問題集付き
・論文対策講座初回版「合格答案の書き方1」 ビデオ/音声講座、問題、参考答案付き

論文対策指導は本物だった。
法的三段論法に即した書き方をここまで具体的に教えてくれるところは他にない。

司法試験が他の資格試験と大きく異なる特徴は、大量の論文式試験があることです。2~3時間と限られた時間の中で事案を分析したうえで、ある程度内容のまとまった8通の答案を揃えるという部分に司法試験の難しさがあると思います。

司法試験の出題趣旨・採点実感では、法的三段論法に則った論述をしていなければ高い評価をすることができないと記述されています。しかし、大学や法科大学院の授業ではどのような書き方をすれば法的三段論法に則った論述となるのかということを教えてくれることはまずありません。また、予備校でも基本的知識について教えてくれる講座を開設していても、書き方について教えてくれないという場合があります。

通勤講座(現・スタディング)では、基本講座において7科目の基本的知識を学習することができるとともに、論文対策講座において答案の書き方を教えてくれます。そもそも法的三段論法とは何なのかというところから始まり、それぞれ7科目につき比較的短く簡単な事例問題を使用しながら法的三段論法に則った論述で解答するとどうなるかということを丁寧に教えてくれます各事例問題には先生が作成した参考答案があるため、どういう答案を書けば良いかということをイメージしながら受講することができます。

基本講座や大学・法科大学院で各科目のインプットを1周させた(またはその途中の)初学者の方は、論文対策講座に挙がっている問題についてまずは参考答案を見ずに答案を作成してみてください。そうすると、(自分が分かっている論点であっても)思った以上に書けないということを体験する方がほとんどだと思います。その場合には、参考答案を写経してみることをお勧めします。参考答案を写経することで自分の中でどのような答案を書けば良いのかということを感じることができると思います。

また、インプットを十分に行っており、法的三段論法等の書き方も大丈夫だという方も、論文対策講座は比較的簡単な事例問題であることから軽く答案構成をして講座を倍速で聞く等、短時間で書き方をチェックすることができます。私も、今年の受験直前である2~4月頃に自分の書き方は間違っていないかというチェックに利用していました。ネットをつなげばどこでも視聴することができるため、寝る前にチラッと見る等、気分転換にはちょうど良かったと思います。

司法試験の勉強はインプット・アウトプットを繰り返し行うことで徐々に進歩していくものだと思うので、現在学習を進めている方はそれを意識しながらコツコツとやっていってください。

寺沢駿平
寺沢 駿平さん
司法試験合格!

小村仁俊 小村講師からのコメント

寺沢駿平さん、司法試験合格おめでとうございます!

仰る通り、司法試験の難しさは論文式試験にあります。知識をインプットして、それを試験現場でそのままアウトプットできれば合格・・・とならないところに、司法試験の本当の難しさがあります。

他方で、同じ知識量でも、答案の書き方を変えれば、半年で不合格から逆転上位合格も可能な試験なのです。

司法試験はアウトプットの仕方、特に論文式試験の答案の書き方を実践的に学び、何度も練習して身に着けることが最も重要です。そのためには、インプットする知識量をできる限り絞り込み短期間で終わらせ、いち早くアウトプット練習に移行する、これがスタディングの講座の基本コンセプトです。

このスタディングの講座の基本コンセプトは正しかったことが、寺沢様の司法試験合格で実証されたことを本当にうれしく思います。


小倉匡洋 小倉講師からのコメント

寺沢駿平さん、司法試験合格おめでとうございます!

私が書き下ろした答案を写経していただいたことが合格につながったとのこと。そのお言葉、本当に講師冥利に尽きます。

私自身、これまで多くの受験生を指導してきて、答案を上手く書けないと悩む受験生が具体的にどこで躓いているのか、たくさん見させていただきました。

その経験を踏まえて、本当に「書けるようになる」ための論文対策講座として、スタディングの講座を開発しました。講座では、一人で学習している方であっても、論文ゼミに参加しているのと同等の効果が得られるように、実践例を豊富に示しております。

私たちの講座が寺沢様の合格にお役に立てましたこと、本当にありがたく思います。
短期合格者セミナーと基礎講座体験版を見る

※短期合格セミナー「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」+オンライン講座説明会
※基本講座体験版では下記を期間無制限、無料でご利用いただけます。
・「憲法5 憲法総論(4) 」「合格特別講義1-学習方法について(1)」ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問題集付き
・論文対策講座初回版「合格答案の書き方1」 ビデオ/音声講座、問題、参考答案付き

知識のインプットを最小限に絞り込め、多量のアウトプットが可能に。
事例問題の対処法や手厚い答案指導のおかげで司法試験合格できました!

司法試験の出題範囲は、ほぼ無限とも思えるくらいに広いものであるため、出題可能性のあるあらゆる知識を網羅することは極めて困難です。そのため、知識の習得は必要な一定範囲に留め、事例問題をどう対応すればより高い点が得られるかを学ぶために、私は通勤講座(現・スタディング)を受講しました。

ロースクールへは自転車通学だったため、通学中には通勤講座で勉強することが出来ませんでした。しかし、通常であれば教材や資料を広げられないタイミングでも、通勤講座(現・スタディング)ならスマホで完結した勉強をすることが出来ます。私は、主に入浴中・食事中等に受講し、時間を有効に活用しました。

実際に通勤講座(現・スタディング)を受講してみると、論文対策コースの小倉先生の指導は、私にとって大変有益なものでした。

まず、出題趣旨・採点実感を多数織り込みながらの問題分析は、迷宮に入り込んでしまいがちな司法試験において、ひとつの道標となりました。

次に、事前準備したものでは上手く対応できない問題に直面したとき、何を取っ掛かりに対応すれば合格しやすい答案を作成し得るのかについて、多くの視点を提示して貰えました。これにより、本番での対応が楽になりました。

そして、合格答案の省略されている部分を意識させて下さった点も有益でした。合格者は、当然理解しているようなことでも、より高い配点の期待できる部分に注力するために、上手な省略をすることがあります。このような合格者の工夫は、答案上省略されているので、知らずに答案を読んでも気づき辛い部分です。具体的な指摘を受けたことで、これに注意しながら合格答案を分析することが出来るようになりました。

これらを通じて、合格答案の見方や相場観を養えました。これにより、事例問題にどう対応すればより高い点が得られるかを学べました

もちろん、全く知識や理解がなければ、当該事案の問題点に気づくこともできず、適切な処理をすることができません。この知識や理解の習得については、基礎コースの小村先生が知識や理解の重要部分を分かりやすく整理して下さっていました

知識の習得には、①インプットを何度も繰り返すこと、②アウトプットで間違えた問題を何度も復習することが王道だと思います。そして、①コンパクトに纏め上げられた基礎コースは、範囲を一周する時間が比較的短い点で、インプットを何度も繰り返し易いといえます。また、②基礎コースは、講義内容の範囲に該当する短答問題に対し、直ぐにアクセスして取り組める作りになっています。ここで間違えた問題は、前回間違えた問題として蓄積され復習出来ます。そのため、基礎コースは、アウトプットにより間違えた問題を何度も復習し易いといえます。

このように、基礎コースは、適切な処理をするための前提となる知識や理解の習得に適していました。

私は、この講座で学んだことを本番でも実践できるようにするため、問題演習を大量に行いました。このとき、新・旧司法試験、予備試験の過去問等を用いて、出題趣旨・採点実感と乖離し過ぎていないか等、より高い点が得られる対応を突き詰めて勉強しました。その結果、司法試験に合格することが出来ました。ありがとうございました。

HSさん
司法試験合格!

小村仁俊 小村講師からのコメント

HSさん、司法試験合格おめでとうございます!

司法試験対策でもっとも重要な視点、すなわち知識のインプットを最小限に絞り込み、早期にアウトプット練習に移行して、事例問題への対応方法を練習する、そのことに気付かれ、スタディングの講座をご受講いただき合格されたのは本当にお見事です!

受験生の中には、スタディングの講座のボリュームの少なさに、たったこれだけで司法試験に合格できるのか?と思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、勉強範囲が広くなると最初のころに学習した内容は忘れてしまいます。範囲が広いと2週目、3週目の繰り返し学習にさらに時間がかかります。そして、インプット期間が長くなればアウトプット練習への移行が遅くなり、その分合格も遅くなります。

だからこそ、私たちは、スタディングの講座が合格に必要最小限のミニマムなカリキュラムとなるように開発しました。
合格に本当に必要な最少範囲か、無理なく学習して身に着けられる範囲か、答案に現実に書き切れる範囲か、を常に厳しくチェックしながら、本当の意味で戦闘力が高いものを開発しました。

HSさんの合格体験談には司法試験短期合格の極意が端的に書き込まれています。貴重な体験記をいただきありがとうございます!


小倉匡洋 小倉講師からのコメント

HSさん、司法試験合格おめでとうございます!

私の講義は、答案の書かれざる行間をできる限り言語化する、ことを心がけています。
少ししゃべりすぎかなと自分でも思うこともありますが、HSさんの体験記を拝見し、私の思いがきちんと伝わったことが本当にうれしく思います。

司法試験の論文式試験は模範答案例を暗記しても同じように答案は書けるようになりません。問題文の何に気づき、何を思い出し、どう考え、どのように書くか(あえて書かないのか)という合格答案を書くためのフレームワークやスキル、ノウハウを学び取らなくては書けるようにはなりません。ある意味で野球やサッカーの指導と練習に近いものがあります。
スタディングの講座では、答案に書かれざる思考過程を講義で言語化し、皆さんに追体験してもらうことで、自身の経験として血肉化していただく、そのような思いで日々講座を開発しております。

この度のHSさんの合格体験記は、私どもの大いなる励みになりました。
これからもより実践的な講座を提供して参ります。
短期合格者セミナーと基礎講座体験版を見る

※短期合格セミナー「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」+オンライン講座説明会
※基本講座体験版では下記を期間無制限、無料でご利用いただけます。
・「憲法5 憲法総論(4) 」「合格特別講義1-学習方法について(1)」ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問題集付き
・論文対策講座初回版「合格答案の書き方1」 ビデオ/音声講座、問題、参考答案付き

働きながら司法試験に合格!
通勤時間での学習で、最小限の知識から合格答案を書くノウハウをしっかり学んで合格!

昨年の夏から、往復90分前後の通勤時間を主に利用して司法試験通勤講座(現・スタディング)を受講しました。働きながらのため、その他の勉強時間を加えても平日は2、3時間程度、休日は家族サービスもあり直前期を除いて勉強時間はほぼゼロでした。

そんな私でも、通勤講座(現・スタディング)はミニマムなカリキュラムのため、倍速視聴機能も利用して3回ほど繰り返し受講できました。司法試験の問題は、一度解いたものであっても、出題範囲全体を一周してからもう一度解くと、再度同じミスをすることが多々あります。繰り返し受講することでミスを減らしていくことができたことが、合格につながったと思います。

私もそうでしたが働きながら学習する方は、勉強時間をあまり確保できないため知識を思うように増やせないという悩みを抱えると思います。通勤講座(現・スタディング)では、講師の先生が、講義中に「問題文から規範を導く方法」等、知識に頼らない方法や、「ここまで知識として押さえておく必要はない」と仰って安心感を与えてくださったのが有難かったです。

また、講師の先生が作成される解答例は、「平均的な受験生が試験時間内で現実に書けるもの」であったのが良かったです。今、合格して実感するのは、合格答案として求められるのは「端的に問われていることだけに最小限の知識で答える答案」だと思います。司法試験は問題文が複雑なため、答案では、いかに論点を整理し、どれだけ簡潔かつ平易な文章でまとめ上げられるかが合否を分けるポイントだと思います。そのお手本として、通勤講座(現・スタディング)の答案例は大いに参考になりました

来年の司法試験合格を目指す方で、通勤時間等のコマ切れの勉強時間しか確保できない方はもちろんですが、特に答案の書き方に悩んでいる多くの受験生にとっても、この通勤講座(現・スタディング)はお勧めできます。

ぜひ、来年は皆さんも通勤講座(現・スタディング)で合格してください!

RTさん
司法試験合格!
小村仁俊 小村講師からのコメント

RTさん、司法試験合格おめでとうございます!

働きながらで思うように勉強時間が確保できない中、ミニマムなインプットと繰り返し学習で、見事、法律系最高峰の司法試験に合格されたことは多くの受験生を勇気づけると思います。

私たちが設計・開発したスタディングの講座がRTさんの合格のお役に立つことができ、主任講師としてうれしい限りです。

スタディングの講座は、試験によく出るところを効率的に学べるように構成しています。早いサイクルで反復学習することができますので、繰り返し学ぶことで試験に通用する力を着実に身につけることができると思います。

今後は、司法試験に合格された経験を生かして、よりいっそうご活躍頂ければ幸いです。今後ともよろしくお願いします!


小倉匡洋 小倉講師からのコメント

RTさん、司法試験合格おめでとうございます!

司法試験に合格するために本当に必要な知識は、実は、多くの受験生が思うほど多くありません。
他方で、どれほど時間をかけて知識をインプットしても、例えば100万近くする300時間、400時間もかかるような入門、基礎講座を受講しても、試験では知らないことが必ず問われます。

大事なのは、コアとなる最小限の知識を、ミニマムなカリキュラムで、短期間で何度も反復すること。
そして、試験現場で、未知の問題でもコアとなる知識を応用して解き切る実践的な思考力を磨くことです。

私たちの講座開発のコンセプトが司法試験でも通用することを、RTさんの合格で実証していただいたことに心より御礼申し上げます。
短期合格者セミナーと基礎講座体験版を見る

※短期合格セミナー「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」+オンライン講座説明会
※基本講座体験版では下記を期間無制限、無料でご利用いただけます。
・「憲法5 憲法総論(4) 」「合格特別講義1-学習方法について(1)」ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問題集付き
・論文対策講座初回版「合格答案の書き方1」 ビデオ/音声講座、問題、参考答案付き