なぜ、予備試験合格者の司法試験合格率が高いのか?

司法試験ルート・予備試験ルートに例えられた二本の線路

クエスチョンマーク 36歳の会社員です。毎日片道1時間半の通勤で毎日会社に通っています。しかし中学生の頃からの夢だった弁護士を諦めきれず、司法試験を受験しようと思っています。金銭的な蓄えは少しあるので法科大学院に進むことも考えていますが、やはり予備試験ルートよりも合格しにくいでしょうか?また、今からでも予備試験の対策は間に合うでしょうか?
アンサーマーク 司法試験の合格率を考えるなら、圧倒的に予備試験ルートが有利です。予備試験の合格には年単位での集中的な対策を要しますが、自分の学習スタイルに合った予備校を選ぶなどすれば、短期合格が不可能ということはないです。


両ルートでの司法試験合格率はどう違う?

2018年司法試験法科大学院別合格率ランキング(※1)

順位 出身法科大学院 合格者数 合格率
1位 予備試験合格者 336人 77.6%
2位 東北学院大学法科大学院 3人 60.0%
3位
一橋大学法科大学院 72人 59.5%
4位
京都大学法科大学院 128人 59.3%
5位
東京大学法科大学院 121人 48.0%
6位 神戸大学法科大学院
51人
39.5%
7位 慶應義塾大法科大学院
118人
39.2%
8位
大阪大学法科大学院
50人
37.6%
9位 早稲田大法科大学院
110人
36.5%
10位 九州大学法科大学院
29人
33.3%


2017年司法試験法科大学院別合格率ランキング(※2)

順位 出身法科大学院 合格者数 合格率
1位 予備試験合格者 280人 72.5%
2位 京都大学法科大学院 111人 50.0%
3位
一橋大学法科大学院 60人 49.6%
4位
東京大学法科大学院 134人 49.4%
5位
慶應義塾大学法科大学院 144人 45.4%
6位 大阪大法科大学院
66人
40.7%
7位 神戸大法科大学院
55人
38.7%
8位
愛知大法科大学院
4人
30.8%
9位 早稲田大法科大学院
102人
29.4%
10位 首都大東京法科大学院
31人
27.0%


2016年司法試験法科大学院別合格率ランキング(※3)

順位 出身法科大学院 合格者数 合格率
1位 予備試験合格者 235人 61.5%
2位 一橋大法科大学院
63人 49.6%
3位
東京大法科大学院
137人 48.1%
4位
京都大法科大学院
105人 47.3%
5位
慶應義塾大法科大学院
155人 44.3%
6位 早稲田大法科大学院
152人
35.8%
7位 神戸大法科大学院
41人
32.3%
8位
中央大法科大学院
136人
29.4%
9位 九州大法科大学院
36人
28.80%
10位 大阪大法科大学院
42人
26.75%


2015年司法試験法科大学院別合格率ランキング(※4)

順位 出身法科大学院 合格者数 合格率
1位 予備試験合格者 186人 61.8%
2位 一橋大法科大学院
79
55.6%
3位
京都大法科大学院
128
53.3%
4位
東京大法科大学院
149
48.9%
5位
神戸大法科大学院
72
48.3%
6位 慶應義塾大法科大学院
158
45.5%
7位 愛知大法科大学院
8
36.4%
8位
中央大法科大学院
170
35.8%
9位 早稲田大法科大学院
145
30.8%
10位 大阪大法科大学院
48
29.1%


過去3年間の成績を見ると、法科大学院の合格率が予備試験合格者の合格率を越えたことはありません。
また、予備試験合格者は実に2人に1人が司法試験に合格しています。
予備試験合格者の司法試験の高い合格率は、いったい何によってもたらされているのでしょうか。

★無料動画で試験の仕組みと短期合格のコツを学ぶ

なぜ予備試験合格者の司法試験合格率が高いのか?

予備試験自体の難易度が高いから

予備試験の最終合格率は例年3%前後で推移しており、非常に難関の試験とされています。

突破すること自体が難関である予備試験の合格者ですから、司法試験に合格するための能力については十分に担保がされているというわけです。もっとも、これはあくまで数字を見た上での結果論なので、より実質的な理由を考える必要があります。

予備試験、司法試験では、試験・採点形式の類似性

予備試験は試験制度が司法試験と非常に似た設計になっています。短答式・論述式の試験を課す点や、論文式試験の採点が相対評価である点も司法試験と同じです。そのため、予備試験合格者にとって司法試験は予備試験の延長線上にある存在であり、特別な対策を要さずともそのまま合格してしまうことが多いのです。このことも、予備試験合格者の司法試験合格率が高い理由の1つといえるでしょう。

【予備試験と司法試験、両試験制度の共通点】
・短答式と論文式の試験形式(口述式は予備試験のみ)
・論文式の採点が相対評価であり、みんなが出来なかったところが出来なくてもあまり痛手にはならない

若年受験生の知識吸収力の高さ

平成29年予備試験合格者の内訳(※4)を見ると、大学在学中の合格者が比較的多数を占めています。

大学生というのは一般的に大学受験を終えたばかりで知識の吸収力が高く、長い論証や判例の規範もすんなり覚えてしまう傾向にあります。特に予備試験は短答式試験の科目が司法試験に比べて多く、純粋に知識量が試される部分も大きいので、知識吸収力というアドバンテージを活かすことのできる若年受験生の合格者が多いといえます。

そのような若い予備試験合格者が、司法試験にもそのまま合格していると考えれば、予備試験の高い合格率にも納得がいきます。
もっとも、社会人にとって予備試験が合格しにくい試験かといえば、必ずしもそうではありません。法律の知識は繰り返しの反復学習によって身についていくものです。毎日決まった生活リズムを守れる社会人受験生は勉強をすぐに習慣化できるので、大学生に知識量で追いつくことはさほど難しいことではないのです。

★無料動画で試験の仕組みと短期合格のコツを学ぶ

まとめ 予備試験合格が司法試験合格の近道!

以上からすれば、これから司法試験を受験するという方にとって、予備試験を受験しない手はない、ということが言えると思います。
実際に、法科大学院生の中にも在学中に予備試験を受験し、合格して他の大学院生より一足早く司法試験を受験する方も多くいます。
予備試験自体は非常に少ない人数しか合格しませんが、20歳で合格する人もいるなど、必ずしも絶対的な勉強量だけが合否を決めるものではありません。特に社会人受験生にとっては、自分の生活スタイルの中に勉強をすんなりと組み込んでいくことが出来れば、予備試験合格は決して夢ではありません。
自分の生活スタイルにあった予備校を選んで、効率的に合格していくのが、法曹への近道といえそうです。

平成30年(2018年)司法試験の短答式試験の試験結果が発表

今年も予備試験合格者は圧倒的な短答合格率でした。詳しくはこちらをごらんください。



【参考】

※1 平成30年司法試験法大学院別合格者数等(法務省ホームページ)
※2 平成29年司法試験法大学院別合格者数等(法務省ホームページ)
※3 平成28年司法試験法大学院別合格者数等(法務省ホームページ)
※4 平成27年司法試験法大学院別合格者数等(法務省ホームページ)
※5 平成29年司法試験予備試験口述試験(最終)結果・参考情報(法務省ホームページ)

合否を分けるのは、
勉強の「量」ではなく
「やり方
」の差

司法試験合格
5つのルール
を無料公開!

無料セミナーと冊子の無料ダウンロード
会員登録(無料)特典

・短期合格セミナー「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」配信中!

・ダウンロード冊子「学習スタートガイドー試験攻略ポイントと短期合格者の勝ちパターン」プレゼント中!




無料基本講座
無料動画講座

・基本講座体験版「憲法9 人権各論(1) 」、「合格特別講義1-学習方法について(1)」 ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集付き

・論文対策講座初回版「合格答案の書き方1」 ビデオ/音声講座、問題、参考答案付き!

スタディングを無料で試してみる

短期で効率的に実力アップ