司法試験・予備試験 コース一覧

★コース一覧比較表
コース選びにお悩みの際にご利用ください。

※受講料にはWEBテキスト(検索・メモ機能あり)の代金も含まれます。
予備試験合格コース(基礎)[2022年+2023年試験対応]
基礎知識インプットと短答対策をセット
一括 89,100
分割例 月々 3,900円 × 24回から  
予備試験ルートで司法試験合格を目指すコースです。法律を初めて学習する方を対象にゼロから基礎知識のインプットと短答対策を行います。詳細はこちら
予備試験合格コース(総合)[2022年+2023年試験対応]

最も人気

基礎知識、短答対策に加え、実務基礎と論文対策もセット
一括 134,200
分割例 月々 5,900円 × 24回から  
予備試験から司法試験を目指す方のためのオールインワンコースです。基礎知識のインプットと短答対策に加え、予備試験独自の実務基礎科目対策や論文対策講座がセットになっています。詳細はこちら
法科大学院生のための司法試験合格コース総合[2022年試験対応]
基礎学習から短答式・論文式対策を学べるセットコース
一括 119,900
分割例 月々 5,300円 × 24回から  
法科大学院生のための司法試験対策コースです。基礎学習から短答式対策、論文式対策を着実に学ぶことができるため、司法試験対策を初めて行う方に最適なコースです。詳細はこちら
書ける!判例論証講座

基礎の復習と論文対策の補強に

書ける!判例論証講座[2022年試験対応]

判例の立場で答案をスラスラ書けるようになりたい」という多くの受験生の願いを叶えるために開発した講座です。詳細はこちら
憲民刑3科目一括 定価54,780円
行政商訴4科目一括 定価54,780円
7科目一括 定価87,450円

▼司法試験・予備試験の基本講座を受講している方はお得!
基本講座受講者割引
例:7科目一括 87,450円 76,450円
お申込みはこちら

スタディング 司法試験・予備試験対策講座

2022年予備試験論文対策コース

コース定価 ¥76,780

予備試験の論文式試験対策として、まずは、論文科目である実務基礎科目の基礎知識インプットを行い、次に論文の書き方の基礎を学び、最後に実践的な答案作成スキルを習得するコースです。

詳細はこちら

スタディング司法試験・予備試験講座更新版ご案内

更新版 再受講者割引申込

以前の司法試験・予備試験講座をご購入された方を対象に、新しい年度版の講座を大変お得な価格でお申込みできる制度です。更新版に含まれる内容は通常版と全く同一で、必要に応じて、法改正や最新の試験傾向対策、直近過去問を収録するなど内容が更新されていきます。

詳細はこちら

2022年試験対応版・合格コース

2022年試験対応版・対策コース

スタディング安さの秘密

圧倒的な低価格を実現

スタディングの安さの秘密は、従来の一般的な資格学校・通信講座でかかっていた「合格に関係ない事にかかるコスト」を極限まで削減したことにあります。さらに、スタディングでは、ITを活用した、革新的な学習システム・運営システムを開発した結果、運営コストを大幅に削減することができました。その結果、圧倒的な低価格が実現できたのです。

さらに、これにより「合格するのに重要なコスト」に資源を集中できることになったため、他校の講座よりも「学びやすく、わかりやすく、続けやすい」講座を低価格で提供できるようになりました。

※同種の資格講座を提供している業者のうち、当社が販売開始時点で調査した範囲での比較