平成30年(2018年)司法試験 短答結果発表!

司法試験 試験情報
※ 令和元年(2019年)の司法試験・短答式試験の結果発表はこちらをごらんください。

2018年司法試験短答試験結果概要

・受験者数 5,238人(昨年5,967人)

・合格者数 3,669人(昨年3,937人)

・対受験者合格率 70.05%(昨年65.98%)

・合格点 108点/得点率61.7%(昨年108点/得点率61.7%)

・受験者全体平均点 116.8点/得点率66.7%(昨年113.8点/得点率65.0%)

・短答合格者平均点 128.1点/得点率73.2%(昨年125.4点/得点率71.1%)

平成30年(2018年)司法試験の短答式試験の試験結果が発表されました。
今年の受験者平均点は昨年から3点アップしましたが、合格点は昨年と同じ108点に据え置かれました。
合格者数は3,669人、合格率は8年ぶりに70.0%の大台に乗りました。
短答合格者については、論文の答案が採点され、短答得点と論文得点の双方で総合評価して、最終合格の判定が行われます。
最終合格発表は9月11日(火)です。


科目別最低ライン未満

・憲法94人(昨年憲法222人)
・民法375人(昨年民法303人)
・刑法159人(昨年刑法193人)
・最低ライン未満頭数合計485人(昨年510人)

短答式試験は、民法75点、憲法50点、刑法50点の合計175点満点です。
1科目でも40%未満の点数を取ってしまうと、合計点で合格点をクリアできても不合格となります。
最低ラインは、民法30点、憲法20点、刑法20点です。
短答が不合格の場合、論文式試験の答案の採点は行われません。


受験資格別・短答合格率

・法科大学院出身者 67.4%(昨年63.7%)
・予備試験合格者 99.5%(昨年98.3%)


短答合格者数 法科大学院トップ10

予備試験合格、法科大学院別の合格者数ランキング

人数順 法科大学院名 合格者数
1位 予備試験合格者 431人
2位 中央大学 296人
3位 早稲田大学 244人
4位
慶應義塾大学 240人
5位
東京大学 199人
6位
京都大学 192人
7位
明治大学 122人
8位
一橋大学 105人
9位
神戸大学 97人
10位 大阪大学 94人


短答合格率 法科大学院トップ10

予備試験合格、法科大学院別の合格率ランキング

合格率順 法科大学院名 合格率
1位 予備試験合格者 99.5%
2位 京都大学 88.9%
3位 一橋大学 86.8%
4位 早稲田大学 81.1%
5位 東北学院大学 80.0%
5位 東洋大学 80.0%
7位 慶應義塾大学 79.7%
8位 東京大学 79.0%
9位 東北大学 76.4%
10位 九州大学 75.9%


参考(過去の司法試験短答試験結果一覧)

受験者数 合格者数 合格率
2006年 第1回 2,091人 1,684人 80.5%
2007年 第2回 4,607人 3,479人 75.5%
2008年 第3回 6,261人 4,654人 74.3%
2009年 第4回 7,392人 5,055人 68.4%
2010年 第5回 8,163人 5,773人 70.7%
2011年 第6回 8,765人 5,654人 64.5%
2012年 第7回 8,387人 5,339人 63.7%
2013年 第8回 7,653人 5,259人 68.7%
2014年 第9回 8,015人 5,080人 63.4%
2015年 第10回 8,016人 5,308人 66.2%
2016年 第11回 6,899人 4,621人 67.0%
2017年 第12回 5,967人 3,937人 66.0%
2018年 第13回 5,238人 3,669人 70.0%


詳細は、法務省のホームページをご覧ください。

平成30年司法試験短答式試験結果について

合否を分けるのは、
勉強の「量」ではなく
「やり方
」の差

司法試験合格
5つのルール
を無料公開!

無料セミナーと冊子の無料ダウンロード
会員登録(無料)特典

・短期合格セミナー「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」配信中!

・ダウンロード冊子「学習スタートガイドー試験攻略ポイントと短期合格者の勝ちパターン」プレゼント中!




無料基本講座
無料動画講座

・基本講座体験版「憲法9 人権各論(1) 」、「合格特別講義1-学習方法について(1)」 ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集付き

・論文対策講座初回版「合格答案の書き方1」 ビデオ/音声講座、問題、参考答案付き!

スタディングを無料で試してみる

短期で効率的に実力アップ