AI問題復習とは? 宅建士講座でのおすすめ活用法を解説!

スタディングのAI問題復習は、2022年にリリースされた新機能です。

AIが個人の理解度に合わせて、最適なタイミングで「今日の復習問題」を出題します。

ここでは、宅建士講座でのおすすめ活用法を具体的にご紹介します。

目次

AI問題復習とは?

宅建試験の勉強に活かす!3つのおすすめ活用法

まとめ


★関連ページ:宅建の「わからない」をすぐに解決! AI検索の使い方


AI問題復習とは?

◆復習タイミングをAIにお任せ!

スタディングのAI問題復習は、問題ごとに個人の理解度に合わせて、AIが復習する日を自動で決めてくれる機能です。

宅建の勉強中、「なかなか覚えられない」「一度学習したのに忘れてしまった…」といった悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そもそも、人間は一度覚えたことでも、時間が経つと忘れてしまいます。そのため、試験に合格するためには、繰り返し復習して「忘れない知識」として定着させる必要があります。

そこでスタディングでは、AIが忘れる直前に、「本日の復習問題」として出題する、AI問題復習機能を搭載しています。


▼AI問題復習のスタート画面


AI問題復習は、AIがあなたが復習したほうが良い問題を、毎日自動でピックアップします。

そのため、問題を復習することは重要だとわかっていても、復習スケジュールを立てたり、間違えた問題を自分で管理することが大変という問題も解消されます。いつ、どの問題を解き直すかを考えなくていいので、その分の勉強時間を問題練習に充てることができます。

仕事や家事との両立でお忙しい社会人の方の学習に、ぜひ活用いただきたい機能です。


◆復習を個人に最適化するしくみ

スタディングのAI問題復習は、「時間が経つと忘れてしまう」という人間の性質を利用し、復習に最適なタイミングで問題を出題します。

最適なタイミングをどのように決めているかというと、AI問題復習では、受講生ごと、問題ごとに「理解度(現在どれぐらい確実に覚えているかを表す数値)」を記録しています。


理解度は、個人の解答結果(正解だったか、不正解だったか)と、自己評価(正解した場合でも、難しいと感じたか、簡単と感じたか)によって変動していきます。AI問題復習は、この理解度をもとに復習スケジュールを組んでいきます。


例えば、ある問題に正解すると、「理解度」はプラスされ、理解度が高い問題は出題される時間の間隔が長くなっていきます。

反対に問題を間違えると理解度」はマイナスされ短い間隔で、繰り返し出題されるようになるため、しっかりと覚えることができます。

宅建試験の勉強においても、「人間は学習したことを忘れてしまう」ことを前提にして復習を繰り返しながら、試験日までに着実に知識を身につけていく学習プランが有効です。

日々の学習にAI問題復習を取り入れることで、ぜひ復習を自動化・最適化してみてください。

★関連ページ:AI問題復習ガイドはこちら


宅建試験の勉強に活かす!3つのおすすめ活用法

次に、スタディングの宅建士講座における、AI問題復習の3つの活用法をご紹介します。

宅建試験に向けた学習の進め方は、個人の学習状況や日々の生活スタイル、好みによっても変わってきます。
早めにご自身に合った学習の進め方を見つけて、日常に取り入れることができると、無理なく学習を継続できます。
今後の学習計画のご参考にされてください。

◆おすすめ活用法①:毎日の復習に使う

【こんな方におすすめ】

  • スキマ時間を有効活用したい方
  • 毎日コツコツ、知識を積み上げたい方

AI問題復習の始め方は、簡単です。

マイページ(スタディングの学習ページ)上で、以下のもしくはからスタート画面を表示できます。

AI問題復習では、過去に解いたスマート問題集・セレクト過去問集の問題から、「今日の復習問題」が出題されます。

「問題復習を開始する」を選ぶと、すぐに問題練習を始められます。

※スマートフォンの画面でご紹介いたします。


いつでも「一時中断」や「再開」ができるので、電車の中やちょっとした空き時間にも、復習に取り組むことができます。


理解度、出題数、出題間隔についての設定も、各自の学習状況に合わせて変更できます。

例えば、最初は1日あたりの最大出題数は100問に設定されています。

少しずつ進めたい場合は「50問」に変更したり、復習に時間をかけられる時には最大500問まで増やすことができますので、ご自身が学習しやすい設定でご活用いただけます。

◆おすすめ活用法②:苦手の克服に使う

【こんな方におすすめ】

  • 初めて宅建の勉強をする方
  • 短期合格を目指す方


初学者の方によくある失敗例として、最初から完璧に知識を吸収しようとして、なかなか学習が進まず挫折してしまうということがあります。

スタディングの宅建士講座では、学習順を迷わないよう、インプット学習とアウトプット学習が効率よく進められる「学習フロー」が設定されています。
初めて宅建の学習をされる場合は、まずはこの「学習フロー」に沿って、基本講座(動画・テキスト)➡スマート問題集、そしてテーマごとにセレクト問題集を解いていただくことをおすすめしています。

宅建試験合格レベルの知識を身につけるためには、繰り返し学習することが欠かせません。
最初の1周目は、「学習フロー」に沿って学習を前に進めることを優先すると、試験全体の出題傾向をつかむことができます。
次に2周目の学習として、AI問題復習を活用し、間違えた問題について関連する講義やテキストを復習すると、わからない箇所や知識が曖昧な箇所を着実に学習していくことができます。

「AI問題復習を解く」➡「間違えた問題の関連講義やテキストを復習する」という流れで進めると、苦手な箇所だけ集中して対策できるため効率的です。

そのため、短期合格を目指したい方が、短期間で効率よく復習するためにも有効です。

◆おすすめ活用法③:試験直前の追い込みに使う

【こんな方におすすめ】

  • 試験前の総仕上げをしたい方
  • 再チャレンジされる方

AI問題復習には、自分で復習する問題の条件を指定できる「カスタムモード」という機能が付いています。

カスタムモードでは、前回間違えた問題や要復習にチェックした問題などを、手動で選択して復習することができます。

また、問題練習する範囲を、科目や気になるテーマから絞り込んで復習することができます。

出題の順番や、問題数も設定でき、ご自身が勉強したい内容に絞って問題を解くことができますので、試験直前期など限られた時間のなかで、優先順位をつけて復習したいときに便利です。

これまでに宅建の学習経験があり、試験に再チャレンジされる場合にも「カスタムモード」はおすすめです。

試験に合格するためには、得点力アップが欠かせません。そして得点力を上げるには、苦手の克服が重要です。
カスタムモードを使って、前回間違えた問題や要復習にチェックした問題だけを選んでまとめて復習することや、苦手な分野だけを集中して取り組むことができますので、解ける問題を着実に増やしていくことができます。


◆2022年度宅建合格者の体験談

スタディングの受講生で、2022年度の宅建試験に見事合格された方の体験談より、AI問題復習のご感想の一部をご紹介させていただきます。

計画することが苦手な自分に合っていた
復習すべきところを自分で考えなくてもAIが復習問題を出題してくれるのが計画することが苦手な自分にはとても合っていました。AIが出してくる問題をとにかく片付けようと必死になって演習したことで知識が定着できたように思います。(2022年合格 ほわりほわ子さん)

苦手な問題を効率よく復習できた
スタディングのAI問題復習は、なかなか頭に入らない苦手問題を効率よく復習させてくれるので非常に助かりました。(2022年合格 まつさん)

合格水準に達するまで過去問を解いた
AI問題復習を使うことで、自分が合格までにどの部分が足りないかを明確化し、とにかく合格水準に達するまでひたすら過去問題を解き、理解が不足している部分は動画を見返すことで知識の定着をはかりながら合格水準を上回るまで繰り返しました。(2022年合格 伊藤 宏治さん)

本番のような感覚で問題練習できた
時間の確保はさすがスタディングで、モバイルの良さが活用できました。とくに繰り返しやると問題を覚えてしまいがちですが、AI出題により範囲を絞らずトレーニングすることで、本番のような感覚で練習できたと思います。(2022年合格 T.O.さん)

合格体験談には、学習方法や試験の取り組み方など合格者のノウハウが詰まっています。

2022年度宅建試験の合格体験談は、以下に順次掲載しておりますので、こちらもぜひご覧ください。

▼宅建士 合格者の声
https://studying.jp/takken/monitor.html


まとめ

AI問題復習は、効率よく復習を実行するための学習サポート機能です。

スタディングで宅建試験に合格された方の多くも、AI問題復習を活用し、学習を効率化されて合格を勝ち取っています。

「もっと効率的に復習したい」「なかなか勉強が進まない」という方は、ぜひ学習に取り入れてみてください。

2023年度冬のスタート応援キャンペーン

宅建士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

宅建士講座 無料お試し

  • 試験の特徴、対策がわかる!短期合格セミナー「宅建合格法5つのルール」
  • 人気のビデオ講座を実際に体験できる!
  • フルカラーWEBテキスト付!
  • スマホで、いつでもどこでも解ける問題集も
  • 最適な順番で進む「学習フロー」も体験
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き

<2023年度試験対策>
今から始める方へのおすすめコース

スタディング 宅建士講座「宅建士合格コース[2020+2021年度試験対応]」

宅建士合格コース[2023年度試験対応]

基礎から合格レベルまで、無駄を省いて効率的に学べる!

一括 14,960円~

分割例 月々 1,347円 × 12回から

コースタイプをミニマム、スタンダード、コンプリートから選べる!
基礎から合格レべㇽまで速習できるコースです。よく出るところを重点的に学べるため、無駄を省いて、短期間で効率的に合格を目指すことができます。詳細はこちら


講座一覧を見る・受講する

宅建士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

宅建士講座 無料お試し

  • 試験の特徴、対策がわかる!短期合格セミナー「宅建合格法5つのルール」
  • 人気のビデオ講座を実際に体験できる!
  • フルカラーWEBテキスト付!
  • スマホで、いつでもどこでも解ける問題集も
  • 最適な順番で進む「学習フロー」も体験
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き