宅建は抜群人気の国家資格!取得のメリットとは?

宅建士は、国家資格の中でも抜群の人気を誇ります。圧倒的な受験者数に加え、メリットの多さや有用性、試験の受けやすさなど、人気のポイントはひとつではありません。宅建人気の理由を探ってみると、資格の持つ魅力が再認識できます。

宅建士は国家資格の中でも人気がある

宅建の人気は国家資格の中でも群を抜く

宅建試験の受験者数

宅建士が人気の国家資格であることは、受験者数をみれば分かります。

参考までに、宅建と同じく不動産関係、またはよく比較される国家資格の受験者数を比較してみましょう。

以下は、令和元年度におけるそれぞれの試験の受験申込者数及び受験者数です。

国家資格の種類 受験申込者数 受験者数
宅建士 2,76,019人 220,797人
行政書士 52,386人 39,821人
管理業務主任者試験 18,464人 15,591人
マンション管理士 13,961人 12,021人


ご覧のとおり、宅建士だけ桁が違うのが分かります。受験申込者の数が20万人を超える国家資格試験はそうありません。

いかに宅建士が人気であり、その価値を認める学生・社会人が多いかの表れでしょう。

宅建士資格を取得したあとは、宅地建物取引業者をはじめ、不動産売買の会社や賃貸業者、不動産管理会社など不動産を取り扱う業種への就職・転職が目立ちます。宅建・不動産業界だけでなく、金融機関やデベロッパーなども宅建資格に興味を示すといわれます。

就職活動に大いに生かせることが、宅建受験を後押しする一面は否定できません。

また、ほかの国家資格と比べ、受験しやすいところも人気の理由といえます。宅建は試験範囲こそ広いですが、試験方法は全問マークシート方式で、試験対策が立てやすく、はじめての方でも勉強に取り組みやすい資格です。

試験問題は生活になじみのある民法や宅建業法(住宅の賃貸借契約の際等に宅建士と接したご経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか)が中心で、生活シーンで見た・耳にした用語なども多く登場します。専門性の高い国家試験でありながら、比較的取り組みやすい印象を与えるところも、人気の理由かもしれません。

宅建試験の難易度

宅建試験の合格率は平均15%です。宅建試験がほかの資格試験で特徴的なのは、圧倒的な受験者数の多さ。

一般的に受験者数が多ければ多いほど、合格率は低くなる傾向にあります。15%という数字からみえる難易度は、20万人程度の受験者数を加味したうえで考える必要があるでしょう。

先述のとおり、宅建試験の合否判定は相対評価方式で、明確な合格基準というものは存在しません。

傾向として、平均35点前後の得点で合格できるようです。つまり、100点を目指す必要はないということ。目標得点を36点~37点程度に設定し、効率良く得点を稼ぐ学習方法が望まれます。

試験はマークシート方式で、記述式などの問題はありません。とはいえ、暗記に頼る学習方法では足りないでしょう。

この問題はなぜこういう回答になるのか、自分の言葉できちんと説明できるくらいの理解精度が、合格を引き寄せます。


宅建取得のメリット

宅建は就職・転職に強い

宅建は、就職・転職に強い資格です。
先述のとおり、宅建業界を中心にさまざまな業種での活躍が見込まれます。とくに「宅地建物取引業」を看板に掲げる事務所・会社は、最低でもひとり有資格者を設置することが義務付けられており、事業規模によって必要な設置人数に規定があります。

不動産売買取引において、契約の際必要となる重要事項の説明および37条書面の交付は、宅建士保有者でなければ担当できません。その点を考えても、宅建士資格の有用性が分かると思います。

また、宅建取得を推奨する不動産会社も少なくありません。宅建の資格を持つだけで、資格手当を支給するところもあります。

必ずしも宅建資格を必要としない不動産業者や金融系の企業・団体でも、資格を持つことで重要なポジションを任され、なお且つ待遇もよくなることが期待できます。

ビジネスシーン以外での宅建の用途

宅建はビジネスシーンだけでなく、遺産相続や持ち家の売却、マイホーム購入など生活シーンの中でも生かせる資格です。
それは、宅建試験の勉強で習得した不動産関連の知識が役立つからです。
土地・マンションといった高額な資産の売却や相続は、複雑に法律が絡み合い、手違いがあると大きなトラブルにも発展します。
それを防ぐための防衛手段として、自ら宅建資格を取る方もいます。


宅建資格は独立開業にも生かせる!

不動産業での独立

就職・転職活動をバックアップする宅建資格ですが、不動産業での独立開業にも効力を発揮します。

先述のとおり、宅建業を営むには宅建資格が必須で、契約業務も資格なしには進めることはできません。将来的に自分で開業したいという夢を持ちたいとお考えの方にも、宅建はおすすめできる資格です。

国家資格は、「就職・転職向き」か「独立開業向き」のいずれかのタイプに分かれるものですが、宅建はこのふたつを兼ね備えています。

そんな利便性の高さも、宅建人気の理由のひとつかもしれません。いずれの道を選択するにしても、宅建資格は宅建業・不動産業でのステップアップを後押ししてくれる存在といえるでしょう。

宅建と他の資格のダブルライセンスで活躍の場を広げる

宅建は金融系資格であるファイナンシャルプランナーとは相性がよく、両方の資格を生かして土地取得で資産運用を目指す個人・団体に有益なアドバイスを送ることが可能になります。不動産購入者に土地の有効活用におけるアドバイスを行ったり、効果的な資産運用の方法に関する相談にも乗ったりすることで、取り扱える業務領域も拡大し、新たな顧客獲得にもつながるでしょう。

また、「マンション管理士」「管理業務主任者」「賃貸不動産経営管理士」などのマンション関連の資格も、宅建と組み合わせることで業務の幅を広げることができます。宅建試験と出題項目がいくつか重複する点も多く、宅建の試験勉強で得た知識をそのまま活かせることもメリットです。

さらには、行政書士や司法書士などの法律系資格とも相性がいいのが宅建です。宅建で得た「民法」の知識をベースに、より法律家として専門性の高い分野にチャレンジするための登竜門の役割も果たしており、そのような点でも宅建の人気の一端が伺い知れるのでしょう。

スタディングでは、人気の宅建の短期取得を全力バックアップ

毎年多くの合格者を

合格できる人と
できない人の違いとは?
宅建合格法 5つのルール
を無料公開中!

試験の概要から宅建試験の合格戦略までわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 失敗しない宅建合格法 5つのルールイメージ
    短期合格セミナー
    「失敗しない宅建合格法 5つのルール」
  • スタディングの無料体験版イメージ
    スタディングの無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集 付き
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す