2019年度
宅地建物取引士資格試験(宅建士試験)日程

試験の主なスケジュールをご案内いたします

宅建試験日程 2019

宅建士試験の主なスケジュール

平成31年度(2019年度)の宅地建物取引士資格試験(宅建士試験)の概要及び日程は、6月7日(金)に官報公告されます。

現在、官報公告に先立ち、主なスケジュールなどの予定が発表されています。
ここでは、発表されている予定をもとに2019年度の宅建試験の試験案内(申込書)の配布から合格発表までの主なスケジュールをご案内いたします。

①試験の公告

2019年 6月7日(金)

②試験案内の配布(予定)

2019年 7月1日(月)
~7月31日(水)まで

受験申込の受付(予定)

・郵送:2019年 7月1日(月)
~ 7月31日(水)まで

・インターネット:2019年 7月1日(月)~ 7月16日(火)まで(※1)

試験日(予定)

2019年 10月20日(日)

合格発表(予定)

2019年 12月4日(水)

⑥合格証書が届く

合格者には例年合格発表日以降に届きます。

※1 インターネットでの試験申込みは2019年 7月1日(月)9:30から7月16日(火)21:59まで


①試験の公告

2019年 6月7日(金)


例年、6月の第1週の金曜日に、宅建業法に基づく「実施公告」が官報に掲載されます。この時点で確定された試験日や受験申込期限、受験料などの試験の概要を確認することができます。
例年2月の時点で予定としてスケジュールなどが発表されていますが、この「実施広告」まではあくまでも予定としてのスケジュールとされています。
なお、この公告は「一般財団法人 不動産適正取引推進機構」のホームページにも掲載されます。

②試験案内(申込書)の配布

2019年 7月1日(月)
~ 7月31日(水)まで(予定)


7月1日(月)から宅建士試験の試験案内が配布されます。

試験案内は「一般財団法人 不動産適正取引推進機構」のホームページにも掲載されますので、「試験案内」を入手する前に試験情報を確認することができます。

「試験案内」には、受験申込みを郵送でする場合に必要な「申込書」が付属しています。そのため、試験申込みを郵送でされるご予定の場合は、必ず入手しましょう。

「試験案内」の配布場所は、基本的には各都道府県の宅地建物取引業協会、担当の役所、大型書店などですが、都道府県により異なります。「一般財団法人 不動産適正取引推進機構」のホームページに配布場所が掲載されていますのでご確認ください。

★宅建試験の仕組みと短期間で効率的に受かるコツを知りたい方はこちら

③受験申込み

宅建士試験は、郵送、またはインターネットで申し込むことができます。
それぞれの方法で、申込期間が異なりますのでご注意ください。

郵送:2019年 7月1日(月)~7月31日(火)まで(予定)


郵送の場合は、上記「①試験案内(申込書)の配布」でご案内させて頂きましたとおり、「試験案内(申込書)」の入手が必要になります。

受験申込書への記入や、受験手数料の支払い手続きなどが必要ですので、「試験案内(申込書)」の配布開始後、早めに入手して、受付期間内に間に合うように早めに準備されることをおすすめいたします。

インターネット:2019年 7月1日(月)9:30~7月16日(火)21:59まで(予定)


インターネット申込みは24時間利用可能ですが、郵送の場合に比べ、受験申込みの受付期間が約半分です。利用できる期間が短いですので、インターネットで受験申込みをされるご予定の方はご注意ください。

なお、郵送、インターネットのどちらの場合でも、受験手数料7,000円が必要になります。

④試験日

2019年 10月20日(日)(予定) 13:00~15:00(2時間)


宅建士試験は、毎年1回、10月の第3日曜日に実施されています。

試験時間は13時から15時までの2時間ですが、試験開始前の12時30分から受験に際しての注意事項の説明が行われますので、余裕をもって到着するようにしましょう。

また、登録講習修了者で、試験の一部免除(5問免除)申請をされた場合の試験時間は、13時10分から15時までの1時間50分になります。
この場合でも、12時30分から行われる「受験に際しての注意事項説明」までに着席していなければなりませんのでご注意ください。

⑤合格発表

2019年 12月4日(水)(予定)


合格発表は、例年12月の第1水曜日、または11月の最終水曜日に行われます。

平成30年度の合否判定基準は、

 50問中37問以上正解(登録講習修了者 45問中32問以上正解)でした。

発表は、都道府県ごとに、所定の場所(「試験案内」に掲載)・期間に合格者の受験番号、合格判定基準、試験問題の正解番号が掲示されます。

また、「一般財団法人 不動産適正取引推進機構」のホームページにも、合格者の受験番号、合格判定基準、試験問題の正解番号が掲示されますので、合格発表会場に出向かなくても合否を確認することができます。

★スタディング出身合格者が続々誕生!平成30年度 宅建試験「合格者の声」掲載中!

⑥合格証書が届く

例年合格発表日(2019年 12月4日(水)(予定))発送されています


合格者には、「一般財団法人 不動産適正取引推進機構」から簡易書留で合格証書が発送されます。
なお、不合格者へは、結果通知がされませんのでご注意ください。

宅地建物取引士資格試験の詳細については、財団法人 不動産取引推進機構ホームページ(外部サイト)をご参照ください。


宅建士資格取得の第一歩は試験を知ること

合格するためには、宅建士試験がどのような日程で行われるか把握しておくことが大切です。

宅建士試験は年に1度だけですので、受験の申込み締切に間に合わない場合は、せっかく勉強をしていても、翌年まで受験することができなくなります。そのため、試験の流れをしっかりと把握して、受験受付期限に間に合うように余裕をもって準備しておくことをおすすめします。

★スキマ時間で効率的に学べる「スタディング 宅建士講座」を試してみる!

★これからスタートする方におすすめ!2019年度「宅建士合格コース」開講【一括 価格 19,980円】!

合格できる人と
できない人の違いとは?
宅建合格法 5つのルール
を無料公開中!

試験の概要から宅建試験の合格戦略までわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 短期合格セミナー
    「失敗しない宅建合格法 5つのルール」
  • スタディングの無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集 付き
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す