宅地建物取引士(宅建士)資格登録までの流れ

宅地建物取引士証(宅建士証)を取得するためには、資格登録が必要と聞きました。具体的にはどのような手続きになりますか?費用についても知りたいです。
宅地建物取引士(宅建士)の資格登録は、けっこう費用もかかりますし、手続きに必要な書類も多いので戸惑う人も多いです。


宅建士の資格登録とは?

宅建士試験の合格者は、試験を受けた都道府県知事に対し、資格登録をすることができます。なお、資格登録は任意です。登録をしなくても、試験合格の効果が失われることはありません。

資格登録を行なうことで、宅地建物取引士証(宅建士証)の交付を受けることができます。登録を行なわずに宅建士証を手に入れることはできません。

試験に合格した時点では「宅建士試験合格者」、資格登録をすると「宅建士資格者」、宅建士証の交付を受けると「宅建士」になるという流れです。


資格登録要件

資格登録をするためには、次の3つの要件を満たさなければなりません。

1.宅建士資格試験に合格
2.実務経験2年以上
3.登録の欠格要件に該当しない

登録の欠格要件については、試験科目(宅建業法)に入っています。しっかり学んでください。


登録実務講習の中身

何をもって実務経験とするかについては、細かな規定があります。詳しくはこちらのページを参照してください。

実務経験が2年未満の場合、登録実務講習を修了すれば、資格登録できます。この講習について詳しく解説しましょう。

講習の申込をすると、はじめに「通信講座」の教材が送られてきます。演習問題などがありますので、しっかりやりましょう。

通信講座終了後、2日間のスクーリングがあります。演習会場にて、物件調査の手法を学び、重要事項説明書や契約書を実際に作成しながら学びます。

2日目には修了試験があります。80%以上の正解で合格となります。なお、修了試験の合格率は99%です。よほどのことがない限り不合格にはなりません。

登録実務講習の修了証は、通信講座を受講し、2日間の演習(スクーリング)を受講し、修了試験に合格することで交付されます。

なお、登録実務講習の費用ですが、実施機関により異なります。2万円前後のところが多いようです。


資格登録の手続き

登録に必要な書類、費用は以下の通りです。これらを都道府県知事に提出します。

●登録申請書(記名・押印)
●誓約書(記名・押印)
●身分証明書(本籍地の市区町村が発行。成年被後見人及び被保佐人ではないこと、破産者で復権を得ない者ではないことを証明する)
●登記されてないことの証明書(法務局が発行。成年被後見人及び被保佐人ではないことを証明する)
●住民票(申請者本人のみ記載。本籍・続柄記載不要。)
●合格証書コピー
●顔写真(縦3cm×横2.4cmのカラー写真)
●登録資格を証する書面(実務経験証明書や、登録実務講習の修了証など)
●登録手数料、37,000円

なお、資格登録申請をしてから登録通知書が届くまで、書類に不備がなかったとしても、2か月程度かかります。

資格登録には、煩雑な手続きと多額の費用、そして時間がかかることがお分かりいただけたかと思います。他人様の大切な資産・財産を取り扱う業務を行なう、責任の重さゆえのことだと、前向きに捉えてください。

★宅建の学習経験を活かしてマンション管理士、管理業務主任者に挑戦!

★宅建で学んだ民法の知識を活かして「行政書士」資格を取る!

★宅建の学習を活かして「司法書士」資格を狙う!


NEXT 資格登録における「実務経験」の定義


PREV 受験申込写真について

合格できる人と
できない人の違いとは?
宅建合格法 5つのルール
を無料公開中!

試験の概要から宅建試験の合格戦略までわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 短期合格セミナー
    「失敗しない宅建合格法 5つのルール」
  • スタディングの無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集 付き
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す