宅地建物取引士(宅建士)の更新研修について

宅地建物取引士証(宅建士証)を更新するときに、研修を行なっていると聞きました。更新研修の内容は難しいですか?また、修了テストに合格しないと宅建士証をもらうことができないのでしょうか
宅地建物取引士証(宅建士証)の更新をするためには、法定講習を受講する必要があります。法定講習は朝から長時間拘束されます。内容は、5年の有効期間内に起きた法改正や最新の不動産税制、不動産取引にかかる紛争事例など多岐にわたります。


更新時の研修=法定講習の時間割

更新のための法定講習、その研修時間はナント5時間です!

午前9時から会場入りし、10時から講習開始。昼休み1時間をはさみ、午後も研修。

研修後、その場で新しい宅建士証が交付されるのですが、その時間を含めると、拘束時間は7~8時間にも及びます。丸一日かかるということです。

法定講習の内容

講習の科目は、「法定講習」というくらいですから、その内容が決まっています。

●改正法令の主要な改正点と実務上の留意事項
●紛争事例と関係法令及び事務上の留意事項
●改正税制の主要な改正点と紛争事例及び実務上の留意事項

宅建士証の交付を受けた時から、更新するときまでの5年間における、主要な改正法令を学習します。この改正を知らないまま、古い法令の知識で業務を行なうことで、故意でなくとも取引の相手方に損害を与えたら・・・最悪の場合、宅建士個人が賠償することになりかねません。気を引き締めて受講するようにしましょう。

最新の不動産税制を学ぶことも重要です。「不動産税制の手引き」というテキストを使って学習するのですが、このテキストは実務でそのまま使える優れものです。

都道府県や主務官庁に寄せられる相談・苦情案件や、実際に裁判となった紛争事例の解説もあります。宅建士として業務するうえで、気を付けなければいけないポイントをたくさん見つけることができます。

法定講習に修了試験はない

法定講習は講師が一方的に話す講義形式で、ワークなどはありません。また、修了試験もありません。だからでしょうか、特に昼食休憩後の講義では、あちらこちらで寝ている姿が・・・。

士業化により、法定講習が変わる?

取引主任者から宅建士に名称が変わることで、法定講習の内容を変えようとする動きがあります。国土交通省が「宅地建物取引士に係る法定講習充実検討委員会」による検討結果報告書を、平成26年9月に公表しています。その概要は以下の通りです。

●これまで5時間だった講習時間を1時間延長し、6時間制とする。
●延長する分、受講料を1,000円値上げする。
●延長した時間には、「取引士の使命と役割」という新講義を追加する。
●実践的な知識を習得するために受講者参加型の講義手法を取り入れる。

丸一日拘束されるのですから、意義のある講習になるといいですね。

合格できる人と
できない人の違いとは?
宅建合格法 5つのルール
を無料公開中!

試験の概要から宅建試験の合格戦略までわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 短期合格セミナー
    「失敗しない宅建合格法 5つのルール」
  • スタディングの無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集 付き
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す