「通勤講座」は10周年で「STUDYing(スタディング)」に生まれ変わりました!

宅建は大学生が就活前に取っておきたい資格の一つ

宅建は、ビジネスパーソンに限らず、学生の間でも人気の高い国家資格のひとつ。就活前の取得によって、競争相手を一歩リードできるかもしれません。今回は、就活前の大学生が宅建を取得することがなぜ有利なのか、その理由について述べてみます。

宅建が就活に役立つ理由は?

宅建資格には、大学生の就職活動をバックアップしてくれる要素がいくつかあります。

単に不動産関係に強くなれるだけでなく、ビジネスパーソンとして幅広い視点と社会常識、経済感覚を身に付けることが可能なのです。

経済活動の基本が学べる

宅建試験の重要科目に、「権利関係」があります。

民法や借地借家法、区分所有法などの知識を問う問題内容で、そこで求められるのは権利決定までの手続き・プロセスに関する法的知識です。

健全なビジネス活動を支えるための仕組みとして存在する契約概念を、基礎から理解することが重要となります。

不動産取引にかかわらず、ビジネスの成立でベースとなるのは、当事者間の合意によって取り交わされた契約書です。企業間の取引を円滑に進めるうえで不可欠の法律知識が身に付いているかどうかによって、企業に与える印象は大きく変わります。

契約書の不備は、どんなビジネスにおいても許されません。宅建資格を取得する中で、契約書における記名・捺印の重要性なども学べます。

契約書の形式や書き方のルールについて学んでいることも、宅建資格の有無で判断できるため、アピール効果は小さくありません。


意欲や努力をアピールできる

宅建は不動産系の国家資格であり、毎年多くの受験者がチャレンジする難関試験です。

競争率の高い宅建試験の合格に向け、試験勉強に取り組んだ姿勢は評価に値するでしょう。

将来についてしっかり考えていることもアピールできますし、努力や意欲、計画性、実行力などを評価するバロメーターにもなります。

ビジネスの世界は、結果だけでなく、その人がどんな姿勢で取り組み、どのような努力を通して問題解決を成し遂げたのかのプロセスも非常に大切です。

宅建資格を取得するという目標達成のために費やした努力、あるいは学習方法の工夫やアイデアを生んだ経験などは、就職先でも生かされるはずです。

不動産関連に強いところをアピールできる

宅建は、宅地建物取引業や不動産賃貸業、マンション管理など不動産関連業界への就職に強い資格です。

事実、これらの企業は宅建資格を採用条件とするところも多く、また社員に資格取得を奨励・支援するケースも少なくありません。就活中の大学生であっても、採用前に取得することで大きなアピールポイントになるでしょう。

企業サイドからすれば、宅建持ちの新卒者が入社してくれることで、教育にかけるコストや時間、労力を軽減できます。

ビジネスマナーや電話応対、業界知識など、新卒者が教わらなければならないことはたくさんあります。

そんな中で業務に必要な知識が多少なりとも身に付いていれば、会社に少なからず貢献ができて、1日でもはやい評価と信頼の獲得につながるのではないでしょうか。


比較的短期で取得可能だからおすすめ

宅建は、本気で学習すれば一発合格も難しくない国家試験といわれます。

大学生のうちは比較的時間もあり、思考力も柔軟なため、理解するスピードもはやいことが期待できます。

不動産関係の企業の中には宅建資格を採用条件とするところも少なくないため、同業界への就職希望であればはやい段階で準備に取りかかったほうがよいでしょう。

宅建資格は宅建業や不動産業に限らず、一般ビジネスの世界でも通用する要素を秘めています。

有用性の高さが認められるからこそ、毎年多くの受験者がチャレンジしているともいえるのです。

社会人になったあと、仕事の関係上別の資格が必要となる時期がくるかもしれません。学生のときに宅建資格をひとつ持つことで、キャリア形成のためのプランにも余裕が生まれるでしょう。

合格できる人と
できない人の違いとは?
宅建合格法 5つのルール
を無料公開中!

試験の概要から宅建試験の合格戦略までわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 短期合格セミナー
    「失敗しない宅建合格法 5つのルール」
  • スタディングの無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集 付き
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す