「通勤講座」は10周年で「STUDYing(スタディング)」に生まれ変わりました!

宅建試験日に必携の持ち物と、本番前の心構え、注意点

宅建試験では、「当日これだけは忘れちゃダメ!」というものがいくつかあります。試験が近づいたら、本番に必要なアイテムの確認を忘れずに。そして、試験におけるルールと注意点もしっかり把握して、試験問題と向き合いましょう。

宅建試験を受験するのですが、当日の持ち物はどのようなものが必要なのでしょうか?また、受験するにあたり注意したほうがよいことはありますか?
宅建試験では、「当日これだけは忘れちゃダメ!」というものがいくつかあります。ここでは、試験本番に必要な筆記用具などのほか、あると便利なものをご紹介していきます。


当日必携の持ち物

受験票

受験番号が記された受験票は、受験者情報を特定する重要アイテムですので、絶対忘れないようにしましょう。
カバンに入っていないことに途中で気付いて、取りに帰る事態になれば、本番に間に合わなくなってそれまでの努力がすべて無駄になってしまうことも。
受験票がカバンに入っているか、家を出る前にきちんとチェックするようにしましょう。

筆記用具

筆記具はBかHBの黒鉛筆またはシャープペンシルに限られます。
鉛筆は、1本でなく2~3本用意しておくと安心。
デザインは丸いかたちでなく六角形タイプを使えば、転がって落とす心配も無用です。

シャープペンシル持参の場合は、替え芯の準備を忘れずに。
ただし、マークシート解答で塗りつぶすことを考えれば、折れやすいシャープペンシルより鉛筆が無難です。

もちろん、消しゴムも忘れずに、念のため複数個筆箱に入れておきましょう。なお、試験案内にはプラスチック製の消しゴムが指定されています。

また、鉛筆削りも持参することができます。鉛筆で受験される方は、念には念を入れて準備しておくことをおすすめします。

時計

試験会場によっては、壁時計がないところもあります。
時間が分からなくなってあたふたしないためにも、腕時計は忘れないようにしてください。
なお、腕時計は、時計機能(時刻確認)のみのものに限られていますので、注意しましょう。

また、試験中に携帯電話を見るのはNGです。
電源を切り、所定の封筒に入れる必要があるため、携帯電話での時間チェックはできないものと心得てください。

現地までの地図

会場の場所が分からず迷うことがないよう、地図をプリントアウトして持参するのベターです。
スマホの地図アプリや、グーグルの地図画像などを使うのもよいでしょう。
現地まで迷うことなく、確実にたどり着ける対策を自分の中で準備しておけば安心です。

その他

公共の交通機関を利用して会場に向かう場合は、電車・バスなどの時刻表もあると便利。
仮に電車が遅れて予定通り進まなかった場合、ダイヤが把握できていれば落ち着いて対応できます。

試験会場によってはスリッパ持ち込みを推奨しているところもあるので、準備したほうがよいでしょう。
また、本番前は緊張のせいで口の中が極度にかわきます。
水やコーヒーを飲むとトイレが近くなる恐れがありますので、軽く潤せるのど飴などを持参するとよいでしょう。

試験本番での注意点

途中退席はNG

原則、試験中の途中退席はできません。
試験が実施される2時間は、途中で解答が終わっても席を離れることはできないため、トイレなどは事前に済ませておくようにしてください。
集中力をもって本番を迎えられるようにしましょう。

時間配分を忘れずに

宅建の試験実施時間は2時間、範囲は4分野に及びます。
ペース配分を間違ってしまうと時間ギリギリになって「問題が終わらない」という事態にもなりかねません。
ひとつの分野を何分で解答するか、時間配分をあらかじめ決めておきましょう。
細かく設定してしまうと難易度の高い問題にぶつかって予想以上に時間がかかってしまった場合、足らなくなる恐れもあります。
時間の区切りにある程度の幅を持たせておくことが大事です。

必携品は前日までに確認を!

試験当日に必要な持ち物は、前日寝る前までにそろっているか、確認するようにしましょう。
前日準備を心がければ、当日の朝は余裕をもって迎えられ、復習などの時間に使えます。
会場ルートの確認も、家を出る前に済ませておくのが無難。
本番ではすべての力を出し切れるよう、試験ルールや注意ポイントはしっかり押さえておくようにしてください。

参考:一般財団法人 不動産適正取引推進機構ホームページ


NEXT 不動産業界への就職に有利な資格は?
NEXT 宅建の合格率は?どれくらいの点数で合格できる?

合格できる人と
できない人の違いとは?
宅建合格法 5つのルール
を無料公開中!

試験の概要から宅建試験の合格戦略までわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 短期合格セミナー
    「失敗しない宅建合格法 5つのルール」
  • スタディングの無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問集 付き
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す