税理士試験|令和4年度(第72回)の実施スケジュール

令和4年度(第72回)税理士試験は8月2日(火)から4日(木)

2022年4月8日、国税庁から令和4年度(2022年度)の税理士試験の要領が発表されました。


試験日時と試験科目

2022年8月2日(火)
 午前9時から同11時まで 簿記論
 午後0時30分から同2時30分まで 財務諸表論

 午後3時30分から同5時30分まで 消費税法又は酒税法

2022年8月3日(水)
 午前9時から同11時まで 法人税法
 正午から午後2時まで 相続税法

 午後3時から同5時まで 所得税法

2022年8月4日(木)
 午前9時から同11時まで 国税徴収法
 正午から午後2時まで 固定資産税

 午後3時から同5時まで 住民税又は事業税

(注)
  1. 解答に当たり適用すべき法令等は、2022年4月8日(金)現在施行のものとする。
  2. 試験科目のうち住民税とは、地方税法のうち道府県民税(都民税を含む。)及び市町村民税(特別区民税を含む。)に関する部分を呼称したものである。

受験申請から、最終合格発表までのおもな試験スケジュールは以下のようになります。


令和4年度(2022年度)税理士試験の主な日程

受験案内及び申込用紙の交付 2022年4月14日(木)から同年5月20日(金)まで(土曜日、日曜日及び祝日等を除く)
交付場所:各国税局及び沖縄国税事務所
 ※午前9時から午後5時まで
 ※郵送による請求:2022年5月10日(火)まで
  封筒の表面に「税理士請求」と赤書の上、返信用封筒(A4判大)を同封して、1人1部ずつ請求すること。

  なお、返信用封筒には、郵便番号・宛先を明記し、140円分の切手を貼ること。

受験申込みの受付 2022年5月10日(火)から同年5月20日(金)まで
  1. 申込書類が完備しており、かつ、2022年5月20日(金)までの通信日付印のあるもの(料金後納郵便又は料金別納郵便については、2022年5月20日(金)までに到着したもの)に限り受け付ける。
    なお、封筒の表面に「税理士受験」と赤書の上、必ず一般書留、簡易書留又は特定記録郵便で送付すること。
  2. 国税電子申告・納税システム(e-Tax)で受験申込みを行う場合は、受験申込受付期間内(2022年5月10日(火)から2022年5月20日(金)まで)に受験申込手続きを完了し、かつ、2022年5月20日(金)までに申込書類の全てにつき提出があったもの(※1)に限り受け付ける。
  3. ※1…2022年5月20日(金)までの通信日付印のあるもの(料金後納郵便又は料金別納郵便については、2022年5月20日(金)までに到着したもの)

    なお、封筒の表面に「税理士試験電子申請添付書類」と赤書の上、必ず一般書留、簡易書留又は特定記録郵便で送付すること。


郵送先 試験を受けようとする受験地を管轄する国税局等
申込書類
  1. 税理士試験受験願書・税理士試験受験申込書
  2. 受験票及び写真票
  3. 受験資格を有することを証する書面
合格者の発表 2022年11月30日(水)

受験手数料

受験手数料は、受験する科目数に応じて次のようになっています。

受験申込科目数 受験手数料
1科目 4,000円
2科目 5,500円
3科目 7,000円
4科目 8,500円
5科目 10,000円


受験申請はお早めに

前述いたしましたが、2022年度税理士試験の受験申請受付期間は、2022年5月10日(火)から同年5月20日(金)までの短い期間のみになります。

今年受験を予定されている場合は、早めの申請準備と手続を行い確実に受験申請を提出できるようにしましょう。


参考: 税理士試験(国税庁)

税理士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

税理士講座 無料お試し

  • 税理士試験の特徴と対策を踏まえた無料セミナー!
  • 簿財2科目/法人税法/消費税法/相続税法/国税徴収法の動画講義と問題演習を体験!
  • 簿記初学者も安心!「簿記入門」講義もお試し可能!
  • 理論対策もバッチリ!ナレーターによる音声教材付き!
さらに
税理士試験の特徴と対策、合格への勉強法が分かる『学習スタートガイド』『税理士試験必勝勉強法』PDF冊子をプレゼント!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き