税理士試験の理論暗記法

1.理論の暗記は税理士試験の肝

税理士試験の合格のカギを握るのは、理論の暗記であり、最も受験生を悩ませる部分です。

暗記が苦手な人はもちろん、暗記が得意な人でも税理士試験の理論暗記には苦労します。

なので、ただやみくもに勉強すると途中で挫折してしまいます。

理論暗記にはちょっとしたコツがあって、合格する人はそのへんをしっかり押さえています。


2.理論暗記のコツは勉強の順序が大切

理論の暗記は、やみくもに文章を見ていても時間ばかりかかって、効果は見込めません。

そもそも、税理士試験の理論は何のためにあるのでしょうか?「法律の条文なんかネットで調べればたくさんヒットするじゃないか?」と思っていませんか?

たしかに、条文そのものはネットで調べればすぐに見つかります。

でも、税理士が実務を行う上で重要なことは、実際に発生する様々なパターンの取引において、法律を正しく適用し、正確に処理する必要があります。それには、理論を覚えて、かつよく理解しておく必要があるのです。

また、試験対策でいえば、試験には制限時間があります。時間内に正解するには、しっかり暗記していていつでも引き出せるようにしておかなければなりません。

そこで、暗記は避けられないこととして、「どう効率的・効果的に勉強するか」を考えるのが賢明です。

ずばり、理論暗記のコツは、勉強する順番です!

理論の暗記は、基本学習と計算問題を少しやった後に行うと効果的です。

理論から先に入ると、頭の中のイメージがないまま、単に文章を覚えることになります。これはいくら暗記が得意な方でも苦痛以外何物でもありません。

基本論点と計算事例を勉強した後に理論に入ると、理論の細かな記述と計算事例がリンクし、イメージがつながって覚えやすくなります。

「この条文は、あの取引事例のことをいってるんだな」と思えればしめたものです。何かと関連性がある方が、記憶が定着しやすくなるといわれています。

逆に、具体的なイメージが沸かないまま条文を読んでも、どこが重要でどこがそうでないかが分からないため、かえって効率が悪くなります。


3.繰り返し学習が可能な便利なツール

理論暗記では、繰り返し学習ができるツールを選ぶことが大切です。

学生時代に、赤シートと参考書を持ち歩いた方も多いのではないでしょうか?

いつでも勉強できるようにと毎日カバンにいれていると、カバンの重みが苦痛でしたね。

また、家で勉強したまま置きっぱなし・・なんてこともよくありました。

いつでも、どこでも、なんどでも勉強するには、持ち運びの問題が大きく影響してきます。

そこで、スタディングでは、スマートフォンやタブレットで学習できる、画期的な「理論暗記ツール」を開発しました。

理論の中で重要なキーワードが空欄で出題され、これに答えていくことで、無理なく理論を覚えることができます。何度も繰り返し学習が可能で、これなら参考書を何冊も持ち歩く必要がありません。もちろん赤シートも不要です!

はじめは暗記箇所が隠れています

タッチすると隠れていた文章が表示されます

税理士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

税理士講座 無料お試し

  • 税理士試験の特徴と対策を踏まえた無料セミナー!
  • 簿財2科目/法人税法/消費税法/相続税法/国税徴収法の動画講義と問題演習を体験!
  • 簿記初学者も安心!「簿記入門」講義もお試し可能!
  • 理論対策もバッチリ!ナレーターによる音声教材付き!
さらに
税理士試験の特徴と対策、合格への勉強法が分かる『学習スタートガイド』『税理士試験必勝勉強法』PDF冊子をプレゼント!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き