司法書士試験の難易度は?合格率と試験の仕組み

司法書士試験の合格率は、どのくらいなのでしょうか?
難関資格とは聞いていますが、果たして合格できる試験なのでしょうか。
司法書士試験の合格率は、約4~5%です。
しかし、試験の仕組みを分析していくと、試験の本当の実態を知ることができます。


司法書士試験の合格率

難しい試験といわれている司法書士試験の合格率は、近年では約4~5%を推移しています。

司法書士試験には、筆記試験と口述試験があります。口述試験は受験できなかったなど、よっぽどのことがない限り、不合格にはなりませんので、約4~5%の合格率は筆記試験の合格率ともいえますね。

過去15年間の司法書士試験の結果

年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率
平成19年度 32,469 26,860 919 2.83%
平成20年度 33,007 27,102 931 2.82%
平成21年度 32,558 26,774 921 2.83%
平成22年度 33,166 26,958 948 2.86%
平成23年度 31,228 25,696 879 2.81%
平成24年度 29,379 24,048 838 2.85%
平成25年度 27,400 22,494 796 2.91%
平成26年度 24,538 20,130 759 3.09%
平成27年度 21,754 17,920 707 3.25%
平成28年度 20,360 16,725 660 3.24%
平成29年度 18,831 15,440
629 4.07%
平成30年度 17,668 14,387 621 4.31%
平成31年度 16,811 13,683 601 4.39%
令和2年度 14,431 11,494 595 5.17%
令和3年度 14,988 11,925 613 5.14%


過去15年間の司法書士試験の合格率と受験申込者数、受験者数

近年は、わずかに上昇していますが、合格率だけみると、依然として非常に難しい試験といえます。100人中、5人程度しか受からない割合になりますので、このような難易度の試験の勉強をしても本当に合格できるのか、不安を感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、約4~5%という合格率は、司法書士試験の合格を目指すうえでは、あまり気にする必要はないでしょう。

なぜなら、司法書士試験は、年齢、学歴に関わらず、受験申請さえすれば、どなたでも受験できる試験だからです。そのため、試験範囲の学習が終わっていない方や、学習途中の受験生が次年度の本格受験に備えて受験する方など、様々な学習状況の方が受験されています。受験資格が特別設けられていない分、受験生の受験時点の学力が一定とはいえないのです。

では、これらの学習途中などの受験生を除き、改めて試験を分析してみましょう。


司法書士試験の仕組み

まずは、司法書士試験の仕組みを確認しましょう。

司法書士試験の筆記試験には、午前の部択一式、午後の部択一式、記述式のそれぞれについて基準点が設けられています。
午前と午後の択一式の基準点をクリアできなければ、記述式の採点はしてもらえません。

受験すれば、誰でも択一式から記述式まですべて採点してもらえるわけではなく、しっかり勉強して一定の基準に達した受験生だけが、記述式まで採点してもらえるという仕組みです。


午前択一式、午後択一式で基準点に達した者だけが記述式の採点に進める



適正に勉強を継続すれば、司法書士試験に合格できる理由

以下は、令和2年度と令和3年度の司法書士試験の基準点に関するデータです。

令和2年度の基準点

午前択一式 午後択一式 択一式クリア人数 記述式 合格者
25/35問 24/35問 1,952人 32.0/70点 595人
75/105点 72/105点
3,643人 2,234人 999人


令和3年度の基準点

午前択一式 午後択一式 択一式クリア人数 記述式 合格者
27/35問 22/35問 2,082人 34.0/70点 613人
81/105点 66/105点
3,509人 2,515人 1,113人


この表を見ると、午前または午後の択一式いずれかは、2,000~3,000人前後がクリアしていますが、両方の択一式をクリアできているのは、2,000人前後です。

つまり、毎年、記述式の採点がなされている人数は、その程度なのです。さらに記述式にも基準点があり、これをクリアできる人は、毎年1,000人前後です。そして、この1,000人前後の中から上位600人前後が合格者となるのです。

適正に勉強を継続すれば、少なくとも、択一式の基準点はクリアできます。適正に勉強を継続をすれば、それだけで2,000人前後の中に入ることができます。つまり、勝負は、2,000人前後の中で決まる試験なのです。

20,000人前後のなかから600人しか受からない試験ではなく、2,000人前後から約600人が合格できる試験と考える方が、この試験の実態に近いといえるのかもしれませんね。

学習方法の見直しで司法書士試験にリベンジ合格!合格レベルに引き上げる効果的勉強法を公開中!

司法書士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

司法書士講座 無料お試し

  • 試験の特徴、対策がわかる!短期合格セミナー「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」
  • 人気のビデオ講座を実際に体験できる!
  • フルカラーWEBテキスト付!
  • スマホで、いつでもどこでも解ける問題集、過去問集も
  • 最適な順番で進む「学習フロー」も体験
  • 令和5年度試験対策 法改正情報をわかりやすく解説!
さらに
短期合格者の
勝ちパターンがわかる
PDF冊子もプレゼント中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き