平成31年度(2019年度)
司法書士試験の日程

試験の主なスケジュールをご案内いたします

司法書士試験の主なスケジュール

平成31年4月1日に平成31年度 司法書士試験の概要が発表されました。
今年度の、司法書士試験の受験
案内書(願書)の配布から最終合格発表までの主なスケジュールは下記のようになります

① 試験案内、受験案内書(願書)の配布

平成31年(2019)年4月1日(月)から

② 受験申請受付期間

平成31年(2019年)年5月7日(火)~5月17日(金)まで
(土曜日及び日曜日を除く)の午前8時間30分から正午まで及び午後1時から午後5時15分まで
※郵送による申請の場合は、平成31(2019)年5月17日までの消印があるものに限る

③ 筆記試験

平成31年(2019年)年7月7日(日)
午前の部:午前9時30分から午前11時30分まで
午後の部:午後1時から午後4時まで

④ 試験問題、多肢択一式問題の正解及び基準点等の掲載

平成31年(2019年)8月13日(火)午後4時

⑤ 筆記試験合格発表

平成31年(2019年)10月3日(木)午後4時

⑥ 口述試験

平成31年(2019年)年10月15日(火)

⑦ 最終合格発表

平成31年(2019年)年11月5日(火)午後4時



①試験案内、受験申込書の配布

平成31年(2019年)4月1日(月) ~ 5月17日(金)まで


例年4月上旬の試験概要の発表と同時に試験案内、受験申込書が配布されます。

法務局又は地方法務局の総務課の窓口で直接受け取ることができるほか、郵送で請求することができます。

試験案内は「法務省」のホームページにも掲載されますので、「試験案内」を入手する前に試験情報を確認することができます。

ただし、受験の申込をする際には、配布されている実際の「試験案内」を入手しましょう。「試験案内」には、受験申込みをするために必要な「受験申込書」が付属しているからです。

なお、平成31年度(2019年度)の司法書士試験(筆記試験及び口述試験)の法令等の適用日は、平成31年(2019年)4月1日(月)現在において施行されている法令等と発表されました。

②受験申請受付期間

受験申請の受付期間は、5月の連休明けから開始されます。

平成31年(2019年) 5月7日(火)~5月17日(金)まで
(土曜日及び日曜日を除く)の午前8時30分から正午まで及び午後1時から午後5時まで
※郵送による申請の場合は、平成31年5月17日(金)までの消印があるものに限り受け付けられています。


申請受付期間は、約10日間弱しかありません。受験を予定している場合は、申込漏れがないように早めに手続きを行いましょう。

なお、受験申請(願書)の提出先は、筆記試験を受験しようとする試験場の所在地(受験地)を管轄する法務局又は、地方法務局の総務課です。受験者の都合のよい受験地を選べることになります。


③筆記試験

試験日:平成31年(2019年)7月7日(日)
試験場集合時刻:午前9時
午前の部:午前9時30分から午前11時30分まで
午後の部:午後1時から午後4時まで


司法書士試験の筆記試験は、毎年1回、7月の第1日曜日に実施されています。

この1日間で全ての科目の筆記試験が行われます。試験は、午前の部と午後の部に分けて行われ、午前の部では民法や会社法・商法などの実体法、午後の部では不動産登記法や商業登記法などの手続法が出題されます。

なお、午前の部と午後の部のそれぞれの開始前には試験説明などが行われます。そのため、午前の部、午後の部ともに試験開始時刻の30分前までには、必ず「試験場の所定の席」に着席しましょう。試験開始時刻に遅れた場合は、受験することができなくなりますので、ご注意ください。


④ 試験問題、多肢択一式問題の正解及び基準点等の掲載

平成31年(2019年)8月13日(火)午後4時


例年、筆記試験の合格発表前の8月上旬頃に試験問題、多肢択一式問題の正解及び基準点等が法務省のホームページに掲載されます。


⑤筆記試験合格発表

平成31年(2019年)10月3日(木)午後4時


筆記試験の合格発表は、例年9月下旬または10月上旬に行われます。
午後4時に受験地を管轄する法務局又は地方法務局において、その受験地で受験して合格した受験者の受験番号が掲示されます。
この筆記試験合格者の受験番号は、法務省ホームページにも同日の同時刻に掲載されます。そのため、直接、掲示板を見に行かなくても確認することができます。

なお、筆記試験合格者に対しては、管区法務局から、直接、筆記試験合格通知書が発送されます。

学習方法の見直しでリベンジ合格!合格レベルに引き上げる効果的勉強法を公開中!


⑥口述試験

試験日:平成31年(2019年)10月15日(火)


口述試験は、筆記試験合格者のみが受験することができる試験で、例年10月中旬ごろ行われています。
管区法務局ごとに、それぞれの局が指定した場所で行われます。試験会場や試験時間は口述試験の受験票に記載され、通知されます。


⑥最終合格発表

平成31年(2019年)11月5日(火)午後4時


最終合格発表は、例年10月下旬又は11月上旬に行われます。
午後4時に受験地を管轄する法務局又は地方法務局において、その受験地で受験して最終合格した受験者の受験番号が掲示されます。
この筆記試験合格者の受験番号は、法務省ホームページにも同日の同時刻に掲載されます。そのため、直接、掲示板を見に行かなくても確認することができます。

なお、官報にも11月29日(金)に最終合格者の受験番号が掲載されます。


司法書士試験合格への第一歩は試験を知ること

合格するためには、司法書士試験がどのような日程で行われるか把握しておくことが大切です。

司法書士試験は年に1度きりですので、受験の申込み締切に間に合わない場合は、せっかく勉強をしていても、翌年まで受験することができなくなります。そのため、試験の流れをしっかりと把握して、受験受付期限に間に合うように余裕をもって準備することをおすすめします。

働きながらでも、無理なく学べる「スタディング 司法書士講座」とは?

2020年度受験生必見!「100分で解説!改正民法のポイント講座」が無料


「平成31度司法書士試験受験案内」や日程等の詳細については、下記ご参照ください。

法務省ホームページ 平成31年度(2019年度)司法書士試験

【無料】司法書士 改正民法ポイント講座

合格できる人とできない人の違いとは?

今なら無料で
「司法書士合格法 5つのルール」
を公開中!

忙しくても、挫折せずに
合格できるコツをわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • スタディング 司法書士講座 無料セミナー
    無料セミナー
    「失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール」
    「記述式が苦手な方のための記述式攻略法」
    「司法書士試験リベンジ合格法」
    無料特別講義
    NEW 改正民法のポイント講座
  • スタディング 司法書士講座 初回版
    スタディング 司法書士講座の初回版
    ビデオ・音声講座、テキスト、要点暗記ツール、
    スマート問題集、セレクト過去問講座、記述式雛形暗記ツール
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す