働きながら独学で司法書士試験合格なんて無理!?

独学での効果的な勉強法
超難関といわれる司法書士試験。多くの受験者は、働きながら試験勉強に励んでいます。勉強方法として、コストのかからない独学での学習スタイルが理想かもしれませんが、現実はそう甘くありません。果たしてどんな方法での学習が最適でしょうか?今回は、働きながら勉強するうえで効果的な方法をご紹介します。
司法書士試験の勉強を始めたいと思っているのですが、独学でも合格できるのでしょうか?
独学で合格された方もいますが、厳しい試験ですので、並大抵の努力では無理であることを覚悟しなければなりません。独学のリスクと目標を達成するためのポイントをお伝えします。


司法書士試験の独学合格は無理?

司法書士試験の厳しさを知らない人は、「まずは独学でチャレンジしてみよう」と思うかもしれません。しかし、独学で合格を目指す方針には、いくつかリスクがあることを知る必要があります。

独学で勉強を開始するには、テキストの選定から毎日の勉強計画、効率的な勉学方法まで、すべて自分でプロデュースする必要があります。司法書士試験は、毎年合格率が3%台という、司法試験と並ぶ難関の資格試験。ただやみくもに勉強して合格を勝ち取れるほど甘くはありません。独学で勉強をはじめたのはいいものの、「内容が難解でテキストを何度読んでも理解できない」「モチベーションが続かない」などの理由で挫折する人もたくさんいます。とくに司法書士試験は専門性が高いため、分からないところや、単独での解決が無理な場面も必ず出てきます。そんなとき、独学だと教えてくれる人もいなく、分からないまま勉強を続けるか、そこで立ち止まってしまうリスクが出てきます。つまり、挫折しやすい環境を考慮する必要があるのです。

もちろん、独学で司法書士試験合格を勝ち取った人も中にはいます。ただし、並大抵の努力では無理であることも覚悟しなければなりません。かりに独学ではじめる場合でも、最初に期限を切り、1ヶ月試してみて自分に合わないとい思えば、速やかに切り替えるなど、臨機応変に対処してください。

学習方法の見直しで司法書士試験にリベンジ合格!合格レベルに引き上げる効果的勉強法を公開中!


必要な勉強時間は?

司法書士試験は、並大抵の努力では合格できません。司法試験と並ぶ難関試験ですので、それに匹敵する位の勉強量を確保する必要があります。

「これくらい勉強すれば司法書士試験に合格できる」というバロメーターがあります。それは一説によると、2,000時間以上 。1年間で2,000時間といったら、1日あたり5~6時間 の学習時間となります。働きながら5時間の勉強時間を毎日確保するのは現実的にかなり困難ですし、心身の負担もかなりのものです。しかし、合格者にヒアリングすると最低限これくらいの勉強時間は必要という声が返ってくるようです。

仕事もやめて勉学一筋で頑張る生活であれば、1日8時間の勉強量も無理ではないかもしれません。しかし、実際には働きながら合格を目指す社会人がほとんどです。そんな状況で目標を達成するには、以下の2点を押さえて勉強に励むことが大切です。

  • 2~3年本腰を入れて勉強に打ち込む
  • 空いた時間を上手く使い、仕事をしながらでも効率的に勉強できる方法を選ぶ

このふたつは最低限必要となるでしょう。


働きながら勉強する方法

働きながら勉強する方法として、一般的に用いられている手法は通信・通学講座です。それぞれの特徴を以下に記します。

通信講座

自宅で学べる通信教育のスタイルです。単にカリキュラムに沿って勉強するだけでなく、スマホやインターネットを使った配信授業やセミナー講座もあります。スマホ画面で先生の講義を受けられるカリキュラムもあり、通勤途中の電車の中でも予習・復習が可能です。

★働きながらでも効率的に学べるスタディングを無料で試してみる!

通学講座

資格取得系のスクールに通いながら学ぶスタイルです。会社帰りや土日祝日などの時間を利用して学校に通い、講師の直接指導を受けながら専門知識を身につけます。同じ目標を持った勉強仲間もでき、刺激し合う環境の中でモチベーションを維持できます。ただし、通信講座と比べて、時間の制約をうけることや、コストがかかるのが難点です。

合格できる人とできない人の違いとは?

今なら無料で
「司法書士合格法 5つのルール」
を公開中!

忙しくても、挫折せずに
合格できるコツをわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 短期合格セミナー
    ・失敗例から学ぶ 着実に合格する勉強法5つのルール
    ・記述式が苦手な方のための記述式攻略法
    ・司法書士試験リベンジ合格法
    ・民法 相続法改正と2019年度試験への影響 NEW
  • スタディング 司法書士講座の初回版
    ビデオ・音声講座、テキスト、要点暗記ツール、
    スマート問題集、セレクト過去問集、記述式雛形暗記ツール
    過去問1年分
    平成30年度 択一過去問集 NEW
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す