社会保険労務士試験
短期間で合格するポイント

社会保険労務士試験は試験科目が多く、出題範囲が広いため、ただやみくもに勉強するだけでは、学習時間が膨大になってしまい短期間での合格は望めませんしかし、適切な学習方法を行うことで、短期間での社会保険労務士試験合格も可能になります。試験科目となっている法律は、実生活にも役立つ、日常生活と関連付けて理解できるものも多くありますので、興味をもって楽しみながら学習を続けることが大切です。


1.各科目をバランスよく学習すること

社会保険労務士試験は、捨て科目をつくることはできません。それは、択一式、選択式共に、各科目の合格基準点と、総合点の合格基準点の両方を満たさなければならないからです。確かに、他の資格試験では、捨て科目をつくるなどして、効率よく学習することで短期合格を目指す戦略もあります。しかし、社会保険労務士試験は、各科目ごとに合格基準点があるため、捨て科目や苦手科目をつくることはできず、万遍なく身に付ける必要があります

全科目を網羅するためには、全科目を短い期間で何回も繰り返すというやり方がおすすめです。そうしているうちに、いつも間違えてしまう箇所、つまり自分の苦手が見えてきますので、その苦手の克服に力を入れていきます。そして、直前期は、全科目を満遍なく繰り返すことで全科目を忘れないようにしながらも、苦手科目を潰していくという、両輪を同時に回していく必要があります。最終的には、各科目が合格基準点を満たすように、満遍なく点数が取れるかどうかの科目のバランスを意識した勉強をすることが重要になります。


2.出題を意識した学習をすること

どの試験でもいえることですが、ただインプットだけを行っても、合格は近づいてきません。問題を解く練習をしなければ、合格力を身につけていくことはできないのです。どのように出題されているかを知ることにより、その後の知識の吸収をアップしていくことができます。

また、すべてインプットで知識を身につけるのではなく、アウトプットをすることで解説などから知識を身につけられることも意識して学習していきましょう。問題にあたることにより、気がつけることもあります。アウトプットを重視し、どれだけ出題を意識して学習できるかが短期合格の鍵といえます。


3.効率的な学習方法・学習ツールを使うこと

どのような学習ツールを使ってどのように学習するかが学習の効率=時間を大きく左右します。テキストを読んでいるだけではなかなか頭に入りませんが、全ての内容をノートにまとめるとなると膨大な時間がかかるため、どのような学習ツールを使って勉強するかはとても重要なポイントです。
知識のインプットは、目や耳などの感覚から同時に行うと効率的です。また、何度もくり返し復習することで知識が定着します。


4.やめないで学習を続けること

最も重要なのは始めた勉強をやめないことです。無理な計画は長続きしません。そのためには、日々の生活の中に無理なく学習を組み込むことです。特に、通勤時間などの「スキマ時間」をうまく活用することがポイントです。


このような、短期間で合格するポイントがあらかじめ全て組み込まれているのが「スタディング 社会保険労務士講座」なのです。

いますぐ無料でお試しできます

社会保険労務士 短期合格セミナー配信中!

無料セミナー

「社会保険労務士 短期合格セミナー」
・社労士の業務と魅力
・社労士試験の仕組み
・社労士試験短期合格法とは
・スタディング 社会保険労務士講座の特色


無料動画講座

●基本講座(3講座分) の
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集
・「労災保険法1-総則」
・「労災保険法5-保険給付の種類等」
・「労災保険法6-傷病に関する保険給付」
●セレクト過去集「労災保険法」の抜粋版

無料講座と無料セミナーを試してみる

社会保険労務士資格をとるには

もっと知りたい社会保険労務士