社会保険労務士試験の合格率と難易度を3分で解説

社会保険労務士試験の受験を考えていますが、果たして合格できるか心配です。この試験の合格率はどれくらいなのでしょうか?
過去10年の推移を見ますと、社会保険労務士試験の合格率は平均5~6%程度といえそうです。こちらでは、社会保険労務士試験の合格率の推移や試験内容に関する情報を通して、試験の難易度を探ってみましょう。


社会保険労務士の合格率の推移

社会保険労務士試験における、過去11年間の受験者数・合格者数・合格率の推移は以下のとおりです。

【過去12年間の社会保険労務士試験の結果】

受験者数 合格者数 合格率
平成20年度 47,568人 3,574人 7.5%
平成21年度 52,983人 4,019人 7.6%
平成22年度 55,445人 4,790人 8.6%
平成23年度 53,392人 3,855人 7.2%
平成24年度 51,960人 3,650人
7.0%
平成25年度
49,292人 2,666人
5.4%
平成26年度
44,546人 4,156人 9.3%
平成27年度
40,712人 1,051人 2.6%
平成28年度 39,972人 1,770人 4.4%
平成29年度 38,685人 2,613人 6.8%
平成30年度 38,427人 2,413人 6.3%
令和元年度 38,428人 2,525人 6.6%


過去10年の推移を見ますと、社会保険労務士試験の合格率は平均5~6%程度といえそうです。行政書士試験と司法書士試験の間くらいと見てよいでしょう。
社会保険労務士試験はこれらの試験と異なり、学歴や実務経験などの受験資格制限があります。一般的に、受験資格なしの試験は受験者数が多いために合格率が低くなりがちです。それらの点を踏まえると、社会保険労務士は難易度が高めの試験といえるかもしれません。ただし、受験者のみなさんが重視すべきは、合格率ではなく合格ラインのほうです。社会保険労務士試験では合格ラインが明確に定められているため、そこを目標に勉強に励んでください。必要な学習を必要なだけこなせば、合格はおのずと近づくでしょう。


合格率=難易度ではない

この合格率をみて、社会保険労務士試験は10人に1人も受からないなら、「やっぱりやめようかな」、「自分には無理だな」と思われた方も、いらっしゃるかもしれません。

しかし、数値だけ見て、あきらめてはなりません。

合格率というのは、あくまでも「受験者数に対する合格者の割合」であるからです。

受験者の様々な状態の方がいらっしゃいます。

しっかり勉強して試験にのぞんでいる方の他、

とりあえず受けてみようという方、
忙しくて勉強時間がなく準備不足の方、
適切な勉強ができないまま受験されている方、
次年度の下見として受験している方

など、あまり受験の準備ができていない状況で受験されている「本気でない」も多く受験されています。合格率だけで判断しないでください。


合格ラインに見る難易度

合格ラインの設定も、社会保険労務士試験の厳しさを表す要素です。選択式試験・択一式試験それぞれの総得点と全科目に合格基準があります。しかも、毎年変更となり、合格発表後に公表されるルールです。合格ラインの参考値は、前年度試験後に発表される合格基準です。ここを目標に自分のなかで合格目標点を設定すれば、どの程度の得点で合格の手応えをつかめるのか感触を得られるのではないでしょうか。

●令和元年度(2019年度)社会保険労務士試験の合格基準点

合格基準 配点
選択式試験 総得点26点以上かつ各科目3点以上
ただし、社会保険に関する一般常識は2点以上
各問1点とし、1科目5点満点・合計40点満点
択一式試験 総得点43点以上かつ各科目4点以上 各問1点とし、1科目10点満点、合計70点満点

※上記合格基準は、試験の難易度に差が生じたことから、昨年度試験の合格基準を補正したものである。

110点満点中、69点以上で合格という合格ラインでした。つまり、約62%の正答率の確保で合格が見えてきます。繰り返しになりますが、合格ラインは毎年変わります。1~2%程度の違いで明暗が分かれる可能性もあるため、65%の正答率を維持できるレベルまで学習に励みましょう。


集中力や忍耐力もカギ

社会保険労務士試験は問題数も多く、時間内にすべての問題を解くだけの集中力と忍耐力も求められます。これらの面で弱点を抱えていると、さらに難易度が高くなってしまうわけです。反対をいえば、ペース配分を工夫するなどして最後まで集中して実力を出し切れたら、合格率も高くなります。
社会保険労務士試験は午前に選択式試験、午後に択一式試験が実施されます。1日に2回の試験が行われると思ってください。試験時間は、午前が80分、午後が210分。午後に至っては3時間30分の長丁場です。しかも、午前中に力を出した後の耐久試験になるわけですから、集中力や忍耐力を養うトレーニングが不可欠です。難しい科目や苦手分野ほど、多くの時間を費やすことが予想されるため、あらかじめ時間配分を頭のなかで組み立てておくことが大切です。


まとめ

社会保険労務士試験の難易度は、さまざまな要素を加味して計算する必要があります。毎年発表される合格率や合格基準点はもちろん、科目や範囲、試験時間にも目を配り、可能な限り合格率を高める努力を心がけてください。

いますぐ無料でお試しできます

社会保険労務士 短期合格セミナー配信中!

無料セミナー

「社会保険労務士 短期合格セミナー」
・社労士の業務と魅力
・社労士試験の仕組み
・社労士試験短期合格法とは
・スタディング 社会保険労務士講座の特色


無料動画講座

●基本講座(3講座分) の
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集
・「労災保険法1-総則」
・「労災保険法5-保険給付の種類等」
・「労災保険法6-傷病に関する保険給付」
●セレクト過去集「労災保険法」の抜粋版

無料講座と無料セミナーを試してみる

社会保険労務士資格をとるには

もっと知りたい社会保険労務士