社会保険労務士と組み合せると有利な資格 - 中小企業診断士

社会保険労務士と組み合わせると有効な資格の組み合わせについて教えて下さい
社会保険労務士は、人事・総務関係について幅広く学ぶ試験であるため、様々な資格との組み合わせで効果を発揮します。 今回は中小企業診断士との組み合わせについて見てみます。


社会保険労務士の業務

社会保険労務士は、「人」に関するスペシャリストです。労働社会保険諸法令に基づく書類作成業務(1号業務)、提出手続代行業務(2号業務)、そしてコンサルティング業務(3号業務)が主な業務内容で、その中でも、書類作成業務と提出手続代行業務は、社会保険労務士の独占業務です。

企業では、メンタルヘルスやパワーハラスメントの問題、従業員の高齢化や女性登用など、日々変化する経営環境への対応を迫られており、「人事制度の見直し」、「賃金制度の改定」、「就業規則の改定」などについて、専門家である社会保険労務士からのアドバイスを必要としています。その結果、コンサルティング業務の重要性が増してきています。

書類作成業務と提出手続代行業務は、極論を言えば、社会保険労務士であれば誰でも対応できる業務です。ルールに則って行うハード面の業務と言えるでしょう。一方でコンサルティング業務はソフト面の業務と言えます。


社会保険労務士と中小企業診断士の関係

「人」に関わるコンサルティング業務を行うときには、人のことだけではなく、経営の根幹である経営理念やビジョン、どのような組織を作りたいかという経営者の想いを汲み取ることが必要です。ただ、社会保険労務士の試験には経営全般を見渡すものがありません。そのため、試験の知識がそのまま使える1号・2号業務に留まってしまう社会保険労務士の方も少なくありません。

一方で、経営全般の知識を得て、よりスムーズにコンサルティング業務を行うために、中小企業診断士を取得する社会保険労務士がいます。また逆に、中小企業診断士を取得した後、人事労務に強い経営コンサルタントとなるために、社会保険労務士を取得する人もいます。

このように中小企業診断士と社会保険労務士は足りないものを補完しあう、相性の良い組み合わせです。

中小企業診断士の次のステップとして、社会保険労務士の資格を取得することで、人事労務に強い経営コンサルタントとして活躍することができます。

社会保険労務士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

社会保険労務士講座 無料お試し

  • 社労士試験の特徴と対策・合格ルールがわかる無料セミナー
  • 3講座が実際に体験できる!
  • 最適な順番で進む「学習フロー」も体験
  • スマホでいつでもどこでも解ける問題集も
さらに
学習経験者向け知識整理ツール
PDF冊子もプレゼント中!
スタディング社会保険労務士講座学習経験者向け頻出論点表
スタディング社会保険労務士講座
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き

【特別企画】早苗講師 インタビュー

①早苗講師の魅力
②社労士講座の魅力
③合格のポイント

試験情報

勉強法

仕事・やりがい