学生が社会保険労務士を取得するのは難しい?

社会保険労務士試験は、要件を満たせば大学在学中であっても受験することができます。とはいえ、合格率10%を切る難関試験だけに、試験に挑戦するからにはそれなりの準備が必要。今回は、社会保険労務士試験のさまざまな情報・データをお届けしますので、学生で取得を検討している方は判断材料にお使いください。

大学生が社会保険労務士を取得するメリット

大学生のうちに社会保険労務士の資格を取ると、就活も有利となり、就職後も企業から即戦力として期待されるなど、さまざまなメリットがあります。


就活が有利になる

卒業前に就職先を決めなければならない大学生にとって、就職活動は学生生活の中でも極めて大きなテーマです。そこで重視されるのが、面接時に採用担当者に好印象を与えられる資格の取得。多くの大学生は、本格的な社会人経験もないため、「意欲」や「将来性」「ビジョンの明確性」などが評価対象となりますが、これらに加えて、社会保険労務士のような有効ツールがあれば、企業に対する大きなアピール材料となるでしょう。


採用先からの期待と信頼が大きくなる

社会保険労務士は、人事・労務に関するさまざまな知識を持つと同時に、人事・労務管理全般に関する問題点を指摘し、改善策を企業に提案ができる「ヒト」に関するスペシャリストです。その資格を持つ人材は、労務管理に精通し、さまざまなビジネスシーンでその知識を生かして会社の業績拡大に貢献してくれることが期待されます。

社会保険労務士試験で問われる内容は、経営や労務管理など、いずれも企業活動にとって重要かつ不可欠なテーマばかりです。そのバックボーンを持つか持たないかで業務における取り組み方や行動、ビジネスと向き合う姿勢、それらのベースになる判断力など、ビジネスパーソンとしての資質に大きな差が生まれます。社会保険労務士資格の取得によって、新社会人として自信を持って大きな一歩を踏み出せるでしょう。


選択肢が広がる

大学卒業後の主なルートといえば、就職です。中には、これ一択しかないと考えている大学生もいるかもしれませんが、昨今では在学中に起業する若者も増えています。社会保険労務士の資格は、在学中あるいは卒業後の起業をバックアップしてくれる有効なツールです。卒業後の選択肢が増えることで、可能性も広がることが期待されます。


時間がある利点を生かそう

国家資格取得を目指す人の多くは、仕事をしながら試験勉強に励む社会人です。そんな彼らに共通する悩みといえば、「時間のなさ」でしょう。将来のためといいながら本業をおろそかにするわけにはいきませんから、何とか時間をやり繰りして学習に打ち込んでいます。中には、「大学生のうちに取っておけばよかった」と思う人もいるかもしれません。そう思ってしまうのは、大学生のほうが比較的時間に余裕があるからです。

確かに大学生とはいえ勉強・アルバイトと忙しい事情はあるかと思いますが、それでも社会人と比べると時間を確保しやすい生活です。「将来のために国家資格を取っておきたい」「ビジネスで通用する資格に興味がある」という考えの大学生の方は、なるべく時間のあるうちにその準備を進めることをおすすめします。

社会保険労務士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

社会保険労務士講座 無料お試し

  • 社労士試験の特徴と対策・合格ルールがわかる無料セミナー
  • 3講座が実際に体験できる!
  • 最適な順番で進む「学習フロー」も体験
  • スマホでいつでもどこでも解ける問題集も
さらに
学習経験者向け知識整理ツール
PDF冊子もプレゼント中!
スタディング社会保険労務士講座学習経験者向け頻出論点表
スタディング社会保険労務士講座
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き

【特別企画】早苗講師 インタビュー

①早苗講師の魅力
②社労士講座の魅力
③合格のポイント

試験情報

勉強法

仕事・やりがい