ITパスポートの申し込みはWEBから!

ITパスポート試験の申し込みは、申し込み時に必要になるIDの取得から領収書の発行まで、すべてWEBで行います。
今回はITパスポート試験の申し込みの手順を、申し込みの際の注意点も含めてご紹介いたします!

ITパスポート試験はどこで申し込みできますか?
ITパスポート試験は、ITパスポート試験公式HPから申し込みや試験の際に必要な利用者IDの取得から試験の申し込み、領収書の発行までをすべてWEBで行います!



ITパスポート試験の受験申込は、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)内にあるITパスポート試験公式HPより行います。
インターネットに接続できれば、パソコンからでもスマートフォンからも申し込みが可能です。
主な申込手順は以下の通りです。


受験申込~領収書発行までの流れ

  1. 利用者IDの登録
  2. 試験日・時間帯・試験会場を選択して受験申込み
  3. 「確認票」の確認
  4. 「領収書」の発行

1.利用者IDの登録

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)内にあるITパスポート試験公式HPの「受験申込みページにアクセスし、利用者IDを登録します。

※利用者IDの詳細な登録手順はこちらをご参照ください。


(1)利用者IDは受験申込や、試験結果の確認などを行うときに必要となる個人識別IDとなります。
利用者IDを使用して、受験申込、確認票のダウンロード、領収書のダウンロードのほか、試験会場・受験日時の変更、過去に受験した試験結果の照会が可能になります。

(2)最終受験日から1年経過、もしくは利用者ID登録後に受験をせず1年経過した場合、利用者IDは無効となり、再登録が必要になります。


2.試験日・時間帯・試験会場を選択して受験申し込み

利用者ログインページにて登録した利用者IDとパスワードでログイン後、試験会場・試験日・時間帯・受験料の支払い方法を選択して、受験申し込みを行います。


(1)試験会場は全国47都道府県に設置されており、試験日や時間帯も受験会場によって異なります。詳しくはこちらの記事で、ご紹介しています。
(2)受験手数料は5,700円になります。

※受験料が令和4年4月以降実施試験から改訂されます。詳細はIPA(情報処理推進機構)ホームページをご確認ください

<情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験の受験手数料の改定 >
【改定前】5,700 円 → 【改定後】7,500 円
※情報処理技術者試験は消費税込み。情報処理安全確保支援士試験は非課税。


(3)支払い方法は下記の種類があります。支払い方法及び受験の申し込み時間によって、予約可能な試験日が異なってきます。


受験手数料
支払い方法

受験手数料
支払い時間

予約可能
試験日

クレジット決済

バウチャー決済
※バウチャーとはITパスポート試験の
受験手数料支払いに使用できる
電子前売りチケットになります。
詳細はこちらからご確認ください。

00 : 00 ~ 11 : 59

申込日の翌日 ~ 3ヵ月後まで

12 : 00 ~ 23 : 59

申込日の翌々日 ~ 3ヵ月後まで

コンビニ 決済
※払込期限は申込日を含めて
3日目の23:59です。
例)4月10日に申込
→払込期限は4月12日の23:59まで

00 : 00 ~ 23 : 59

申込日の5日後 ~ 3ヵ月後まで

(4)申込日の2日後までに実施する試験に申し込んだ場合は、申し込み後、試験日時を変更することはできません。


3.「確認票」の確認

上記受験申し込みの完了後、受験者に「確認票発行のお知らせ」が届きます。
お知らせが届いたら、利用者IDでアクセスできる利用者メニューからダウンロードが可能です。


ダウンロードが完了したら、
受験番号・受験日・会場までの案内地図を確認します。

(1)確認票には、受験番号、利用者ID、確認コード、受験日、会場等、受験の際に必要な情報が記載されています。
(2)特に、試験当日は受験番号、利用者ID、確認コードを会場で入力しないと受験ができません。忘れずに確認票を印刷し、試験会場へお持ちください。


4.「領収書」の発行

領収書も確認票と同様、利用者IDでアクセスできる利用者メニューからダウンロードが可能です。
ただし確認票とは違い、受験手数料支払い方法毎に領収書のダウンロードが可能な日にちが設定されていますので、ご注意ください。


支払い方法 ダウンロード可能日
クレジット決済 申込完了日から
即日でダウンロード可能
バウチャー決済 バウチャーを購入すると購入者IDが付与され、
申込者メニュー画面へアクセスできます。
申込者メニュー内の
「申込関連メニュー」から領収書を発行できます。
コンビニ決済 申込完了日から
1週間程度でダウンロード可能


(1)領収書が発行されてから1年間はダウンロードが可能です。
(2)2回目以降の領収書ダウンロードを行う場合は、再発行の取り扱いとなりますのでご注意ください(領収書に再発行と記載されます)。

ITパスポート試験に短期間で合格するには?

「短期合格で合格を目指す5つのルール」
無料セミナーにて公開中!

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナ-「失敗例から学ぶ」配信中!

ITパスポート講座教材
無料セミナー


【短期合格セミナ-】
「失敗例から学ぶ ITパスポート短期合格セミナー」
【無料特典】
「頻出キーワード集(無料版)」


ITパスポート講座講義風景

無料動画講座


【初回講座 体験版】
①「基礎理論1 情報に関する理論」
②「企業と法務1 経営組織論」
③「開発技術1 システム開発技術」
ビデオ/音声講座、テキスト(暗記ツール)
スマート問題集、セレクト過去問集付き!
無料講座と無料セミナーを試してみる