ITパスポート試験合格後は上位資格を目指そう!

ITパスポート試験合格後は、上位資格取得を目指しましょう!ITパスポートの上位資格にはどのような資格があるかを紹介していきます!

ITパスポート試験に合格しました!次はほかの情報系資格に挑戦したいのですが、どのようなものがありますか?
ITパスポート試験の上位資格に、基本情報技術者試験などといった資格があります。


目次

  1. ITパスポート試験の上位試験取得に挑戦してみよう!
  2. 基本情報技術者試験


ITパスポート試験の上位試験取得に挑戦してみよう!

 ITパスポート試験は、情報処理技術者試験の中で、入門編のような位置づけの資格です。ITパスポート試験合格に向けた学習で、情報処理技術者試験自体に興味が沸いた方は、ぜひ上位資格への挑戦をお勧めします。

 というのも、ITパスポート試験の出題範囲は、下記の図の上位試験の出題範囲と骨格がほぼ同様なので、0から試験対策を始めるよりも、ぐっと対策がしやすくなります。

 今回は情報処理試験の中でも、ITパスポート試験合格後に比較的取り組みやすい「基本情報技術者試験」をご紹介します。

※(参考:情報処理推進機構https://www.ipa.go.jp/index.html



基本情報技術者試験

 基本情報技術者試験では、情報システム開発を行う業務で必要になる技術的な知識・用語が多岐にわたり出題されます。また、将来プログラマ・システムエンジニアなどの専門職を目指している方には、登竜門的な資格となっています。対象者像として「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けた者」とされています。

ITパスポート試験が「社会人すべてを対象にしたIT教養の習得」を目的にしているのならば、基本情報技術者試験は「IT業界人を対象としたIT基礎知識の取得」を目的としています。

試験概要

科目A試験 科目B試験
試験時間 90分 100分
出題形式 多肢選択式(四肢択一) 多肢選択式
出題数
解答数
出題数:60問
解答数:60問
出題数:20問
解答数:20問

※ITパスポート試験とは大きく違う点は、科目A試験と科目B試験の二つの試験に分かれている点です。また、ITパスポート試験と比べ、試験時間も長くなっています。
※試験名の科目A試験、科目B試験、免除試験は試験名称です。科目A試験と科目B試験は同日受験となる旨が試験実施団体であるIPAより発表されています。

【科目A試験】

科目A試験は四肢択一制の多肢選択式での出題形式となります。ITパスポート試験と同様のCBT形式で実施されます。基本情報処理試験の科目A試験は、ITパスポート試験の出題範囲とほぼ同様の問題が出題されます。テクノロジ系は多少知識が深くなりますが、ITパスポート試験に合格していれば、それほど難しくはありません。

【科目B試験】

科目B試験では、科目A試験と同様に多肢選択式の出題形式となりますが、問題文がITパスポート試験よりも若干長くなるため、解答のためのヒントを見つけるのが、ITパスポートと比べるとやや高度になります。

また、科目B試験は、疑似言語によるプログラミングの出題が8割となるため、対策が必須となります。


試験日

「基本情報技術者試験」は2022年下期までの間は、上期・下期の年2回の開催でしたが、2023年4月よりITパスポート試験と同様の通年実施となる旨が発表されています。


試験会場

基本情報技術者の試験会場は全国47都道府県の設置されている「テストセンター」で行われます。
受験希望の「テストセンター」についてはプロメトリック株式会社のホームページでご確認ください。


受験料

「基本情報技術者試験」、「ITパスポート試験」等の情報処理技術者試験の受講料は一律7,500円となります。

ITパスポート講座のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

ITパスポート講座 無料お試し

  • 短期合格するコツを大公開!無料セミナー
  • 豊富な図解や具体例を用いた動画講義を体験!
  • フルカラーWEBテキストに、用語を効率よく暗記できる「暗記ツール」!
  • スマホでいつでもどこでも解ける問題集も!
さらに
重要キーワードを厳選「頻出キーワード集」PDF冊子を無料プレゼント!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる15%クーポン付き