ITパスポート試験とは?

社会人に必要なIT知識習得を証明する国家試験

 現在、ITは普段の生活からビジネスまで、社会の隅々まで浸透しています。ITに関する知識がなければ、仕事も生活も難しい時代となります。
業種・職種問わず、ITの基礎知識を持ち合わせていなければ、企業の戦力にはなりえません。
 ITパスポートは、セキュリティ、ネットワーク等のIT知識はもちろん、経営戦略、マーケティング、財務・法務等の経営全般に関する知識など、幅広い分野の総合的な知識を身につけ、ITを正しく利用することを目的とした試験になります。


ITパスポート試験の特徴

(1)全国どこでも受験が可能!

 ITパスポート試験は全国47都道府県に設置されている受験会場で随時開催されています。開催頻度は都道府県によって異なりますが、毎週~2回ほどのペースで行われているので、自分の都合に合わせて受験日を決めることができます。
 会場毎に申込人数が設定されており、申込順で席が埋まっていきます。受験日を前もって決めておきたい場合は、早めの予約を心がけましょう。

※試験日程・試験会場についての詳細は以下をご確認ください。

(2)筆記試験ではなく、コンピュータを使用するCBT方式の受験

 CBT(Computer Based Testing)方式とは、コンピュータを用いた受験方式のことです。受験者は、マークシートや記述式のように実際に書く作業はせず、コンピュータで表示された問題に対し、マウスやキーボードを使用して解答していきます。
 この方式を採用したことで、下記のようなメリットがあります。

 ●CBT方式を用いることにより、場所を問わず全国各地で受験することは可能となり、ITパスポート試験の受けやすさが向上。

 ●その場で採点されるので受験結果がすぐにわかる。

※CBT方式の特徴詳細については以下をご確認ください。

(3)ITパスポート試験の合格率は約50%

 ビジネスのIT化が進み、ITパスポートに認知度が広まったこと、また、IT分野のカリキュラムが組み込んだ教育機関が増えてきたことにより、学生・社会人問わず、受講者数は年々増加しています。

 ITパスポート試験は、国家試験である情報技術者試験の試験区分の中では、情報技術者試験の中では最も低い初級レベル(レベル1)に位置付けられています。ITを駆使した専門性の高いスキルではなく、あくまでITを利用する上での基礎的な知識が範囲となっているため、難易度は高くありません。

 合格率はここ数年、平均50%前後となっていて、国家試験の中でも比較的取得しやすい試験です。

※学生・社会人別、年度別のデータはこちらより確認いただけます。

ITパスポート試験の試験制度

受験申込方法 WEBからの申し込み
試験日程・試験会場 全国47都道府県毎に試験日程・試験会場が設定
受験資格 受験資格は無。誰でも受験可能
出題形式 ストラテジ・マネジメント・テクノロジ分野 合計:120問
試験形式 CBT(Computer Based Testing)方式
受験料 5,700円
試験時間 120分
合格基準 (a)各分野 300点以上/1,000点 かつ (b)総合評価点 600点以上/1,000点


ITパスポート取得のメリット

業界、業種問わず、ITパスポート取得にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

幅広い分野の知識が取得できる!

ITパスポートでは、以下の知識をバランスよく習得することが可能となります。

●業務上、必要なIT基礎知識

 情報システム、ネットワーク、データベースなどITに関する基礎知識が体系的に身につきます。

●企業コンプライアンス・法令遵守に関する知識

 知的財産権等に関する法律知識、コンプライアンス知識を習得することで、
著作権・商標権侵害等の法律違反や個人情報漏洩リスクを理解し、コンプライアンス向上に貢献できます。

●経営全般に関する基礎知識

 ポートフォリオ分析、BSCなどの経営全般に関する知識、財務諸表・損益分岐点分析などの財務・会計知識の習得により、業務の課題把握・解決力の向上にITを活用することができます。

●情報セキュリティに関する基礎知識

 情報セキュリティの基礎知識を身につけ、インターネット、電子メール、社内システムなどを業務で利用する際、機密情報漏洩・コンピューターウィルス感染を含めた様々なリスクがあることが理解できます。

IT系上位資格への挑戦につながる!

 ITパスポート試験は、情報処理技術者試験の中でも入門編となっています。
ITパスポートで行った試験対策は、すべてのIT上位資格取得において、基礎部分として役立ち、また、試験範囲の骨格部分はITパスポートと同様の構成となりますので、試験対策が立てやすくなります。
 仕事の可能性を広げることにもつながりますので、ぜひとも上位資格に挑戦してみてください。

就職・転職時に有利!

 IT化が進む現代社会において、IT活用なしにはビジネスも成り立ちません。企業でもITの基礎知識を習得している人材を求めています。その指標の一つとして、企業・省庁等の採用で、ITパスポートが活用されはじめています。
 ITパスポートは経営・企業会計、業務分析などの業務知識と情報システム・情報セキュリティなどのIT知識を取得しているを証明する国家資格です。就職活動・転職活動において、大きなアピールポイントとなります。


いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
短期合格セミナ-「失敗例から学ぶ」配信中!


無料セミナー
短期合格セミナ-
「失敗しないITパスポート合格法5つのルール」

無料特典
「頻出キーワード集(無料版)」


無料動画講座
初回講座 体験版
①「基礎理論1 情報に関する理論」
②「企業と法務1 経営組織論」
③「開発技術1 システム開発技術」
ビデオ/音声講座、テキスト(暗記ツール)
スマート問題集、セレクト過去問集付き!

無料講座と無料セミナーを試してみる