社会保険労務士の資格について

社会保険労務士は、人に関するエキスパート

社会保険労務士とは?

社会保険労務士の資格を取るメリット

社会保険労務士とは、社会保険労務士法に基づいた国家資格です。社会保険労務士業務は多岐にわたりますが、一言で言えば、企業による人事労務管理をサポートする専門職です。どんな小さな会社でも、従業員がいる以上、労働条件や服務規律、社会保険への加入など、人事労務に関する諸問題を避けて通ることはできません。企業経営上の4大要素「人・物・お金・情報」の中で一番重要と言える「人」に関するエキスパートとして活躍できる資格です。

社会保険労務士の資格を取得すると、人事・労務管理全般に関する問題点を指摘し、改善策を企業に助言していきます。さらには、少子・高齢化社会の到来で変革する医療保険や年金制度などへの相談にも応じることができます。まさに、社会保険労務士は、これからの時代、「人」に関する諸問題を中心に取り扱うことができるので、その活躍の場は無限大です!

人事・労務管理のプロとして独立したい方はもちろん、働き方改革により、労働環境が変わりつつあることから、ニーズが高まっている労働関係法令の専門家として企業の中でキャリアアップしたい方や、また、年金や医療、介護保険の専門家として転職したい方などには、有効な資格といえるでしょう。


社会保険労務士の活かし方シーン

企業内でのキャリアアップ


現在、会社の中で労務・人事関連の部門に所属している方には、社会保険労務士の資格は非常に有効になります。例えば、労働関係手続などは、内容が複雑でわかりずらいところですが、その専門知識があれば、社内事務を合理化することが可能となるからです。また、これから、総務・人事など管理部門への移動を考えている方には、そのチャンスも大きく開かれると言えるでしょう。

就職・転職の武器に!


社会保険労務士の有資格者を社内に置く企業はまだまだ少なく、多くの企業が社外に労務管理や社会保険のスペシャリストに外注している状況です。そこで、社会保険労務士の資格があれば、専門知識を習得しているという証明になりますので、就職・転職の際にも、自分の能力を認めさせる強い武器になります。特に総務・人事部門を志望する場合には、社会保険労務士の資格は、強力なアピール材料になるでしょう。

人事・年金コンサルタントとして独立開業


これまでの人脈が活かせれば、開業してすぐに人事コンサルタントとして幅広い活躍ができるでしょう。現在、社会保険労務士を必要としている中小企業は、全国に約650万社あるといわれていますが、そのうち開業社会保険労務士が受託している事業所は約60万社に過ぎません。社会のニーズに比べて絶対数の足りない現在、将来の独立開業もしやすい資格。営業努力しだいで、年収1,000万円以上も実現可能です。
 また、年金アドバイザーのニーズは、高齢化社会の到来とともに年々高まっており、その引き合いは多くなっています。いま資格をとれば、複雑な年金制度に対応できる人材は少数ですから、年金の専門家として活躍できます。

人生100年時代!定年後も仕事を続けたい!!


人生100年時代、定年後の生活設計は切実な問題となりつつあります。社会保険労務士は、国家資格であり、生涯現役が可能な資格の1つです。社会保険労務士の資格をもてば、定年後の再就職の際にも、これまでのご経験と、専門性が高く評価されれば、有利となることでしょう。また、キャリアと人脈を活かせば、独立開業することも可能です。



なぜいま社会保険労務士が人気なのか?

社会保険労務士は、社会人が働きながら取得できる資格の中では最上位にランクされていることが大きな理由として考えられます。取得することにより実務経験などに裏打ちされた人事・労務関連全般の知識や能力でセルフブランディングが確立できます。

また、社会保険労務士資格は、「企業内で活用しやすい」という理由があります。TOEICや簿記など他の人気資格を見ても、「士業として独立」というよりは、取得してすぐ企業内でメリットが出るものが多いことが分かります。つまり、人事・労務管理という視点を日常業務へ活かしながら付加価値の高い人材に成長することが期待できるのです。

さらに、社会保険労務士資格は、「人事・総務関連の部署に管理部門の責任者として転職」「コンサルタントとして独立」など、資格を取得した後の活用シーンが豊富であることも人気の理由でしょう。このように、社会保険労務士には「ステータスが高い」「取得するとすぐに企業内で活用できる」「将来的に転職・独立といった豊富な活用シーンがある」ことが、幅広いビジネスパーソンから人気を集めている理由といえるでしょう。

社会保険労務士になるまで

合格者のうち、下記のいずれかに該当する者は、社会保険名簿に登録することによって社会保険労務士になることができます。

①実務経験2年以上、②事務指定講習を修了


短期間で合格するポイント

社会保険労務士は、短期間で合格する人と、なかなか合格できない人と個人差の大きい試験です。 差が出る理由としては、社会保険労務士が他の資格に比べて非常に試験範囲が広いという点が考えられます。つまり、特定の分野にこだわりすぎて掘り下げすぎてしまうと、勉強時間がいくらあっても終わらないのです。
一方で、出題傾向を明確にして試験に出やすい分野を重点的に勉強すれば合格できる試験でもあります。また、仕事をしながら学習するためには、通勤の時間など、すきま時間をうまく活用して学習した人が短期間で合格できるといえるでしょう。


いますぐ無料でお試しできます

社会保険労務士 短期合格セミナー配信中!

無料セミナー

「社会保険労務士 短期合格セミナー」
・社労士の業務と魅力
・社労士試験の仕組み
・社労士試験短期合格法とは
・スタディング 社会保険労務士講座の特色


無料動画講座

●基本講座(3講座分) の
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集
・「労災保険法1-総則」
・「労災保険法5-保険給付の種類等」
・「労災保険法6-傷病に関する保険給付」
●セレクト過去集「労災保険法」の抜粋版

無料講座と無料セミナーを試してみる

社会保険労務士資格をとるには

もっと知りたい社会保険労務士