「特別会員資格」と「正会員資格」はなにが違う?

一種・二種とある証券外務員資格。所属先の金融機関によってさらに「特別会員資格」と「正会員資格」に分類されます。今回は、特別会員と正会員の違いを説明するとともに、特別会員外務員試験の情報をお届けします。外務員試験を受験希望の方は、ぜひ参考までにご一読ください。


特別会員と正会員の違い

外務員一種・二種には、それぞれ「特別会員」と「正会員」があります。大まかに説明すると、銀行や保険会社向けの資格が特別会員、証券会社向けの資格が正会員となります。

特別会員

特別会員とは、日本証券業協会に加盟する金融団体のうち、証券会社(正会員)ではない銀行や保険会社などの金融機関のことをいいます。

特別会員資格は、これらの銀行などに勤務している人向けの資格で、特別会員である銀行等の従業員であることが受験の条件となります。

「特別会員一種外務員」と「特別会員二種外務員」があり、前者は選択権付き債券売買取引にかかる業務を含む、国債・投資信託など限られた有価証券を取り扱うことが可能。対して特別会員二種外務員は、選択権付き債券売買取引にかかる業務以外の有価証券の取引業務が可能です。

正会員

正会員一種・二種外務員とは、証券会社に勤務する外務員を指します。正会員資格の試験は誰でも受験することが可能。金融機関関係者だけでなく、一般の方にも門戸が開かれています。銀行や保険会社の従業員を対象とする特別会員に対し、業務の範囲が広く、取り扱える商品の種類も豊富です。

正会員一種外務員資格者は、株式をはじめとする有価証券や、信用取引・デリバティブ取引を含む幅広い取引業務を担当できます。正会員二種外務員資格者は、選択権付き債券売買取引と信用取引をのぞく金融商品の取引業務が可能です。


特別会員一種・二種試験の概要

特別会員一種・二種外務員試験は、銀行や生命保険会社など、証券会社以外の金融機関に勤務する関係者しか受験できません。また、申し込む際は勤務先の所属会員(日本証券業界に加盟する金融機関)を通して申請する必要があります。

出題科目

出題科目は、特別会員一種・二種ともに「法令・諸規則」「商品業務」「関連科目」の3科目です。特別会員二種の試験項目は、「金融商品取引法」「債券業務」「証券市場の基礎知識」など10項目。特別会員一種の試験項目は、二種の項目(証券市場の基礎知識をのぞく)に、「債券先物取引」「債券オプション取引」「特定店頭デリバティブ取引等」などが追加された12科目が対象となります。

試験内容

特別会員一種試験は1時間30分の時間内で行われ、全37問・270点満点で出題。7割以上(190点以上)で合格となります。

特別会員二種試験の試験時間は1時間10分。全26問200点満点の形式で行われ、7割(140点以上)で合格判定が下されます。

特別会員試験の合格率は?

特別会員一種・二種試験の合格率は、前者が平均35%、後者が平均40%で推移しています。正会員の合格率(一種約40%:二種約60%)と比べると、一種の合格率はそれほど変わりないものの、二種は低い傾向です。問題数を比較すると特別会員のほうが少なめですが、単純にそれだけで試験勉強が有利とならないことは、この結果を見れば明らかでしょう。


誰でも受験できるのは、正会員外務員資格

外務員資格には正会員・特別会員の2種類があり、一般人でも受験できるのは、正会員一種・二種です。当初は正会員でも一種受験は二種資格がなければ受けられなかったものの、近年改められて両方誰でも受験が可能となりました。初学者や、金融業界以外の業種で務めてきた方が外務員を目指すなら、正会員一種・二種いずれかを選んでください。

これから勉強を始める方は必見!外務員合格法 3つのルールを無料公開中!

試験の概要や短期合格法をわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら


  • 短期合格セミナー
    「失敗例から学ぶ着実に合格する勉強法3つのルール」
  • 通勤講座の無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト、スマート問題集、五択問題演習付き
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す