証券会社から内々定をもらったけど、独学で合格できる?

「証券会社から内々定をもらったけど、外務員の資格がない」こんなとき、慌てて試験勉強に取りかかる方もいるかもしれません。証券外務員試験は独学でも合格しやすいものの、より可能性を高めたいのであればインターネット講座などほかの勉強方法も模索してみましょう。今回は、証券外務員試験の勉強方法についてご説明します。

証券外務員を独学で勝ち取るには

証券外務員資格は、銀行・証券会社で金融商品の販売活動に携わる際、必須の資格です。金融に関する幅広い知識が必要であると同時に、取引を規制する諸規則・法令への理解と、不正を犯さない高い倫理観も求められます。

一般的になじみのない分野だけに、学習内容も難解で、高度な試験問題が出題されるようなイメージをもたれがちですが、合格率は一種40%・二種60%と、比較的合格しやすい資格と言えます。

試験勉強のスタイルは、DVDで学習する通信講座やインターネット講座などさまざまです。なかには、「外務員必携」などの公式テキスト一冊で、独学で乗り切るという方も少なくありません。「初心者で、証券外務員二種を受験する場合」に限って言えば、合格に必要な勉強時間は50時間程度。期間にして2カ月程度は確保したほうが良いでしょう。

また、すでに金融業務の経験を持つ方、ファイナンシャルプランナーなどの金融関連資格の所持者であれば、予備知識があるだけにもっと短期間での合格も可能です。

おすすめはEラーニング学習

独学でも合格できる可能性が高い外務員試験でも、万全を期して学習プランが充実した勉強方法の選択が好まれます。万が一、外務員試験に落ちたら「待機期間」のルールがあり、30日間は再受験が認められません。より短期間で、より確実に合格を目指すなら、独学ありきでなく、さまざまな学習スタイルを模索して選択することも考えてください。

効率性や利便性の観点からおすすめなのが、インターネットを利用して学習する「eラーニング」です。インターネット時代ならではの新しい学習スタイルで、スムーズな情報交換、学習履歴の一括管理など、それまでの通信講座ではなし得なかった機能やサービス提供が可能となりました。

さらに、近年ではスマートフォンの普及により、時間や場所の制約を受けることなく、「いつでも・どこでも」学習できるスタイルが実現しています。スマートフォン対応のeラーニング講座を受講すれば、通勤・帰宅などのスキマ時間を使って予習・復習も可能。独学で合格する自信がない場合は、ぜひインターネットで便利に学習できるeラーニングの教材や講座の受講をおすすめします。

スタディングは、いつでもどこでも学習できるオンライン講座です。
スマートフォンでも学びやすいように最適化されたシステムやレイアウト、機能が充実しています。外務員講座を無料でお試しいただくことができますので、是非ご体感ください。

証券外務員試験の効果的な勉強方法

最後に、証券外務員試験の勉強に取り組むうえでの対策をご紹介します。以下のポイントは、独学・通信講座に限らず、大切なことですのでぜひチェックしてください。

インプット・アウトプットの繰り返し

証券外務員試験は合格しやすい試験と言っても、インプット学習だけでは試験に合格するという意味では不十分です。テキストで覚えた知識を自分のものにするには、練習問題をこなすアウトプットが欠かせません。しかも、最後に模擬試験を一気に解くというより、毎回こまめに問題練習をする方が繰り返し学習で記憶に定着しやすくなるのでお勧めです。両方の学習をバランスよく計画的に進めていくことが大切です。

100点満点を取る必要はない

証券外務員試験は7割の得点で合格となります。そのため、すべての出題範囲で学習時間を均等に割り当てる必要はありません。特に重要と思われるテーマを絞り、重点的に学習する「選択と集中」型のスタイルが大切となります。

【○×方式の攻略】

 ○×方式の問題は、問題文が正しいか、間違っているかが分かれば正解できます。

 外務員試験では、法令や規則の知識を問う問題が多く出題されるので、「できる・できない」、「言葉の意味」、「規約や法令の定められた数値」などがよく出題されます。

 ○×方式の対策は、一問一答を繰り返し行い、出題パターンを理解しながら間違えた問題について一つづつ覚えていくというのが近道です。

【5択問題の攻略】

試験問題のうち、5択問題は配点が高いことで知られます。5択問題には、文章問題と計算問題があります。

文章による5択問題は、○×方式と攻略法は同じです。5択=○×問題が5個あるというふうに考えれば、一問一答で対策できます。

次に計算問題ですが、計算問題はよく出題されるテーマがかなり偏っていますので、事前に問題練習を繰り返し行うことがとても大切になってきます。同じパターンの問題が出たら確実に正解できるようにしておくことが重要です。よく出題されるパターンはせいぜい15~20種類くらいですので、繰り返し学習することは十分可能です。

(参考:計算問題がよく出題されるテーマ)

  • 株式業務
  • 債券業務
  • 証券税制
  • 投資信託及び投資法人に関する業務
  • 財務諸表と企業分析
  • 先物・オプション・デリバティブ(一種)

毎日コツコツ学習しよう

「日曜日にまとめて学習する」「試験日の1週間前に詰め込む」などの学習方法はおすすめできません。勉強は毎日の積み重ねで効果を生み出すもの。1日10分でも20分でも良いので、学習する習慣を身に付けましょう。ちょっとしたスキマ時間をコツコツ積み重ねていく日常が、合格という大きな成果をたぐり寄せてくれます。

これから勉強を始める方は必見!外務員合格法 3つのルールを無料公開中!

試験の概要や短期合格法をわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 短期合格セミナー
    「失敗例から学ぶ着実に合格する勉強法3つのルール」
  • 通勤講座の無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト、スマート問題集、五択問題演習付き
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す