外務員資格更新研修について

外務員講座 松本講師によるコラム
外務員試験の学習をされている方の中には、外務員試験に合格した後、外務員資格更新研修を受講しなければ、合格が取り消されると思われている方も多いのではないでしょうか。今回は、外務員資格更新研修について解説していきたいと思います。


1.外務員登録制度

 金融機関等で外務員業務を行うためには、必ず、一種外務員資格試験または二種外務員資格試験に合格しなければなりません。試験に合格することで、日本証券業協会から外務員資格が付与されます。つまり、外務員としての一定水準の知識があることが認められたことになります。しかし、外務員試験に合格しただけでは、外務員業務を行うことはできません。 

 外務員業務を行うためには、所属している協会員(金融機関等)を通じての外務員登録が必要となります。なぜ、外務員登録が必要なのかについては、日本証券業協会のホームページに下記のように示されています(引用:日本証券業協会ホームページ、外務員資格、外務員登録(4)外務員登録)。

  • 外務員は所属している協会員に代わって職務を行うことから、その職務には外務員個人だけではなく、その外務員が所属している協会員にも責任が発生します。そのため、国から外務員登録を受けた者でなくては、外務員として働くことができません。
  • 外務員登録制度は、外務員の欠格要件を定め、法令違反等をした外務員の登録を取り消す等の処分により外務員としての不適格者を排除することで、投資者の保護を図ることを目的としています。


2.外務員資格更新研修の流れ

 所属している協会員(金融機関等)を通じて外務員登録を行った者は、既登録者(新規以外)については、原則として外務員の登録を受けた日から5年ごとに外務員資格更新研修を受講しなければならず、新たに外務員の登録を受けた方及び再び外務員の登録を受けた方については、原則として180日以内に外務員資格更新研修を受講しなければなりません。 

 ご注意いただきたいのは、現在、協会員に所属していない方は、受講対象者ではないということです。よって、外務員試験に合格した後、協会員(金融機関等)を通じて外務員登録をされていない方(金融機関等に勤めていない方)は、外務員資格更新研修を受講することができないことにより、外務員資格が取り消されることはありません。外務員資格更新研修について、日本証券業協会のホームページに下記のように示されています(引用:日本証券業協会ホームページ、外務員資格登録研修(1)外務員資格登録研修)。

  • 外務員資格更新研修とは、外務員に対する投資者の信頼性を確保するとともに、外務員の一層の資質向上を図るために受講が義務付けられている研修です。
  • 本協会の規則に定められた一定の期間内に研修を受講・修了しない場合、外務員資格が停止されます。さらに、資格停止期間中に研修を受講・修了しない場合、外務員資格はすべて取り消されます。

 例えば、景気が良くなり始めると、企業は雇用を増やす傾向になるため、「新規求人数」が増えることになります。そのため「新規求人数」は先行指数に該当することになります。労働需給の面からみると、労働市場の好不況は景気とほぼ一致して動きますので、「有効求人倍率」は一致指数に該当することになります。また、家計面からみると、景気が良くなれば、収入が増えることにより消費が活発化し、逆に景気が悪くなれば、収入が減ることにより消費が減少します。よって、「家計消費支出」は、景気に遅行して動くことから遅行指数に該当します。


3.外務員資格更新研修の内容

 外務員資格更新研修は、所属している協会員(金融機関等)を通じて申込みが行われるため、個人での申込手続きは原則不要です。研修は、外務員試験と同様、1人1台のパソコンを通じて行われます。動画講義とそれに対するテストで構成されており、テストに合格すると次の講義に進むことができます。テストは全体の7割以上の正解で合格となり、7割に満たない場合には、もう一度動画講義に戻って内容を確認し、再度テストを受けることができます。 

 全ての講義とテストをクリアすることで、外務員資格更新研修は修了となります。参考までに外務員資格更新研修の受講者数、修了者数および合格率を下記に示しておきます(引用:日本証券業協会、業務・財務資料、第3編資料)。

 ● 2021年度、受講者数75,542名、修了者数75,519名、合格率99.9%
 ● 2020年度、受講者数73,032名、修了者数73,011名、合格率99.9%
 ● 2019年度、受講者数72,975名、修了者数72,934名、合格率99.9%

 上記の資料でわかるように、外務員資格更新研修を受講された方のほとんどが修了されています。しかし、外務員資格更新研修は、研修時間が決まっているため、その決められた研修時間の中で、全ての講義とテストをクリアしなければならない点には注意が必要です。


4.最後に

 外務員資格は、法令違反等による資格の取消し等がない限り、取り消されることはありません。例えば、金融機関等(協会員)から金融機関等(協会員)以外の仕事に転職した場合には、所属している金融機関等(協会員)を通じての外務員登録は外されることになりますが、外務員資格は失効になるわけではありません。その後、再度、金融機関等(協会員)に転職した場合には、その所属協会員から新たに外務員登録が行われることになります

松本敏郎プロフィール画像
松本 敏郎(まつもと としろう)プロフィール
大手予備校にて15年間、日商簿記検定、税理士簿記論などの講師として多くの受験生を指導。その後、研修講師として大手予備校の教材作成を行うとともに、大学や商工会議所などを中心に日商簿記検定や一種外務員の受験対策講座を開講している。資格試験の指導一筋で、これまで25年以上絶えることなく受験指導を行っている。
一種外務員、日商簿記検定1級、ビジネス会計準1級、ビジネス・マネジャー、メンタルヘルス・マネジメントⅠ種、銀行業務検定財務2級、銀行業務検定法務3級

外務員のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

外務員講座 無料お試し

  • 合格のために必要な勉強法が分かる無料セミナー!
  • 一種試験/二種試験の動画講義と問題演習を体験!
  • 豊富な図解で分かりやすく解説された講義スライド
    とWEBテキスト!
さらに
外務員試験において配点比率が高いとされる「五択問題」の対策講義も体験できます!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き