証券外務員二種とは?資格の取得方法含めて解説します。


証券外務員二種とは?できる事と一種との違いについて

証券外務員は、銀行や証券会社で、金融商品の勧誘や販売に努める人のことです。証券外務員になる為には、日本証券業協会が主催する証券外務員資格試験に合格し、金融機関に所属をして外務員登録をする必要があります。尚、証券外務員資格には一種と二種があり、取り扱える金融商品の範囲に下記のような違いがあり、それに伴って試験の内容や出題レベルが異なってきます。証券外務員二種は証券外務員の入り口と言える資格です。


証券外務員二種と一種の違い

種類 特徴
二種外務員 株式・国債・公社債・投資信託等のいわゆる現物を扱うことができる。
一種外務員 二種外務員が行える業務に加え、信用取引・デリバティブ取引などリスクの高い商品も含めて、金融商品取引に関する全ての金融商品を取り扱うことができる。

参考記事:証券外務員一種と二種はなにが違う?



二種外務員になるには?

二種外務員になるには、日本証券業協会の協会員になっている、証券会社および銀行などの金融機関に所属をして、外務員登録をしなければなりません。その為には、証券外務員資格試験二種に合格をする必要があります。


証券外務員 二種の効果的な対策について知るには

証券外務員二種について説明してきましたが、どのように対策するのが効果的なのでしょうか?

スタディング 証券外務員講座では、多くの合格者を輩出した人気講師による、短期で着実に合格するための勉強法に関するセミナーが無料で視聴できます。また、試験に関する最新情報も随時お届けするので、この機会に是非お試しください。

無料登録はこちらから

証券外務員 二種の資格試験について 難易度は?必要な勉強時間は?

証券外務員資格試験の二種は、年齢・学歴・経歴などの受験資格の制限はなく、誰でも試験を受けることができます。尚、特定の試験日が設けられているのではなく、全国のテストセンターで、土日祝日を除きほぼ毎日試験が開催されています。時間帯もご自身の都合に合わせて選択できるので、比較的「受けやすい試験」と言えるでしょう。

参考記事:証券外務員資格 試験日程(一種・二種)


二種外務員試験では、金融商品の取引に関する問題が全部で70問出題されます。分野は「法令・諸規則」「商品業務」「関連科目」の3つで、詳細は下記の通りです。尚、出題形式は、○×問題は50問、五択問題が20問と、全て選択式です。全300点満点で70%、つまり210点以上で合格となります。

科目 内容
法令・諸規則
  • 金融商品取引法
  • 金融商品の勧誘・販売に関係する法律
  • 協会定款・諸規則
  • 取引所定款・諸規則
商品業務
  • 株式業務
  • 債券業務
  • 投資信託及び投資法人に関する業務
  • 付随業務
関連科目
  • 証券市場の基礎知識
  • 株式会社概論
  • 経済・金融・財政の常識
  • 財務諸表と企業分析
  • 証券税制
  • セールス業務

参考記事:証券外務員の試験制度


・試験の難易度は?

試験の難易度を測る目安の一つが合格率です。「合格率=難易度」という訳ではありませんが、合格のしやすさを見るうえでのバロメーターとなります。証券外務員資格試験二種の合格率は60%から70%で推移しています。毎年3,000名前後の方が受験し、2,000名前後の合格者が出ています。受験される方は、金融機関への就職を考えている学生の方から、初めて金融業に携わる主婦の方まで様々で、受験者層が幅広いことを踏まえると、比較的合格しやすい試験と言えるでしょう。

受験年度 受験者数 合格者数 合格率
2020年度  2,725名  1,878名  68.9%
2019年度  3,131名  2,042名  65.2%


参考記事:証券外務員試験の難易度、合格率は?


・合格に必要な勉強時間は?

合格に必要とされる勉強時間を知ることで、いつから勉強を始めて、日々どれくらい勉強すればよいか、試験日まで計画をたてて準備することが出来ます。一般的に証券外務員資格試験二種に合格するためには、50~80時間ほどの勉強時間が必要と言われています。ただ、当然ながら個人差があり、もともと経済を学んでいた方はそこまでかからないでしょうし、勉強の得意不得意もあると思います。余裕をもって受けることが理想ですが、1日あたり1時間勉強するとして、3ヶ月ほどで合格ラインの力がついてくるのではないでしょうか。

参考記事:合格に必要な勉強時間は?


証券外務員 二種 資格試験の2つの攻略ポイントは?

・出題傾向を掴む

証券外務員資格試験二種に合格する為にはまず試験についてもう少し知っておく必要があります。証券外務員資格試験は先述の通り、全国のテストセンターでほぼ毎日実施されています。もちろんそれぞれの試験で毎回同じ内容が出題されるわけではありません。予めストックされた多数の問題の中から、都度ランダムに問題が選出されて、出題されるのです。このような試験形式をCBT試験と呼ぶのですが、CBT試験の場合は受験する方に公平になるように出題されると同時に、問題パターンに傾向があるので、結果として押さえるべきポイントも見えてきます。よって頻出問題のパターンを重点的に学習することが、攻略の糸口です。

参考記事:証券外務員試験ではどのような問題が出題される?


・計算問題を得意とする

また、中でも証券外務員資格試験では計算問題が多数出題されます。かつ、配点比率も大きいので合否への影響が大きいです。計算問題と聞くと「なんだか難しそう…」という方も多いと思いますが、頻出テーマはある程度決まってますので、計算プロセスを理解して公式を覚えておくことで、対策が可能です。事前に問題練習も繰り返しておけば、試験本番では「数字を変えただけの問題を計算するだけ」という状態になりますので、得点源できるよう勉強しておきましょう。



参考記事:証券外務員の計算問題の特徴と対策


証券外務員 二種 資格試験合格の為の3つの学習方法とは?

最後に、証券外務員資格試験に合格する為の学習方法についてご紹介します。以下は、オンライン講座でも独学でも共通のポイントとなるので是非チェックしてください。

・アウトプット学習(問題演習)をスキマ時間に繰り返す

テキストを読み込む等のインプット学習だけでは知識の定着は難しく、アウトプット学習をすることで知識の整理ができ、勉強したはずなのに忘れていたことや曖昧だったこと、勉強できていなかったことが明確になります。これを繰り返すことにより着実に得点力をアップさせていくことが可能です。また、繰り返すためには勉強する回数を増やしていく必要がありますが、いざまとまった時間を使おうとするとなかなか時間が確保できません。よってスキマ時間の活用が効果的です。

・メリハリをつけて、重要テーマを中心に学習する

証券外務員資格試験の範囲はとても広いです。全てを細かく理解しようとするといくら時間があっても足りなくなってしまいます。まずは「合格する」ことに照準を絞り、頻出箇所を重点的に勉強することが大切です。中でも先述の通り、計算問題の対策は欠かせません。計算問題については必ず理解して解答できるようにしておきましょう。結果として、他の広い範囲を漏れなく記憶するよりも、効率的に得点を稼げるようなるかと思います。

・無理なく継続し、最後まで学習する

最も重要なこととして「最後まで勉強を継続する」ことがあげられます。実際、不合格になるケースとして、試験範囲の前半でガス欠になってしまい最後まで到達しない、ということが多いです。勉強を継続するには、小さな成功体験を積み重ねてモチベーションを維持することが大切です。その為にも、一つめでご紹介した「問題演習をスキマ時間に繰り返す」が重要となります。

参考記事:短期間で証券外務員試験に合格するポイント


まとめ

いかがでしたでしょうか。証券外務員二種の説明から始まり、試験の特徴とその攻略ポイントまでお伝えしてきました。これから資格の取得が必要で、不安な気持ちもあるかと思いますが、その資格を知ることで少し和らいではないでしょうか。少しでも証券外務員試験合格にお役にたてたら幸いです。

これから勉強を始める方は必見!外務員合格法 3つのルールを無料公開中!

試験の概要や短期合格法をわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら


  • 短期合格セミナー
    「失敗例から学ぶ着実に合格する勉強法3つのルール」
  • スタディングの無料体験版
    動画/音声講座、テキスト、スマート問題集、五択問題演習付き
今すぐ無料セミナーと初回講座を試す