1級建築士試験大学合格ランキング

2020(令和2)年の1級建築士試験では、学科試験合格率が20.7% 製図試験合格率が34.4%でした。、総合合格率が10.6%でした。全体の合格率は例年通り約1割にとどまりますが、出身大学に目を向けるとさまざまな傾向が見えてきます。

学習効果の高く、沢山の本を所蔵する大学の図書館

合格者のランキング

2018(平成30)~2020(令和2)年に実施された試験において、合格者数がランキング10位までに入った大学は以下のとおりです。

2018

2019

2020

1位

日本大学(209人)

1位

日本大学(192人)

1位

日本大学(162人)

2位

東理大学(117人)

2位

芝浦工業(110人)

2位

東理大学(141人)

3位

芝浦工業(100人)

3位

東理大学(92人)

3位

芝浦工業(119人)

4位

早稲田大学(96人)

4位

早稲田大学(88人)

4位

早稲田大学(88人)

5位

近畿大学(77人)

5位

近畿大学(66人)

5位

近畿大学(70人)

6位

明治大学(75人)

6位

法政大学(60人)

6位

法政大学(69人)

7位

神戸大学(70人)

6位

明治大学(60人)

7位

九州大学(67人)

8位

千葉大学(66人)

8位

工学院大学(57人)

7位

工学院大学(67人)

9位

工学院大学(58人)

8位

九州大学(53人)

9位

名工大学(65人)

10位

都市大学(54人)

10位

千葉大学(49人)

10位

千葉大学(62人)

10位 明治大学(62人)

合格者数を比較する限り、1位~4位は日本大学、東京理科大学、芝浦工業大学、早稲田大学で変動がありません。とくに日本大学は毎年のように他大学を大きく引き離しています。

5位以下も、順位の変動は見られるものの近畿大学、明治大学、工学院大学、千葉大学と同じような顔ぶれが並びます。神戸大学、法政大学もランクインする年が多いです。


まとめ

今回ご紹介したデータは、合格者のうち、「学歴」を受験資格として申し込みをした方の卒業大学別の人数となります。現在、大学別の合格率は公表されておりませんので、どの大学に入学できれば建築士に合格しやすいと、一概にいうことはできません。

しかし、同じ道を目指す仲間の多い環境で学習できることは、モチベーションアップにも繋がりますし、将来仕事をしていく上でのコネクションも生まれやすくなるのではないでしょうか?

将来建築士を目指され、現在大学選びに迷われている方はぜひ参考になさってみて下さい。

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
現在、短期合格セミナー配信中!

スタディング 建築士講座 無料動画セミナー

無料セミナー

1級建築士まるわかりセミナー
1級建築士とは?/試験の概要と対策
スタディングの講座と学習システムを一挙公開!
合格ルール/講座の特長と活用方法
スタディング式「製図対策」はこれだ!
製図の問題点と4つの対策/7つの特色
スタディング 建築士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座(2講座分) の動画/音声講座、テキスト、スマート問題集
「計画-学習のポイント」/「計画-病院・高齢者施設」
「環境・設備のポイント」/「環境・設備-日照と日射」
セレクト過去集
「計画」「環境・設備」
製図講座(1講座分)の動画/音声講座
図面作成の手順」
無料講座と無料セミナーを試してみる


建築士資格をとるには

もっと知りたい建築士

1級建築士について

建築士試験情報

2級建築士について

建築士試験情報