1級建築士になるには?受験資格や実務経験は必要?

「1級建築士」になるには、国家試験を受験し、登録を受けることが必要です。現在建築業界に身を置かれている方やこれから建築業界で働くことを希望されている方が、今後どのように「1級建築士」を目指していけばよいのか、解説していきます。

建築士とは?

資格の名称のことを言い、国家資格を取得し、その仕事に就いている人のことを言います。

「建築士」は、個人や企業の依頼を受け、報酬を得て、建築物の「設計」や「工事監理」をすることができます。この建物を建築するための「設計」や「工事監理」は、建築士の独占業務です。

建築士には1級建築士・2級建築士・木造建築士の3種がありますが、その業務範囲は建築物の規模などによって異なります。「2級建築士」は主に、住宅規模の設計や工事監理を行います。大規模なビルや商業施設など、一定規模以上の設計や工事監理は「1級建築士」しか行うことができません。

1級建築士・2級建築士・木造建築士の違いについては以下で解説しておりますので、ご確認下さい。

参考記事:建築士の資格概要


1級建築士の資格試験を受けるには?


国家試験の中には、学歴や経験に関わらず誰でも受験することが可能な資格もありますが、1級建築士の試験は誰でも受験することができる資格ではありません。

1級建築士の資格試験を受験するには以下のような条件があります。

建築に関する学歴又は資格等

大学、短期大学、高等専門学校、専修学校等において、指定科目を修めて卒業した者

二級建築士

建築整備士

その他国土交通大臣が特に認める者(外国大学を卒業した者等)


「大学、短期大学、高等専門学校、専修学校等において指定科目を修めて卒業した者」として受験をするのであれば、国土交通大臣の指定する建築に関する科目の単位を取得して卒業している必要があります。この科目とは「建築設計製図」「建築環境工学」「構造力学」等といった建築に関する学問のことで、体系的に学んでいる必要があります。
※建築に関する学歴については、学校の入学年が「平成21年度以降の者」と「平成20年度以前の者」とでは要件が異なります。
 詳しくは、(公財)建築技術教育普及センターのページをご覧ください。


建築関係の学校を卒業していなければ、建築士を目指すことができないのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、方法がないわけではありません。2級建築士の場合は、実務経験を7年経ることで、受験資格を得ることができます。まず、2級建築士を取得した上で、1級建築士試験を受験する、というようにステップアップしていくことが可能です。


また、元々は建築とは無縁の分野で働かれている社会人の方でも、資格取得に挑戦し、夢を叶えているケースはあります。例えば、あらためて学校に通うことで学歴を満たすことです。仕事を続けながら勉強を両立したい場合、通信制や夜間学校が適しています。


参考記事:建築と無縁の社会人でも、建築士になれる!


1級建築士試験とは?

1級建築士の資格試験は毎年1回行われます。
1次試験である学科試験と、2次試験である設計製図試験があり、設計製図試験は学科試験に合格した方しか受験することはできません。そのため、建築士を目指す方はまず、学科試験の合格を目標に学習を進められることになるでしょう。

・学科試験
学科試験は5科目、125問の4肢択一での試験です。
科目の詳細は、学科Ⅰ[計画]・学科Ⅱ[環境・設備]・学科Ⅲ[法規]・学科Ⅳ[構造]・学科Ⅴ[施工]の5科目です。点数配分や試験時間も科目により異なっています。

125点満点の試験で、毎年90点前後が合格基準点となっています。科目ごとにも足切り点が設定されていますので、苦手科目の内容に学習を進めなければなりません。合格できるのは、毎年20%前後の難易度の高い試験です。

学科試験の詳しい説明については、下記をご確認下さい。


参考記事:建築士試験の特徴、試験科目と攻略ポイント~学科編~


・製図試験

学科試験に合格した方のみが進むことができるのが設計製図試験は、学科試験に合格した年から5年間の内で3回受験のチャンスが与えられます。3回のチャンスで不合格になってしまうと、また学科試験から受験をやり直す必要があるため、しっかりとした対策をし、試験に挑む必要があります。

設計製図試験は、事前に公告された「設計課題」に対して、6時間30分の試験時間内に依頼主(出題者)の要求を設計条件から的確に読み取り、利用者の利便と周辺環境を考慮した建築物の計画と作図を行います。

受験者の解答はランクⅠ~Ⅳの4段階の評価を得て、そのうち、ランクⅠを得た方が合格となります。合格できるのは、毎年35~40%前後の方です。


参考記事:建築士試験の特徴、試験科目と攻略ポイント~製図編~



実務経験とは?


1級建築士試験における実務経験とは、建築に関する実務についていた経験をいいます。


1級建築士の資格試験を受けるためには、実務経験が必要だと聞いたことがある方がいらっしゃるかもしれません。2019年以前の試験では、学歴要件だけでは試験を受けることができず、あわせて実務経験が必要でした。しかし、2020年以降の試験では、建築士法の改正により試験制度が大きく変わり、実務経験なしで1級建築士試験を受けられるケースが生まれました。


ただし、受験時に実務経験は必要なくなりましたが、試験合格後に建築士として免許を登録するための要件として実務経験が必要となりました。

以前の制度では、指定科目を修めて卒業した方が1級建築士の受験をする場合、大学卒業後に建築実務の経験を2年以上経ることが必要でしたが、新しい制度では「卒業した年から建築士受験が可能」となり、「試験に合格した上で、卒業後の実務経験の合計が2年以上あれば、1級建築士として登録することが可能」となりました。

実務経験

 一級建築士の受験要件 登録に必要な実務経験
大学2年以上
短期大学(3年)3年以上
短期大学(2年)・高等専門学校4年以上
二級建築士
2級建築士として4年以上
建築設備士建築設備士として4年以上
国土交通大臣が同等と認めるもの所定の年数以上


試験制度の変更により、2019年以前は受験が出来なかった、実務経験の浅い方の受験が可能になったということです。
試験制度が緩和された背景としては、現在、業務を行っている建築士や受験者の高齢化が進んでおり、今後、建築物の安全性の確保等における、重要な役割をになう人材の確保が困難とされたからです。
つまり、間口を広げて、受験機会を拡大することで、より多くの方に建築士を目指してもらいたいと考えているのではないでしょうか?


この変更の影響をより多く受けるのは「学生」の方です。卒業した年に1級建築士試験を受験することが可能になったということは、学生時代から学習をスタートさせることができるということです。

また、学生受験できるケースも以前より増えました。
例えば、「大学」で建築に関する科目を修めて卒業した後、「大学院」に進んだ場合などです。就職活動時にすでに1級建築士試験に合格していれば、強いアピールポイントになるのではないでしょうか?


受験資格の改正について詳しく知りたい場合は以下をご確認下さい。

参考記事:建築士の受験資格の改正はいつから?


まとめ

1級建築士試験を受験するためには「学歴要件」もしくは「2級建築士・建築設備士の資格」が必要なこと、建築士として登録するためには「実務経験」が必要なこと、そして、試験制度の変更により、より早い段階での受験が可能になったということがお分かりいただけたかと思います。

これから1級建築士を目指される方は、現在の状況やライフスタイルに合わせ、受験資格を得る方法や受験のタイミングをご検討下さい。

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
現在、短期合格セミナー配信中!

スタディング 建築士講座 無料動画セミナー

無料セミナー

1級建築士まるわかりセミナー
1級建築士とは?/試験の概要と対策
スタディングの講座と学習システムを一挙公開!
合格ルール/講座の特長と活用方法
スタディング式「製図対策」はこれだ!
製図の問題点と4つの対策/7つの特色
スタディング 建築士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座(2講座分) の動画/音声講座、テキスト、スマート問題集
「計画-学習のポイント」/「計画-病院・高齢者施設」
「環境・設備のポイント」/「環境・設備-日照と日射」
セレクト過去集
「計画」「環境・設備」
製図講座(1講座分)の動画/音声講座
図面作成の手順」
無料講座と無料セミナーを試してみる


建築士資格をとるには

もっと知りたい建築士

1級建築士について

建築士試験情報

2級建築士について

建築士試験情報