建築士試験の受験案内および願書の入手方法

建築士試験を受験するためには、受験案内と願書を受け取り、期限までに指定先へ提出しなければなりません。1日でも間違えてしまうと、次の年まで待たなければならないので気を付けたいところです。今回は、建築士の受験案内および願書の入手方法などについてご紹介します。

受験案内および願書の入手方法

受験案内および願書の入手方法はふたつあります。具体的には、「窓口による配布」と「郵送による配布」です。窓口による配布は、試験実施機関である建築技術教育普及センター指定の場所で行われます。

受験案内および願書の配布期間は、一級建築士試験の場合「4月下旬~5月上旬」、二級建築士試験の場合「3月上旬~4月中旬」です。ただし、郵送配布と窓口配布で期間が異なることがあるので注意してください。


▶申込書の受付

受験案内および願書を受け取ったら、期限内に受験申込書を提出します。提出方法は、「郵送による受付」「インターネットによる受付」「受付場所による受付」の3つです。

申込の受付期間は、以下のとおりです。同じ申し込み方法でも、1級建築士試験と2級建築士試験では期間が異なるため注意しましょう。

1級建築士試験

2級建築士試験

インターネットによる受付

4月中旬~下旬

4月上旬の一週間

郵送による受付

4月中旬~下旬

4月上旬

受付場所による受付

5月上旬の一週間

4月中旬の一週間


また、申込時には学科試験と設計製図試験の両方に申し込む必要があります。学科試験の合格後に設計製図試験に申し込むわけではないため注意してください。学科試験免除者もこのタイミングで設計製図試験の申込をします。

提出場所は、1級建築士試験と2級建築士試験ともに住所地の建築士会の指定する場所となっています。間違えることのないよう、事前に確認しておきましょう。


遅れないよう早めに入手、提出することが大切

建築士試験は、受験案内および願書の入手方法や、申込書の提出方法が複数あります。また、期限も各方法によってさまざまなので、遅れずに手続きを済ませ、勉強に集中できる環境を作りましょう。

受験案内および願書の入手方法や申込書の提出に関する詳細な情報は、「公益財団法人 建築技術教育普及センター」のホームページをご覧ください。

いますぐ無料でお試しできます

建築士 短期合格セミナー配信中!

建築士 スタディング
無料セミナー

「建築士 短期合格セミナー」
1級建築士まるわかりセミナー
 ・1級建築士とは?/試験の概要と対策
スタディングの講座と学習システムを一挙公開!
 ・合格ルール/講座の特長と活用方法
スタディング式「製図対策」はこれだ!
 ・製図の問題点と4つの対策/7つの特色


建築士 スタディング 無料体験
無料動画講座

●基本講座(2講座分) の
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集
・「計画-学習のポイント」 / 「計画-病院・高齢者施設」
・「環境・設備のポイント」 / 「環境・設備-日照と日射」
セレクト過去集「計画」・「環境・設備」の抜粋版

無料講座と無料セミナーを試してみる