建築士試験の難易度や特徴は?合格率や属性データで読み解く!

家だけでなく街づくりのためにも欠かせない建築士。その資格試験はどんな人が合格するのでしょうか?そこで今回は、1級建築士・2級建築士の過去の試験の合格率や合格者データを元に、試験の特徴や難易度を読み解いていきましょう。

過去3年(H30年~R2年)の合格率

まずは、1級建築士試験と2級建築士試験双方について、直近3年間の受験者数や合格者・合格率などをご紹介します。

▶一級建築士試験

平成三十年

令和元年年

令和二年

受験者数

合格率

受験者数

合格率

受験者数

合格率

合格者数

合格者数

合格者数

学科

25,878

18.3%

25,132

22.8%

30,409

20.7%

4,742

5,729

6,295

製図

9,251

41.4%

10,151

35.2%

11,035

34.4%

3,827

3,571

3,796

総合

30,545

12.5%

29,741

12.0%

35,783

10.6%

3,827

3,571

3,796


▶二級建築士試験

平成30年

令和元年

令和2年

受験者数

合格率

受験者数

合格率

受験者数

合格率

合格者数

合格者数

合格者数

学科

19,557

37.7%

19,389

42.0%

18,258

41.4%

7,366

8,143

7,565

製図

10,920

54.9%

10,884

46.3%

11,253

53.1%

5,997

5,037

5,979

総合

23,533

25.5%

22,715

22.2%

22,628

26.4%

5,997

5,037

5,979


1級と2級で比較した場合は、学科、製図、総合ともに2級の方が合格率は高いです。これは1級建築士であれば、2級建築士の業務範囲をすべてカバーした上で、より大きい規模の建築に携わることができるため、当然の結果と言えるでしょう。

学科試験と設計製図試験で比較した場合は、1級建築士試験・2級建築士試験ともに、設計製図試験と比べて学科試験の方が合格率が低いことがわかります。

学科試験は1級は計画、環境設備、法規、構造、施工の5科目、2級は計画・環境設備、法規、構造、施工の4科目で構成されています。1級2級とも出題範囲が広く、様々な分野の総合的な知識がなければいけないのが特徴です。1級では20%前後、2級でも40%前後の試験ですので、まずは、学科試験を合格するために注力すべきと言えるのではないでしょうか。

設計製図試験は、事前のその年度の試験に関する課題が発表され、その課題い即した試験問題が出題されます。その上で、条件に合った建築物の図面を描き上げるといった実技試験です。一見事前準備ができるように感じますが、実際に図面を描くという実技試験ですので、対策が難しく、学科試験という狭き門を潜り抜けてきた方だけが受ける試験であるという点を踏まえれば、決して簡単な試験ではないと言えるでしょう。


令和2年(2020年)の合格者

建築士試験の合格者には、どのような共通点があるのでしょうか。以下では、令和2年のデータ(製図試験合格者)を元に、学歴・職業・年齢など、項目別に合格者の特徴を確認します。

▶学歴・受験資格別

●一級建築士試験

区分

構成割合

大学

76.2%

2級建築士

14.3%

専修学校

4.9%

建築整備士

0.8%

その他

3.8%


●二級建築士試験

区分

 構成割合

学歴のみ

78.6%

学歴+実務経験

5.7%

実務経験のみ

15.3%

建築整備士のみ

0.4%


▶職域

受験者の多くが建築関連の職域についていることがわかります。1級では建築事務所と建設業が大半を占めるのに対して、2級では扱える建築物の規模の関係からハウスメーカーが割合上位をしめています。また、学生の合格者が多いのも1級とは違った傾向と言えるでしょう。

●一級建築士試験

区分

構成割合

建築士事務所

31.6%

建設業

32.1%

官公庁等

7.4%

住宅メーカー

16.3%

学生・研究生

1.6%

その他11.0%


●二級建築士試験

区分

  構成割合   

住宅メーカー・工務店・大工

35.2%

建設業

20.3%

学生・研究生

19.8%

建築士事務所

11.6%

不動産業

3.0%

官公庁等2.3%
研究・教育機関0.2%
その他7.6%


職務内容別

幅広い職務の方が受験されていることが分かると思います。建築士試験の範囲は広いため、さまざまな分野を学習する必要がありますが、経験したことのある職務に関連した分野からですと学習が捗るかもしれません。

●一級建築士試験

職務 構成割合
建築設計 41.9%
構造設計 8.9%
設備設計 4.6%
積算 1.6%
工事監理 6.1%
施工管理・現場管理 19.0%
技能労務 0.6%
調査・鑑定 0.2%
手続代理 0.1%
敷地選定
0.8%
研究・教育 0.9%
営業 1.3%
行政 5.4%
学生・研究生 1.5%
その他(建築関連職務) 5.0%
その他
2.1%


●二級建築士試験

職務 構成割合
建築設計 28.2%
施工管理・現場管理 22.6%
学生(大学生を含む)研究生 19.7%
営業 5.2%
技能労務(大工等) 4.1%
工事監理・工事の指導監督 3.5%
行政 1.7%
積算 1.7%
構造設計 1.5%
設備設計 1.2%
調査・鑑定 0.5%
研究・教育 0.4%
手続代理 0.3%
その他(建築関連職務) 4.6%
その他 4.8%


▶年齢別

下記を確認するとさまざまな年齢層の方が合格していることが分かります。たとえ若くても、しっかりと対策をすれば合格できる試験ということでしょう。

●一級建築士試験

区分

構成割合

23歳以下

6.0%

24~26歳29.2

27~29歳

23.8%

30~34歳

19.7

35~39歳

10.6%

40歳以上

10.7%


●二級建築士試験

区分

構成割合

24歳以下

59.6%

25~29歳

12.9%

30歳代

16.2%

40歳代

9.2%

50歳以上

2.1%


▶男女比

女性の社会進出は進んでいるものの、下記を見るとこの業界は男性建築士が多いことが分かります。

一、二級建築士試験

区分

1級建築士試験

2級建築士試験

男性

71.8%

61.8%

女性

28.2%

38.2%


▶学校別

令和2年の1級建築士試験で、合格者を45名以上輩出した学校のみを列挙しました。全国各地の学校から合格者が出ていることが分かります。有名大学出身ばかりではありません。建築系の学部に力を入れており、毎年多くの合格者を輩出しているところもあります。

学校名

合格者数

日本大学

162

東京理科大学

141

芝浦工業大学東

119

早稲田大学

88

近畿大学

70

法政大学

69

九州大学

67

工学院大学

67

名古屋工業大学

65

千葉大学

62

明治大学

62

神戸大学

58

京都大学

55

大阪工業大学

55

東京都市大学

52

京都工芸繊維大学

49

関西大学 46


データから読み解く建築士試験のまとめ

構成割合に違いがあれど、様々な属性を持つ方が建築士試験にチャレンジされ合格していることがおわかりいただけたかと思います。

「建築士になるためには有名大学に行かなければいけない」「男社会だから女はついていけない」「年を取ったら合格できない」などの固定観念を捨て、せいいっぱいの努力をすれば合格に近づけるのではないでしょうか。


関連:一級建築士試験って難しい?合格率や特徴は?~学科編~

関連:一級建築士試験って難しい?合格率や特徴は?~設計製図編~

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
現在、短期合格セミナー配信中!

スタディング 建築士講座 無料動画セミナー

無料セミナー

1級建築士まるわかりセミナー
1級建築士とは?/試験の概要と対策
スタディングの講座と学習システムを一挙公開!
合格ルール/講座の特長と活用方法
スタディング式「製図対策」はこれだ!
製図の問題点と4つの対策/7つの特色
スタディング 建築士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座(2講座分) の動画/音声講座、テキスト、スマート問題集
「計画-学習のポイント」/「計画-病院・高齢者施設」
「環境・設備のポイント」/「環境・設備-日照と日射」
セレクト過去集
「計画」「環境・設備」
製図講座(1講座分)の動画/音声講座
図面作成の手順」
無料講座と無料セミナーを試してみる