建築士を目指す人はどんな人?受験者データを読み解く

家だけでなく街づくりのためにも欠かせない建築士。試験は決して簡単ではありませんが、毎年多くの方が受験しています。難易度が高いため、有名大学を出ていなければ合格できないと考えている方もいるかもしれません。そこで今回は、過去の試験のデータを元に、どんな方が建築士を目指しているのか確認します。

直近3年間の受験者データ

まずは、1級建築士試験と2級建築士試験双方について、直近3年間の受験者数や合格者・合格率などをご紹介します。

▶1級建築士試験

平成28年

平成29年

平成30年

受験者数

合格率

受験者数

合格率

受験者数

合格率

合格者数

合格者数

合格者数

学科

26,096

16.1%

26,923

18.4%

25,878

18.3%

4,213

4,946

4,742

製図

8,653

42.4%

8,931

37.7%

9,251

41.4%

3,673

3,365

3,827

総合

30,648

12.0%

31,061

10.8%

30,545

12.5%

3,673

3,365

3,827


▶2級建築士試験

平成28年

平成29年

平成30年

受験者数

合格率

受験者数

合格率

受験者数

合格率

合格者数

合格者数

合格者数

学科

20,057

42.3%

19,649

36.6%

19,557

37.7%

8,488

7,197

7,366

製図

11,159

53.1%

10,837

53.2%

10,920

54.9%

5,920

5,763

5,997

総合

23,333

25.4%

23,735

24.3%

23,533

25.5%

5,920

5,763

5,997


上記を確認すると、1級建築士試験・2級建築士試験ともに、設計製図試験と比べて学科試験の難易度が高いことが分かります。学科試験免除制度がある以上、まずは学科試験対策を優先すべきでしょう。


2018年(平成30年)の合格者データ

建築士試験の合格者には、どのような共通点があるのでしょうか。以下では、2018年のデータを元に、学歴・職業・年齢など、項目別に合格者の特徴を確認します。

▶学歴・受験資格別

現行制度では、学歴や受験資格について以下のようになっています。ただ、令和2年から新制度の下、受験資格が緩和されます。構成割合に変化が見られるかもしれません。

●1級建築士試験

区分

構成割合

大学

74.1%

2級建築士

15.8%

各種学校

5.0%

建築整備士

0.6%

その他

4.4%


●2級建築士試験

区分

構成割合

学歴のみ

74.8%

学歴+実務経験

9.2%

実務経験のみ

15.5%

建築整備士

0.5%


▶職域

とくに1級建築士試験について、現行制度では受験するために必ず実務経験が必要とされていますが、新制度では実務経験なしで受験できるケースが増えます。そのため、職域についても学生の割合が増えることが予想されるでしょう。

●1級建築士試験

区分

構成割合

設計事務所

35.0%

建設業

36.7%

官公庁等

9.5%

プレハブ住宅会社

8.3%

その他

10.5%

●2級建築士試験

区分

構成割合

建設会社・工務店・大工

40.3%

学生・研究生

16.1%

建築士事務所

14.3%

プレハブ住宅会社

12.4%

その他

16.9%


▶年齢別

難しいイメージのある建築士試験ですが、下記を確認するとさまざまな年齢層の方が合格していることが分かります。たとえ若くても、しっかりと対策をすれば合格できる試験ということでしょう。

●1級建築士試験

区分

構成割合

24~26歳

20.0%

27~29歳

25.4%

30~34歳

25.2%

35~39歳

14.4%

40歳以上

14.1%


●2級建築士試験

区分

構成割合

24歳以下

53.7%

25~29歳

16.3%

30代

18.5%

40代

9.4%

50歳以上

2.1%


▶男女比

女性の社会進出は進んでいるものの、下記を見るとこの業界は男性建築士が多いことが分かります。

●1・2級建築士試験

区分

1級建築士試験

2級建築士試験

男性

73.7%

64.8%

女性

26.3%

35.2%

▶学校別

2018年の1級建築士試験で、合格者を30名以上輩出した学校のみを列挙しました。全国各地の学校から合格者が出ていることが分かります。

学校名

合格者数

日本大学

209

東京理科大学

117

芝浦工業大学

100

早稲田大学

96

近畿大学

77

明治大学

75

神戸大学

70

千葉大学

66

工学院大学

58

東京都市大学

54

大阪工業大学

50

名城大学

49

京都大学

47

法政大学

46

九州大学

45

関西大学

42

名古屋工業大学

39

京都工芸繊維大学

38

東海大学

38

東北大学

37

首都大学東京

36

大阪市立大学

35

横浜国立大学

34

東京電機大学

34

立命館大学

34

金沢工業大学

33

東京工業大学

33

福岡大学

33

神奈川大学

32

熊本大学

31

名古屋大学

31

信州大学

30


合格者は有名大学出身者ばかりではない

学校別の合格者データが顕著であるように、建築士試験の合格者は有名大学出身ばかりではありません。建築系の学部に力を入れており、毎年多くの合格者を輩出しているところもあります。

「建築士になるためには有名大学に行かなければいけない」「男社会だから女はついていけない」「年を取ったら合格できない」などの固定観念を捨て、せいいっぱいの努力をすれば合格に近づけるのではないでしょうか。

いますぐ無料でお試しできます

建築士 短期合格セミナー配信中!

建築士 スタディング
無料セミナー

「建築士 短期合格セミナー」
1級建築士まるわかりセミナー
 ・1級建築士とは?/試験の概要と対策
スタディングの講座と学習システムを一挙公開!
 ・合格ルール/講座の特長と活用方法
スタディング式「製図対策」はこれだ!
 ・製図の問題点と4つの対策/7つの特色


建築士 スタディング 無料体験
無料動画講座

●基本講座(2講座分) の
ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集
・「計画-学習のポイント」 / 「計画-病院・高齢者施設」
・「環境・設備のポイント」 / 「環境・設備-日照と日射」
セレクト過去集「計画」・「環境・設備」の抜粋版

無料講座と無料セミナーを試してみる