建築と無縁の社会人でも、建築士になれる!

建築業界未経験の状態から建築士を目指すのは、遅いと思われるでしょうか。実際には、建築分野に無縁だった社会人がさまざまな方法で資格取得に挑戦しています。建築設計に興味をもっていれば、具体的にどんな方法があるか気になるでしょう。そこで今回は、建築士の受験資格を得るための条件や仕事と両立できる勉強のスタイルをご紹介します。


資格取得には学歴か実務経験が不可欠

建築士の試験を受けるには、一定の学歴か実務経験が不可欠です。受験資格は、建築士の種類によって異なります。

これまで建築分野に関わった経験がない場合、主な選択肢は学校に行くか設計事務所で働くかのふたつです。大学や専門学校に入るなら、指定科目を修了して卒業すると受験資格を得られます。大卒であれば、3年生から編入する方法もあります。

設計事務所で働く場合、7年以上の実務経験を積むと2級建築士・木造建築士の試験を受けられます。建築関係の学歴がなくても、問題ありません。2級建築士の資格を認定されれば、大学や専門学校に進まなくても1級建築士を受験できます。ただし、1級建築士として登録するには、2級建築士の資格登録日から4年以上の実務経験が必要となります。建築設備士の資格を取得している場合も、1級建築士を受験できます。


夜間学校は仕事と勉強を両立しやすい

建築関係の学校では、専門知識を体系的に学べます。仕事を続けながら勉強を両立したい場合、夜間学校が適しているでしょう。

大学や専門学校の夜間クラスに通うと、昼間は働いていても建築士になるための準備を進められます。学校によっては通信講座を開設しており、通学しなくても指定科目の単位取得が可能です。入学から卒業まで、最短なら2年間で2級建築士・木造建築士の受験資格を得られます。建築事務所に就職し、実務経験を積むために7年間を費やす必要はありません。

夜間専門学校の多くは、高校の復習を兼ねた基礎カリキュラムから授業が始まります。建築物の構造研究や建築士による講義がある点は、従来のカリキュラムと大きく変わりません。1年目は建築の基礎知識を、2年目に実践・応用分野を学ぶのが一般的なスタイルです。卒業後、2級建築士に合格するための対策講座を開いているところも少なくありません。

さらに実務経験を積んで1級建築士を目指すなら、就職・転職までサポートしてくれる夜間学校を選んだほうが得策といえます。


学費の問題には奨学制度などで対応

学校に行くとなると、避けて通れないのが学費の問題。予算的に厳しければ、奨学金制度などを利用する方法があります。

学費に関しては、入学金免除、学費免除のほか各種の支援制度を用意している学校が少なからず見られます。日本学生支援機構の奨学金も、利用可能です。貯金が足りず事前の資金調達が間に合わなくても、学費が払えないからと入学を断念することはありません。

奨学金を利用する際、注意したいのは金額です。日本学生支援機構の場合、卒業後に働きながら返していく必要があります。安易にたくさん借りると、返済が大きな負担になるかもしれません。奨学金を申請する場合には、あらかじめ返済プランを立ててから無理のない範囲で計画的に利用してください。

お金の心配がなくなったら、あとは勉強に専念するだけです。社会人を受け入れる体制が整っている学校なら、夜遅くまで働いていてもフォローしてもらえます。自分に合った夜間学校を見つければ、しっかり実力を磨いて資格試験に臨めるでしょう。


まとめ

社会人になってからでも、所定の条件を満たし試験に合格すれば建築士の資格を取得できます。以前に建築を学んでいなくても、ある程度の年数があれば2級・木造建築士から1級建築士まで目指せます。未経験の分野で専門知識を身につけるのは大変ですが、いくつか選択肢はありますので自分が取り組みやすいスタイルを見つけて勉強を進めてください。

建築士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

建築士講座 無料お試し

  • 1級建築士まるわかりセミナー!
  • 2級建築士まるわかりセミナー!
  • 建築士講座の動画講義が実際に体験できる!
  • セレクト過去問集付き!
さらに
これから学習を始める方が知りたいことをまとめたすスタートガイド冊子も公開中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き


建築士資格をとるには

もっと知りたい建築士

1級建築士について

建築士試験情報

2級建築士について

2級建築士試験の特徴は?難易度と攻略ポイント~学科編~

建築士試験情報