令和2年(2020年)1級建築士試験「学科の試験」合格発表

令和2年 1級建築士試験情報


令和2年(2020年)1級建築士試験「学科の試験」合格者6,295人、合格率20.7%!

令和2年9月8日(火)に公益財団法人 建築技術教育普及センターから、令和2年 1級建築士「学科の試験」の合格者が発表されました。

令和2年試験は、30,409人の受験者に対して、合格者が6,295という結果でした(前年度の合格者は5,729人)。

また、合格率は20.7でした。前年の令和元年(2019年)と比較して2.1%下降したものの、近年の合格率のなかでは平均よりやや高めな合格率であったといえます。

合格された方、本当におめでとうございます。

次の「設計製図の試験」は、10月11日(日)に実施され、合格者の発表は、12月25日(金)が予定されています。

このまま合格を目指して、がんばりましょう。

令和2年 (2020年)1級建築士「学科の試験」試験結果について

  • 試験日:令和2年7月12日(日)
  • 実受験者数:30,409人(前年25,132人)
  • 合格者数:6,295人(前年5,729人)
  • 合格率:20.7%(前年22.8%)

※ 公益財団法人 建築技術教育普及センターの発表より


直近6年間の「学科の試験」結果

実受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
平成27 25,804 4,806 18.6
平成28 26,096 4,213 16.1
平成29 26,923 4,946 18.4
平成30 25,878 4,742 18.3
令和元 25,132
5,729 22.8
令和2 30,409 6,295 20.7

1級建築士「学科の試験」合格基準点について

各科目及び総得点の基準点は下記のように発表されています。

学科Ⅰ 計画 学科Ⅱ環境・設備 学科Ⅲ 法規 学科Ⅳ構造 学科Ⅴ施工 総得点
基準点 11 10 16 16 13 88

※各科目及び総得点の基準点全てに達している者を合格とする。

なお、合格基準点について、各科目は過半の得点、総得点は概ね 90 点程度を基本的な水準として想定していたが、本年の試験問題は例年に比べて学科Ⅱの難易度が高く、また、総じて難易度が高かったことから、上記合格基準点としている。


※公益財団法人 建築技術教育普及センターホームページ「▼令和2年1級建築士試験「学科の試験」の合格発表について(令和2年9月8日)」より

いますぐ無料でお試しできます

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。
現在、短期合格セミナー配信中!

スタディング 建築士講座 無料動画セミナー

無料セミナー

1級建築士まるわかりセミナー
1級建築士とは?/試験の概要と対策
スタディングの講座と学習システムを一挙公開!
合格ルール/講座の特長と活用方法
スタディング式「製図対策」はこれだ!
製図の問題点と4つの対策/7つの特色
スタディング 建築士講座 無料動画講座

無料動画講座

基本講座(2講座分) の動画/音声講座、テキスト、スマート問題集
「計画-学習のポイント」/「計画-病院・高齢者施設」
「環境・設備のポイント」/「環境・設備-日照と日射」
セレクト過去集
「計画」「環境・設備」
製図講座(1講座分)の動画/音声講座
図面作成の手順」
無料講座と無料セミナーを試してみる

建築士資格をとるには

もっと知りたい建築士

 建築士試験情報