令和4年(2022年)1級建築士試験「学科の試験」合格発表

令和4年 1級建築士試験情報


令和4年(2022年)1級建築士試験「学科の試験」合格者30,007人、合格率21.0%!

令和4年9月6日(火)に公益財団法人 建築技術教育普及センターから、令和4年 1級建築士「学科の試験」の合格者が発表されました。

令和3年試験は、30,007人の受験者に対して、合格者が6,289という結果でした(前年度の合格者は4,832人)。

また、合格率は21.0でした。前年の令和3年(2021年)の15.2%から上昇しました。

合格された方、本当におめでとうございます。

次の「設計製図の試験」は、10月9日(日)に実施され、合格者の発表は、12月26日(月) が予定されています。

このまま合格を目指して、がんばりましょう。


令和4年 (2022年)1級建築士「学科の試験」試験結果について

  • 試験日:令和4年7月24日(日)
  • 実受験者数:30,007人(前年人)
  • 合格者数:6,289人(前4,832人)
  • 合格率:21.0%(前年15.2%)

※ 公益財団法人 建築技術教育普及センターの発表より


直近7年間の「学科の試験」結果

実受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
平成27 25,804 4,806 18.6
平成28 26,096 4,213 16.1
平成29 26,923 4,946 18.4
平成30 25,878 4,742 18.3
令和元 25,132
5,729 22.8
令和2 30,409 6,295 20.7
令和3 31,696 4,832 15.2

1級建築士「学科の試験」合格基準点について

各科目及び総得点の基準点は下記のように発表されています。

学科Ⅰ 計画 学科Ⅱ環境・設備 学科Ⅲ 法規 学科Ⅳ構造 学科Ⅴ施工 総得点
基準点 11 11 16 16 13 91

* 各科目及び総得点の合格基準点すべてに達している者を合格とする。
* なお、合格基準点について、各科目は過半の得点、総得点は概ね 90点程度を基本的な水準として想定していたが、総じて難易度が低かったことから、上記合格基準点としている。

公益財団法人 建築技術教育普及センターホームページより

建築士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

建築士講座 無料お試し

  • 1級建築士まるわかりセミナー!
  • 2級建築士まるわかりセミナー!
  • 建築士講座の動画講義が実際に体験できる!
  • セレクト過去問集付き!
さらに
これから学習を始める方が知りたいことをまとめたすスタートガイド冊子も公開中!
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き


建築士資格をとるには

もっと知りたい建築士

1級建築士について

建築士試験情報

2級建築士について

2級建築士試験の特徴は?難易度と攻略ポイント~学科編~

建築士試験情報