建築士の仕事内容や年収は?

建築士の仕事は多岐にわたり、資格は数種類に分かれます。資格の種類によって業務内容には差があり、平均年収も一律ではありません。今回は建築士の具体的な仕事内容や級数ごとの違いをご紹介しますので、どのクラスの資格を取るか選ぶときの参考にしてください


建築士の仕事内容と役割

建築士の仕事は、大きく「設計」と「工事監理」の2段階に分かれます。建物の具体的な設計から、工事の監理まで担当します。

建築士が最初に取りかかる作業は、設計図の作成です。施主から依頼を受けると、その意向に沿って図面を描きます。デザインや内装について要望に応えるだけでは、不十分です。建築基準法にもとづき、安全性や耐震性も考慮しなければいけません。施主と打ち合わせを繰り返し、依頼内容と法的条件のいずれも満たす図面を仕上げていきます。

図面が完成したら、実際の工事に着手します。現場で設計士に求められる重要な役割は、作業状況をしっかり監督・指揮することです。建築計画にしたがい、図面通りに工事が進んでいるか確認は怠れません。工事業者と連携をとり、工事の円滑化をはかります。建築士の仕事では、法律の規定を守ったうえで施主がイメージする建物を実現することが大切になるのです。


資格の種類による仕事内容の違い

建築士の資格は1級建築士、2級建築士、木造建築士の3種類に分かれ、それぞれ取り扱える建築物には違いがあります。

▶1級建築士

1級建築士が取り扱える建造物には、とくに制限がありません。一般住宅をはじめ、あらゆる建物の設計や工事監理を担当できます。学校、病院、百貨店といった各種の大規模な建築物でも、延べ面積に関係なく取扱可能です。

▶2級建築士

2級建築士は、一般の戸建住宅を取り扱える点で1級建築士と共通しています。鉄筋コンクリートや鉄骨造の建物も設計できます。1級建築士との違いは、延べ面積500平方メートル以上の大型建物、延床面積1000平方メートル、全高13メートル、もしくは軒高9メートルを超える建物の設計を許可されていないところです。

▶木造建築士

木造建築士が取り扱える建物は、木造に限られます。鉄筋コンクリート、鉄骨造、石造、無筋コンクリート造、コンクリートブロック造、レンガ造などは許容範囲に含まれません。建物の規模も、延べ面積300平方メートル以下の1階か2階建てまでです。

これらの特徴から、1級建築士の担当は主に国営の大型建物や商業施設、2級建築士であれば個人向けの家屋、木造建築士なら木造住宅と大まかに区別されています。

資格ごとに異なる建築士の平均年収

  • 建築士の平均年収は、取扱可能な建物の差異から資格ごとに違いが見られます。
  • ▶1級建築士

  • 2019年の厚生労働省の賃金構造基本統計調査によれば、1級建築士の平均年収*1は703万円です。男女で比較した場合は、男性が718万円、女性が608万円となっています。
  • *1賃金構造基本統計調査による、きまって支給する現金給与額×12か月分+年間賞与その他特別給与額で算出した額

  • 男女で差があり、女性の方が低い傾向にあります。
  • しかし、この男女差は、日本の平均年収からみると少ない傾向にあることがわかります。
  • 2019年の国税庁の民間給与実態統計調査結果によれば、日本の平均年収*2は436万円となっており、男性が540万円、女性が296万円となっています。この数値と比較すると1級建築士の平均年収は、日本の平均年収を大きく上回っていることが見えてきます。
  • 1級建築士は社会で重要な役割を担っており、資格を取得することで、男女問わず、建設業界で活躍することが可能ということではないでしょうか。
  • *2国税庁による、民間給与実態統計調査の「1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与」より
  • また、平均年収の差は企業規模、年齢や勤務年数とも無縁ではありません。
  • まずは、企業規模別のグラフをご覧ください。
  • ※グラフは賃金構造基本統計調査による、きまって支給する現金給与額×12か月分+年間賞与その他特別給与額で算出した額を表示
  • 1級建築士が活躍できる会社は、ゼネコン、ハウスメーカー、建築事務所等様々ですが、企業規模の大きい会社ほど、その平均年収に差がでることがわかります。特に1,000人以上の従業員のいる大企業では年収900万円と1級建築士の中でもかなり高額な給与です。

  • 次は、年齢のグラフもご覧ください。

  • ※グラフの年収は賃金構造基本統計調査による、きまって支給する現金給与額×12か月分+年間賞与その他特別給与額で算出した額を表示

  • 20代で経験を積み、30代以降から700万超えの高い年収をキープし続けていることがお分かりいただけると思います。
  • 60歳を超えると年収は下降を始めますが、一般的に定年を迎える方が多いためと思われます。一級建築士のうち、所属建築士として登録されている方(一級建築士として仕事をしている方)は約14万人で、その中でも、60歳以上が占める割合は1/3以上*3だと公表されています。ピークに比べると給与は下がってしまうことが多いようですが、定年退職後も安定して続けられる職業だということが分かります。
  • *3 国土交通省:建築行政に係る最近の動向を参照

  • 最後は、年齢のグラフです。
  • 入社時~4年目まではほぼ横ばい、5年目以降に給料が上がり始め、10年のベテランとなると大きな伸びを見せます。15年以上の数値が下降気味となっているのは、60歳以上の方が多く含まれており、定年後は給与が下降傾向にあるため、平均として下がってしまうと想定されます。着実に経験を重ね、それに見合った昇給をされている方が多いのではないでしょうか。

  • ▶2級建築士
  • 1級建築士のように国交省が発行した正確なデータはありませんが、求人サイトの掲載を元に確認したところ、2級建築士の年収は、300万~700万円前後が多いようです。1級と同様、職種や会社の規模が年収の幅に少なからず影響しています。中小企業の場合、工事監理だけでなく営業や企画も兼任したほうが年収は高まる傾向にあるのではないでしょうか。

  • ▶木造建築士
  • 木造建築士の平均年収は正確には把握できていませんが、推定金額は350万円ほどです。木造建築士の資格は大工を職種とする場合に取得することが多く、その年収を参考に推定金額は計算されています。

  • 1級建築士を目指すなら!スタディング建築士講座!
    忙しい方でも続けやすい、試験対策に特化した最小限の学習を極めたオンライン講座です。

    スタディング建築士講座 ~オンライン学習という選択肢~


    まとめ

    建築士は、施主の思い描いた建物を形にする仕事です。入居者の安心・安全も、忘れてはいけません。資格には3種類あり、それぞれ平均年収は異なります。どの資格を取得するかは、自分が目指す仕事や年収などさまざまな要素を考慮したうえ判断してください。

    建築士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

    建築士講座 無料お試し

    • 1級建築士まるわかりセミナー!
    • 2級建築士まるわかりセミナー!
    • 建築士講座の動画講義が実際に体験できる!
    • セレクト過去問集付き!
    さらに
    これから学習を始める方が知りたいことをまとめたすスタートガイド冊子も公開中!
    お申込み後すぐに受講が試せる!
    自動契約・更新はありません
    お得に受講できる10%クーポン付き


    建築士資格をとるには

    もっと知りたい建築士

    1級建築士について

    建築士試験情報

    2級建築士について

    2級建築士試験の特徴は?難易度と攻略ポイント~学科編~

    建築士試験情報