建築士の仕事内容や年収は?

建築士の仕事は多岐にわたり、資格は数種類に分かれます。資格の種類によって業務内容には差があり、平均年収も一律ではありません。今回は建築士の具体的な仕事内容や級数ごとの違いをご紹介しますので、どのクラスの資格を取るか選ぶときの参考にしてください

建築士の仕事内容と役割

建築士の仕事は、大きく「設計」と「工事」の2段階に分かれます。建物の具体的な設計から、工事現場の管理まで担当します。

建築士が最初に取りかかる作業は、設計図の作成です。施主から依頼を受けると、その意向に沿って図面を描きます。デザインや内装について要望に応えるだけでは、不十分です。建築基準法にもとづき、安全性や耐震性も考慮しなければいけません。施主と打ち合わせを繰り返し、依頼内容と法的条件のいずれも満たす図面を仕上げていきます。

図面が完成したら、実際の工事に着手します。現場で設計士に求められる重要な役割は、作業状況をしっかり監督・指揮することです。建築計画にしたがい、図面通りに工事が進んでいるか確認は怠れません。場合によっては各々の作業員に指示し、工事の円滑化をはかります。現場スタッフとも話し合いを重ね、必要があれば図面も修正します。建築士の仕事では、法律の規定を守ったうえで施主がイメージする建物を実現することが大切になるのです。


資格の種類による仕事内容の違い

建築士の資格は1級建築士、2級建築士、木造建築士の3種類に分かれ、それぞれ取り扱える建築物には違いがあります。

▶1級建築士

1級建築士が取り扱える建造物には、とくに制限がありません。一般住宅をはじめ、あらゆる建物の設計や工事監理を担当できます。学校、病院、百貨店といった各種の大規模な建築物でも、延べ面積に関係なく取扱可能です。

▶2級建築士

2級建築士は、一般の戸建住宅を取り扱える点で1級建築士と共通しています。鉄筋コンクリートや鉄骨造の建物も設計できます。1級建築士との違いは、延べ面積500平方メートル以上の大型建物、延床面積1000平方メートル、全高13メートル、もしくは軒高9メートルを超える建物の設計を許可されていないところです。

▶木造建築士

木造建築士が取り扱える建物は、木造に限られます。鉄筋コンクリート、鉄骨造、石造、無筋コンクリート造、コンクリートブロック造、レンガ造などは許容範囲に含まれません。建物の規模も、延べ面積300平方メートル以下の1階か2階建てまでです。

これらの特徴から、1級建築士の担当は主に国営の大型建物や商業施設、2級建築士であれば個人向けの家屋、木造建築士なら木造住宅と大まかに区別されています。

資格ごとに異なる建築士の平均年収

  • 建築士の平均年収は、取扱可能な建物の差異から資格ごとに違いが見られます。勤務する企業の規模も、年収と無縁ではありません。

  • 2017年に発表された厚生労働省の調査結果によれば、1級建築士の平均年収は643万円です。具体的な内訳は、300万~1,000万円前後とかなりの幅があります。資格は同じでも、働き方や勤務先によって大きな開きが生じると考えられています。

  • 2級建築士の平均年収は、300万~700万円前後です。1級と同様、職種や会社の規模が年収の幅に少なからず影響しています。中小企業の場合、工事監理だけでなく営業や企画も兼任したほうが年収は高まる傾向にあるといわれています。木造建築士の平均年収は正確には把握できていませんが、推定金額は350万円ほどです。

  • 木造建築士の資格は大工を職種とする場合に取得することが多く、その年収を参考に推定金額は計算されています。それぞれの数字を比較する限り、取扱可能な建物の多さに比例して平均年収は上がると解釈できます。

  • まとめ

    建築士は、施主の思い描いた建物を形にする仕事です。入居者の安心・安全も、忘れてはいけません。資格には3種類あり、それぞれ平均年収は異なります。どの資格を取得するかは、自分が目指す仕事や年収などさまざまな要素を考慮したうえ判断してください。

    いますぐ無料でお試しできます

    建築士 短期合格セミナー配信中!

    建築士 スタディング
    無料セミナー

    「建築士 短期合格セミナー」
    1級建築士まるわかりセミナー
     ・1級建築士とは?/試験の概要と対策
    スタディングの講座と学習システムを一挙公開!
     ・合格ルール/講座の特長と活用方法
    スタディング式「製図対策」はこれだ!
     ・製図の問題点と4つの対策/7つの特色


    建築士 スタディング 無料体験
    無料動画講座

    ●基本講座(2講座分) の
    ビデオ/音声講座、テキスト、スマート問題集
    ・「計画-学習のポイント」 / 「計画-病院・高齢者施設」
    ・「環境・設備のポイント」 / 「環境・設備-日照と日射」
    セレクト過去集「計画」・「環境・設備」の抜粋版

    無料講座と無料セミナーを試してみる