平成31年度の筆記試験は択一試験がなくなる⁉

技術士試験は、平成31年度(2019年度)から試験制度が改正される予定です。
今回は、二次試験の必須科目が記述式へ変更になる点をまとめてみました。


平成31年度技術士第二次試験の筆記試験は、どのような改正がありますか?
午前中に行われる必須科目が択一試験ではなく、記述式論文試験に変更となります。

二次試験-筆記試験の変更点-

改正前<~平成30年度(2018年度)> 改正後<平成31年度(2019年度)~>
必須科目 必須科目
問題の種類 試験方法 試験時間 配点 問題の種類 試験方法 試験時間 配点
「技術部門」全般に
わたる専門知識
択一式
20問出題
15問解答
1時間30分 30点 「技術部門」全般に
わたる専門知識、応用能力、
問題解決能力及び課題遂行能力
記述式1問
600字詰用紙
3枚以内
出題数は2問程度
2時間 40点
選択科目 選択科目
問題の種類 試験方法 試験時間 配点 問題の種類 試験方法 試験時間 配点
「選択科目」に関する
専門知識及び応用能力
記述式3問
600字詰
用紙4枚以内
2時間 40点 変更なし 記述式2問
600字詰
用紙3枚以内
出題数は回答数の2倍程度
3時間30分 30点
「選択科目」に関する
課題解決能力
記述式1問
600字詰
用紙3枚以内
2時間 40点 「選択科目」に関する
問題解決能力及び課題遂行能力
変更なし 30点

※総合技術監理部門の筆記試験及び口頭試験に変更はありません。


必須科目の択一試験が廃止

平成31年度(2019年度)の試験から、二次試験の必須科目の択一試験が廃止され、記述式の試験(論文試験)に変更されます。論文試験に変わることで、求められる能力、試験時間、配点も変更となります。

ちなみに、平成19年~平成24年度までの試験は、択一試験ではなく記述式試験でしたので、過去の試験制度に戻るといったイメージです。

(1)求められる能力

改正前<~平成30年度(2018年度)> 改正後<平成31年度(2019年度)~>
必須科目 「技術部門」全般にわたる専門知識 「技術部門」全般にわたる専門知識、応用能力、問題解決能力及び課題遂行能力
選択科目 「選択科目」に関する課題解決能力 「選択科目」に関する問題解決能力及び課題遂行能力

・平成30年度試験までの「必須科目」で、求められる能力は「技術部門」全般にわたる専門知識」のみでしたが、平成31年度からは、応用能力、問題解決能力、課題遂行能力が求められます。特に、問題解決能力課題遂行能力は「選択科目」でも追加されています。

(2)試験時間・試験方法

改正前<~平成30年度(2018年度)> 改正後<平成31年度(2019年度)~>
試験時間 必須科目:1時間半
選択科目:専門知識及び応用能力 2時間
     課題解決能力     2時間
必須科目:2時間
選択科目:専門知識及び応用能力 
     問題解決能力及び課題遂行能力  計3時間30分
試験方法 必須科目:択一式 20問出題 15問解答
選択科目:記述式600字詰 用紙4枚以内 
記述式600字詰 用紙3枚以内
必須科目・選択科目共通:記述式600字詰 用紙3枚以内

試験時間に関しては、「必須科目」が択一式の1時間30分から記述式の2時間、「選択科目」では、今まで「専門知識」「応用能力」で2時間、「課題解決能力」で2時間でしたが、改正後は全ての論文を合わせて3時間30分となります。さらに、試験方法もすべて記述式となったため、それぞれ600字詰用紙3枚以内、つまり計9枚分もの解答用紙を書き上げることになります。かなりタフな試験になることが想定されますので、本番試験でのペース配分も含めた、早めの論文対策を心がけましょう。

(3)配点

改正前<~平成30年度(2018年度)> 改正後<平成31年度(2019年度)~>
配点 必須科目:30点
選択科目:専門知識及び応用能力 40点
     課題解決能力     40点
必須科目:40点
選択科目:専門知識及び応用能力     30点
     問題解決能力及び課題遂行能力 30点

・配点についても、平成31年度から変更となっています。「必須科目」が30点から40点に点数が上がっているのに対し、「選択科目」は、それぞれ40点から30点へ点数が下がっています。「必須科目」の配点が例年と比べ大きくなっていますので、充分に必須論文対策を行っていきましょう。



合格できる人とできない人の違いは?二次試験突破の3つのルールを無料公開中!

試験の特徴や二次試験合格法をわかりやすく解説します。

無料配信中の講座はこちら

  • 無料セミナー
    無料セミナー
    「失敗例から学ぶ記述式試験突破の3つのルール」
    無料セミナー特典として「技術士二次試験必勝勉強法」が見れます!
  • 通勤講座の無料体験版
    スタディングの無料体験版
    ビデオ・音声講座、テキスト//講義メモ、添削課題・質問カード(サンプル
今すぐ無料セミナーと無料講座を試す