合格者の声

スタディング 技術士講座で合格された方々の合格体験談です。見事合格された皆様に、効率的な勉強法や、
合格のコツを伺いました。スタディングの活用法もご紹介いただいていますので、
ご自身の学習の参考に、ぜひご覧下さい。

スタディング 合格者の声

合格者の声をもっと見る

この度、建設部門(施工計画)で合格することができました。

この度、建設部門(施工計画)で合格することができました。
外部講習は初めてだったのですが、「技術士とはどういう者か」という根本的なところを学ぶことで、論文へのアプローチがしっかり取れるようになった気がします。
筆記試験の講座を視聴するのはもちろんですが、筆記試験前に口頭試験の講座を一通り見ておくのも重要だと思います。どんな人物が求められているのか理解しておくことで、技術士的な思考で論文が書けるようになります。
また、匠先生の「試験勉強はインプットに注力しがちだが、アウトプットが重要だ」という言葉にも刺激を受けました。これまでは知識を入れることに時間を割き、アウトプットである論文作成が足りていませんでした。書いて添削してもらうことで、自分の考えは正しいのか、論文の展開はこれで良いのか、はっきり掴めるようになりました。
そして、匠先生のブログも大変参考になりました。
時折紹介されるお勧めの書籍などは、言われるがまますべて購入して読むよう心掛けました。
中でも、「理科系の作文技術」は大変参考になりました。これまでは、きれいな文章を書かなけければ受からないと思い込んでいましたが、技術論文はそうではないと。目からうろこでした。
ブログでのちょっとしたアドバイスで、試験への対応力だけでなく、エンジニアとしての質も上がったように感じます。
講座の勉強方法は、はじめはPCで視聴し、その後は移動時間などに音声データで繰り返し聞いていました。
正直、もっと早く受講しておけば良かったと後悔しています。(念願の技術士になれたので結果オーライですが)
匠先生、本当にありがとうございました。

ヒロシさん
2020年合格!

講師からのコメント

先ずは技術士二次試験、合格おめでとうございます。
合格出来たのはヒロシさんの、努力の結果です。
講師は、その引き金程度です。
受講開始の頃、指摘事項は多かったと思いますが、同じ間違いを繰り返さない優秀な受講者さんでした。
このあとは、ぜひ技術士として科学技術の向上と国民経済発展のためにご活躍ください。

添削の度に匠先生から端的なフィードバックをいただき,解答の方向性を修正していく中で,最終的にはそれらしい解答が作成できるようになった

私が技術士という存在を知り,挑戦を始めたのは2018年でした。
たまたま1次試験は受かってしまったので,せっかくだから2次試験も…ということで技術士資格のことを色々と真面目に調べている内にすっかり憧れとなり,目指すようになりました。
残念ながら独学で挑んだ2019年度試験は筆記試験で不合格でしたが,即スタディングの受講を決め,晴れて2020年度試験で2次試験に合格することができました。

振り返ってみると,いかに評価基準に即した解答ができているかが非常に大切なポイントだと感じました。
一見簡単そうでいて,自分でいざ解答を作成してみるとなかなかどうして的外れになってしまうことも多々ありました。
添削の度に匠先生から端的なフィードバックをいただき,解答の方向性を修正していく中で,最終的にはそれらしい解答が作成できるようになったように思います。
普段短時間で手書きの長文を作成する機会など無いので,それだけでも筆記試験はハードルでした。
結局のところ,自力で愚直に解答を作成し,ダメな点についてフィードバックを受けて修正を繰り返すということが,最も近道なように思います。

また,山を張っていたわけではないですが,自分の専門分野の最新動向に注視していた結果,本番ではほぼ予想通りのキーワードから出題されました。
継続研鑽の一環として,自身の技術分野の最新動向に関するキーワードを説明できるようになっていて損は無いように思います。

yonnieさん
2020年合格!

講師からのコメント

先ずは技術士二次試験、合格おめでとうございます。
合格出来たのはヒロシさんの、努力の結果です。
講師は、その引き金程度です。
受講開始の頃、指摘事項は多かったと思いますが、同じ間違いを繰り返さない優秀な受講者さんでした。
このあとは、ぜひ技術士として科学技術の向上と国民経済発展のためにご活躍ください。

受験勉強はいかに、文章が下手な私が、合格に値する文章を書けるかが勝負でした。

受験勉強はいかに、文章が下手な私が、合格に値する文章を書けるかが勝負でした。
最初始めた時はひどい文章でしたが、文章の体裁や、内容についても何度もスタディングの講師の方に直して頂き、ようやくなんとか形にすることができました。
工夫とは言えませんが、合格への近道は、何個も論文を書くこと、書いた論文を訂正してもらい、より読みやすく、内容にそったものにしていくことが必要だと思います。
スタディングの講師の皆様、ありがとうございました。

福田 吉紀さん
2020年合格!

講師からのコメント

先ずは、合格おめでとうございます。
これから、技術士として日本の科学技術の向上と国民経済の発展に資するような活躍を期待しています。

工夫とは言えませんが、合格への近道は、何個も論文を書くこと、書いた論文を訂正してもらい、より読みやすく、内容にそったものにしていくことが必要だと思います。
まさに仰る通りです。
技術士試験は半分国語の試験です。
読みやすく、伝わり易い文章で解答を書くことがとても重要です。
これは、学んだだけで書けるようになりません。
地道ですが、根気強く自分で考えた解答を分りやすい文章に仕上げることを繰り返してマスターするしか方法がありません。
福田さんは、まさにその地道な努力をされたと思います。
今後の福田さんの活躍をお祈りしております。

論文の書き方、構成の作り方は非常に参考になりました。

【願書提出】
・業務経歴を匠先生に添削頂きました。

→口頭試験に進んだ際の重要度は、スタディングを受講していなければ、知る事は無かったと思います。受験のスタートで良い業務経歴が書けたので、最終的に合格を掴むことができたと思います。

【論文試験】
・論文の書き方、構成の作り方は非常に参考になりました。スタディングの活用ですが、通勤時や仕事の移動中に何度も繰り返し講座を聞いていました。一回で終わるのではなく、何回も聞きました。錯覚なのかもしれませんが、論文を書く力がついていた気がします。
竹部洋平さん
2019年合格!

講師からのコメント

竹部様
技術士二次試験合格おめでとうございます。

今後は、技術士として活躍して下さい。
私の指導だけではなく、竹部さんの努力で合格出来たのです。

また、他の資格でも同じですが、技術士は取得して技術士の名称を用いて、業務を行うようになってからその真価が問われます。
ぜひ、国が認めたその高度な応用能力を発揮して下さい。

書き方、考え方等はプロからでなければ学べないことを理解することができました。

専門以外の部分を学習することができました。書き方、考え方等はプロからでなければ学べないことを理解することができました。

勉強方法:
キーワードの表を使い、それをまとめ、ノートに記入を繰り返しました。小論文の練習問題はⅠ、Ⅱ、Ⅲそれぞれ得意分野のみ行っています。
匠先生の評価で自分の実力を把握することが出来ました。

勉強内容についてはⅠ、Ⅲは勉強方法が同じと思料します。小論文練習問題において技能者不足・働き方改革、ICTおよび全体最適の表現で作成。表現方法を各々数パターン用意しました。

試験時の心構え等:

完成度をあげ、自信をつけて臨むことと思料します。後、シップ・テーピングを持っていくと頓服になります。安心につながると共に、本当に手が動かなくなる可能性有・・・

反省点・改善点:
時間が確保出来ればより深くキーワードを理解出来たと思料します。
手が付かれなかったのは、小論文の練習問題のおかげです。
TIさん
2019年合格!

講師からのコメント

技術士二次試験合格おめでとうございます! 技術士は取得してからその真価が問われます。

ぜひ、国が認めたその高度な応用能力を発揮して下さい。 添削課題を頻繁に提出した方は、お名前を覚えています。
後半はほとんど指摘することがなくなった感じの解答だったと思います。
今後の成長が楽しみです。

筆記試験の解答で重要な点を多く指導してもらえて、大変助かりました。

私は筆記試験添削を多くの回数実施してもらいました。筆記試験の解答で重要な点を多く指導してもらえて、大変助かりました。今回合格したのは、筆記試験解答文に多くの数値情報を盛り込み、具体的な表現を増やしたことが大きな理由と思っております。
今後資格取得を検討してある方は、過去問への解答例を多く作成し、都度添削を受けることをオススメします。僕も添削初期は指摘だらけでしたが、回数を重ねるごとに指摘が減り、筆記試験A判定の文を作成できるようになりました。(実際の二次筆記試験でも全てA判定でした。)
TSさん
2019年合格!

講師からのコメント

TS様
技術士二次試験合格おめでとうございます。
本講座がTS様のお役に立てて本当にうれしく思います。
ぜひ、国が認めたその高度な応用能力を発揮して下さい。

TSさんのことは、強く記憶に残っています。 課題の提出回数も多い方だったと思います。
今後のますますの成長を祈っております。

何度受けてもダメだった試験を、講座受講後の一回で合格できました。

社内の受験サポート体制で数回受験しましたが、失敗続きで自信を失っていました。受験制度が変わる前になんとしても合格したく、覚悟を決める意味でも自腹を切って勉強しようと受講を決めました。

とはいえ、家族持ちに何十万円も出せる余裕は無いので、価格帯的にも安すぎず高すぎない設定というのも魅力的でした。
動画は分かり易く、どの講座動画も繰り返し試聴し、解説も何度も読み返しました。
一番有益だったのは、考え方の整理。実務をこなしている技術者として、技術力が足りないはずがない、という力強い助言と、どのように整理すべきかという考え方は、論文構成と口頭試験の両方で本当に活きたと思います。

おかげさまで、何度受けてもダメだった試験を、講座受講後の一回で合格できました。技術士として、さらに活躍を目指します。

鱈ちゃんさん【会社員】
2018年合格!

講師からのコメント

技術士合格おめでとうございます。 今回合格を獲得できたの何度もあきらめずにチャレンジしつづけた結果ではないでしょうか。 試験改正前の最後のチャンスにスタディングの技術士講座を活用し、 見事合格を勝ち取ってくれたこと、本当にうれしく思います。

技術士には法で定められた、以下の目的があり
『「技術士」とは、技術士の名称を用いて、科学技術に関する高等の専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価又はこれらに関する指導の業務を行う者をいう。』

合格した方は、その部門の専門家として、公衆の安全や、国の発展に尽力することが求められます。 そのことを明確に意識して、技術的問題を解決できるエンジニアになって下さい。

技術士試験合格は、ゴールではなくスタートラインに立ったことを意味にします。 技術士としてはこれからが、本番です。 ぜひ、技術部門にとどまらず、ゆくゆくは総合技術監理部門にもチャレンジしてみてください。 今後の活躍に期待しています!

最後に、アイルランドの作家であるバーナード・ショーの言葉を送ります。 『人生における真の喜びは、偉大だと思える目的のために生きることである。』

添削指導を受けることで自己の弱点を知り、ビデオ講座で技術士が有すべき倫理の深い意味の一端を理解できたことで、念願の技術士二次試験に合格することが出来ました。

添削指導を受けることで自己の弱点を知り、ビデオ講座で技術士が有すべき倫理の深い意味の一端を理解できたことで、念願の技術士二次試験に合格することが出来ました。

口頭試験に臨む前に心掛けたことは以下のことです。
1)面接官に気合負けしないようにする。その為には準備万端で臨む
2)最初のプレゼンが肝心なので、スラスラ言えるようひたすら練習する
3)面接官はきっと頭の良い方々なので、単刀直入にズバッと答える
以上の過程で「スタンディング技術士講座」を十分活用させて頂き準備万端で試験に臨めた結果、無事に合格することが出来ました。

なお、二次の筆記試験に際しては特に、過去の技術的体験を棚卸しして自分に合ったキーワード集を作り、徹底して覚える努力が必須科目と選択科目両方において基礎になると思いました。あとはとにかく問題の趣旨を十分に理解し、それを踏まえて相手になるほどと分かってもらえる論文を短時間で書く練習を十分にすることだと思います。
技術士になることは、それ自体が目標ではなくあくまで出発点に立てたということで、
CPD(継続研鑽)の実践こそが技術士の本質だと思います。それを胸において更に上を目指し頑張っていきたいと思います。

伊藤 桂さん【自営業】
2018年合格!

講師からのコメント

先ずは、技術士合格おめでとうございます。 また、講座を活用して頂き、ありがとうございます。

体験談にもあります、3つの心がけは、非常に重要です。
特に、2つ目の「スラスラ言えるようにひたすら練習をする」と、
3つ目の「単刀直入にズバッ答える」ことはこれまでの経験や考え方を整理し、
どのような質問でも対応できる土台作りになったかと思います。

また、ご自身でたてられた筆記試験の対策についても、インプットとアウトプットを繰り返すことにより、
合格に必要な知識や論文の書き方などが充分に定着されたことが、合格につながったのではないでしょうか。

伊藤様もおっしゃっているとおり、技術士は資格を取得してからが本番です。 今後のご活躍をお祈りしています!


良かったのはどこでもいつでも講座が聞ける見られることでした。

合格体験記・身の回りにも技術士の方々はおられましたが、最新の情報や受験のトレンドといった情報は中々得られないまま、最初の受験に臨みました。結果は当然不合格でした。

そんな時にこの講座のことを知りました。どこよりも値段が安価でゼミ形式で出席など無しで正直言って不安がありましたが、とにかく行動しようと思い申し込みました。

実際始めて見て、良かったのはどこでもいつでも講座が聞ける見られることでした。
また、添削も回答が素早く帰ってきて、コメントも的を得ているなぁと思わせるものばかりで役に立ちました。
とにかくあきらめずに、気持ちを切らずに続ける事が大切だと思いました。
もし、色々と模索しているのであれば思い切って受講されても損は無いと思います。

HMさん
2018年合格!

講師からのコメント

まずは、技術士第二次試験の合格おめでとうございます。
技術士講座を活用いただき、合格を勝ち取られたこと、本当にうれしく思います。
中々良い情報が得られないままの初回受験は、さぞ不安だったかと思います。

しかし、HM様ご自身もおっしゃれているとおり、合格をあきらめずに、
チャレンジしづづけることが、技術士試験を突破するには必要です。
HM様のその最後まであきらめなかった精神が今回の合格につながったのだと思います。

技術士は試験突破がゴールではありません。
これからの活躍を応援しています。



2回目の挑戦で通勤講座を受講したおかげで合格を勝ち取ることが出来ました。

1.通勤講座を受講した理由

 私はH29年度も技術士二次試験に挑戦しましたが、ほぼ独学であったため不合格でした。やはり添削講座を受講する必要性を感じ、よい講座はないかと探していたところ、「通勤時間などのスキマ時間でも学習できる」「ほかの講座に比べて料金が安い」ことから通勤講座を選びました。

2.通勤講座で良かった点
・スマホでいつでも開けるので、ちょっとしたスキマ時間を活用して勉強することが出来ました。自分は子供のスイミングスクールの待ち時間、子供のサッカー試合送り迎えの待ち時間などフル活用し、勉強時間を少しでも確保することが出来ました。
・択一問題教材で、正答率が上がってゆくのが楽しみでした。
 間違えた問題を繰り返し解くことも出来ました。
・論文作成のポイントを教えてくれたので、論文の評価を上げることが出来ました。
・論文添削の回答が早いので、すぐ論文の修正に取りかかれたし、講師の方も頑張ってもらっていると思うとこちらのモチベーションも上がりました。

・口頭試験対策についても、回答のポイントを教えていただいたので、対応することが出来ました。

3.試験を受けて
・必須科目Ⅰの建設部門(綱構造コンクリート)を受験しましたが、択一問題が過去問に無かったものが多く出題され、苦戦しました。合格ラインぎりぎりでした。
・問題Ⅱ-1は準備していた問題が出たので、きちんと書くことが出来ましたが、ここで時間を使いすぎたのが反省点です。速記の練習をしておくべきでした。
・問題Ⅱ-2について、やや準備が足りない部分が出題され、なんとか論文にしたものの、時間が足りずに最後は書き切れないとみられても仕方ない状況でした。
 この時点で、今回は合格は厳しいのでは無いかと思いました。
・問題Ⅲでは、準備していた問題であり、無事書ききることが出来ました。
 通勤講座の添削アドバイスを踏まえて工夫した点を書き込んだところ、評価Aとなりました。

・口頭試験では、試験に指定された日の前の週が4日間の県外出張研修であり、研修時間以外はビジネスホテルでボイスレコーダーと回答メモノートにより繰り返し口述練習することが出来ました。友人からの「『コンクリート』で受験するなら、口述内容もコンクリート専門家としての内容を入れること」とのアドバイスを踏まえ、練習した結果、口頭試験も無事回答することが出来ました。

4.まとめ
技術士二次試験の1回目は独学で不合格でしたが、2回目の挑戦で通勤講座を受講したおかげで合格を勝ち取ることが出来ました。これから技術士二次試験に挑戦される方にもぜひお勧めしたいと思います。

千嶋豊久さん
2018年合格!

講師からのコメント

技術士第二次試験合格おめでとうございます。 千嶋様が今回合格を勝ち取られたのはひとえに、 独学で臨んだ際の経験をバネにして努力を重ねた結果だと思います。

ご存知のとおり、技術士第二次試験は、記述式の論文問題が中心の試験です。 ご自身でも述べられているとおり、独学での論文対策では、なかなか上達するのが難しい点があります。

その点、本講座では、論文作成のポイントをまとめて講義でご紹介していること、論文課題をすぐに私自身が添削を行い、受講者に対しフィードバックできるので、それらを活かし、論文に工夫を加え、完成度をあげていったことが、合格につながったのではないでしょうか。 千嶋様の今後益々のご活躍をお祈りしております。


合格者 特別インタビュー

見事、技術士第二次試験に合格された方の特別インタビュー!
技術士第二次試験を受験されるきっかけや、スタディングを受講しての感想などをお伺いしています。

No Image

鱈ちゃんさん

No Image
伊藤 桂さん

いますぐ無料でお試しできます

スタディング講座は、いますぐ無料でお試しできます。
無料セミナー「失敗例から学ぶ記述式試験突破の3つのルール」配信中!

無料動画講座
無料動画講座

基本講座 初回版:
合格コース
「技術士二次試験とは」、「申込書は口頭試験を意識して書く」、「必須論文」、「業務の詳細の説明法」
総監コース
「総監試験の概要とポイント 一年間のスケジュールと合格へのプロジェクトマネジメント」

ビデオ/音声講座、テキスト/講義メモ、添削問題、質問カードサンプルつき

無料セミナー
無料セミナー

「失敗例から学ぶ記述式試験突破の3つのルール」
無料セミナー特典として「技術士二次試験必勝勉強法」が見れます!

無料講座と無料セミナーを試してみる