令和4年度(2022年度)技術士二次試験 試験日程


令和4年(2022)年度 技術士二次試験の主な日程

受験申込スケジュール

受験申込書配布期間 令和4年(2022年)4月1日(金)~4月18日(月)まで
受験申込書受付期間 令和4年(2022年)4月4日(月)~4月18日(月)まで
受験申込書類は、公益社団法人日本技術士会宛てに、書留郵便(4月18日(月)までの消印のあるものに限り受付)で送付

令和元年度技術士第一次試験の再試験受験者で、令和4年4月28日(木)をもって受験資格を満たす者については、受験申込受付期間を令和4年5月11日(水)(消印有効)までとする。
受験申込書送付先 受験申込書の送付先
〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目5番8号 機械振興会館4階
公益社団法人 日本技術士会


※受験料は、14,000円です。


試験スケジュール

筆記試験日
【総合技術監理部門の必須科目】
令和4年(2022年)7月17日(日)
【総合技術監理部門を除く技術部門】
【総合技術監理部門の選択科目】
令和4年(2022年)7月18日(月・祝)
筆記試験合格発表 令和4年(2022年)11月
口頭試験 令和4年(2022年)12月から令和5年(2023年)1月までの期間(筆記試験合格者にあらかじめ通知する)
口頭試験合格発表 令和5年(2023年)3月


筆記試験の試験地

北海道、宮城県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

口頭試験の試験地

東京都


受験申請はお早めに

令和4年度技術士二次試験の受験申請受付期間は、令和4年(2022)年4月4日(月)から4月18日(月)までの短い期間のみになります。

受験を予定されている場合は、受験申込受付が開始されたら、早めの申請準備と手続を行い確実に受験申請できるようにしましょう。

また、受験申込書に記載する内容は、開催年によって変更が発生する場合があります。受験申込書を作成する際、日本技術士会から公表される「受験申込み案内」を必ず確認するようにしましょう。

令和4年度「受験申込み案内」追加点

令和4年度の受験申込み案内では、前年度と比較して新たに受験申込書の記入に関する指示が追加されています。

記入要領(2) 実務経験証明書 ⑤ 業務内容の詳細
業務経歴の「詳細」欄に○を付したものについて、業務内容の詳細(「目的」、「立場と役割」、「技術的内 容及び課題」、「技術的成果」など)を、 受験申込書に記入した「専門とする事項」を踏まえ、720字以 内(図表は不可。半角文字も1字とする。)で、簡潔にわかりやすく整理して枠内に記入する。

※公益社団法人 日本技術士会「令和4年度 第二次試験 受験申込み案内」 P32より

受験申込書は、筆記試験通過後に実施される口頭試験で出題される質問内容にも関わってきます。2回目以降の受験であっても、開催年の「受験申込み案内」は必ず目を通して、受験申込書を作成しましょう。

●詳細は、公益社団法人日本技術士会のホームページ(外部サイト)をご覧ください。

技術士のオンライン講座を、今すぐ無料でお試しできます!

技術士講座 無料お試し

  • 3つの無料セミナーが受講可能!
    ・失敗例から学ぶ記述式試験突破の3つのルール
    ・総監部門 試験の仕組みと合格のポイント
    ・初めての論文対策
  • スマホでも視聴できるビデオ講座・WEBテキストを体験!
  • オリジナル問題(筆記試験)のサンプル付
さらに
無料特典PDF冊子として
技術士二次試験必勝法
をプレゼント!
スタディング技術士講座
お申込み後すぐに受講が試せる!
自動契約・更新はありません
お得に受講できる10%クーポン付き