「通勤講座」は10周年で「STUDYing(スタディング)」に生まれ変わりました!

FPと関連する資格・一緒に取ると役立つ資格は?

ファイナンシャル・プランナー(FP)と併せて取得すると良い資格があれば教えてください。
金融商品に関する知識も豊富なFP(ファイナンシャル・プランナー)は、住宅ローンアドバイザーや証券外務員などの仕事と関係が強いです。FPと合わせセットで取得すれば、仕事の幅が広がり、活躍の場が広がります。「この資格があれば役に立ちそうだな」と思ったら、前向きに取得を検討してみてください。


住宅ローンアドバイザー

FPと関係が深い資格といえば、住宅ローンアドバイザーです。

住宅ローンアドバイザーとは?

家の購入で必要となる住宅ローン。これにはたくさんの種類があり、金融機関ごとにサービス内容が異なります。その中からどのタイプを選ぶかによって、毎月の支払い額も返済総額も大きく変わってくるため、利用者にとっては最も自分に合った商品を選ぶことが望まれます。住宅ローンアドバイザーは、ローン商品の特徴、金利や返済方法の仕組みを分かりやすく説明し、利用者のニーズや収入、家計状況に合わせた返済計画を総合的に検討して提案することで、住宅ローン選びをサポートします。

資格を取るには?

住宅ローンアドバイザーになるには、養成講座を受講するか、認定試験を受けるかの2通りの方法があり、どちらか好きなほうを選べます。年齢や学歴に関係なく、誰でも受験・受講が可能で、実務経験の要件はありません。

住宅ローンアドバイザー資格は更新制で、有効期限は3年です。住宅ローンの金利事情や住宅市場、関連法などは時代とともに変化をたどるため、3年ごとの更新が必要とされています。

FPとの違いは?

FPもローンに関する相談や提案を取り扱うケースも多いため、住宅ローンアドバイザーを一緒に取得するケースも珍しくありません。住宅ローンアドバイザーが住宅ローンに特化した相談業務を担当するのに対し、FPはローン以外に税金・保険・不動産運用・相続といった幅広い分野を扱います。FPは、金融のスペシャリストとして、それぞれに合うライフプランニングを提案する「お金の総合アドバイザー」と言えるのかもしれません。


証券外務員

証券会社でさまざまな金融商品を取り扱う証券外務員も、FPと関連が深い資格です。

証券外務員とは?

証券外務員とは、証券会社や保険会社、銀行などで金融商品の勧誘(営業)をする場合に必要な資格です。また、日本証券業協会の協会員として外務員登録を受けなければこれらの業務を行うことができません。つまり、外務員資格がなければ証券会社等で金融商品を取り扱えないということです。

証券外務員資格を取得するには?

証券外務員の資格は、取り扱える金融商品や業務範囲によって6種類に分けられますが、誰でも受験できるのは、証券会社向け資格「正会員」の一種と二種です。

二種外務員は、外務員業務の内、公社債・投資信託の取引や株式の現物取引等を行うことができる資格です。

一種外務員は、二種外務員の業務に加えて、店頭デリバティブ取引に類する複雑な仕組債・複雑な投資信託、レバレッジ投資信託、株式の信用取引、新株予約権証券、有価証券関連デリバティブ取引等、外務員の職務のすべてを行うことができます。

個人向けに外務員業務を行う場合は、単に金融商品の知識だけでなく、顧客の希望する資産運用についてトータル的な視点でアドバイスができれば、顧客からの信用度が高まり、成果につながりやすくなります。したがってFP資格ととても親和性が高い資格と言えます。


宅建士

宅建士とFPは不動産業界で鉄板の組合せです。

宅建士とは?

宅建士は、宅地・建物といった不動産取引を円滑に行なうプロであることを認定する国家資格です。宅地建物取引業の免許を受けるには、「事務所ごとに、従業者の5人に1人以上の割合で、専任の宅地建物取引士を設置しなければならない」 というものがあります。このことから宅地建物取引業においては必須の資格となります。

FPとの相性は?

宅地建物取引業者が、個人の不動産売買や住宅の販売などを手がけている場合、物件の良し悪しもさることながら、購入資金や住宅ローンの手当が欠かせません。通常、不動産の購入には多額の資金が必要となるため、税金やローンの金利は無視することができないものになります。それらお金回りの心配事にトータルで相談にのれるのであれば、物件以外の付加価値として差別化になります。

ベテランの宅建士だと、FP資格も持っていなくても、税金やローンの相談にも対応できる能力を持っていることも多いのですが、顧客の立場から見れば、その人がどれほどの能力があるかは一見分かりません。そこで宅建士と併せてFP資格を保有することによって、同じサービスを提供したとしても説得力が違ってきます。


個人向けの商品やサービスと関連がある資格がねらい目

FP資格は、個人のお金に関するトータルアドバイザーであることから、個人向けの金融商品、保険、不動産、相続対策などと関連する仕事と親和性が高いと言えます。これらに関連する資格とのダブルライセンスは、仕事の幅を広げたり、トータル提案+専門的提案という形で、付加価値の高いサービスが提供できます。

また最近では、キャリアに関する業界や学校なのどの教育機関でもFPニーズが高まってきています。そうすると、FPとキャリアカウンセラーなどという組み合わせも、資格の相乗効果が期待できます。

FP試験合格への第一歩!

スタディングは、いますぐ無料でお試しできます。

無料動画講座

【FPの魅力と着実に合格する4つのポイント】
FP試験に短期合格するための方法を解説した動画講座です。
FP試験の特徴を分析した攻略法をお伝えします!
【過去問分析-詳細版(3級/2級)】<日本FP協会・きんざい>
学科・実技の出題傾向と対策を科目ごとに徹底分析した冊子です。
ムダなく効率的に学習するための第一歩として最適です!

無料動画講座

【2級合格コース】【3級合格コース】(動画/音声講座)
基本講座初回版「1-1FPとライフプランニング」
動画/音声講座、テキスト、スマート問題集、セレクト過去問題集、実技試験対策講座、要点まとめシート(暗記ツール)付き!
実技試験の傾向と対策(日本FP協会・きんざい)冊子が付いてます!

無料講座と無料セミナーを試してみる